CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2022年8月4日(木) 11時10分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.17「貴重な体験!高さ110mの屋上から360度の神戸の絶景を楽しむ」

    〈ポートピアホテル便り〉

    こんな高さからオープンエアで神戸の全景を見たことがありませんでした。
    7月29日にオープンした神戸ポートピアホテル本館屋上の展望施設
    「屋上テラス ソラフネ神戸」

    本館の31階でエレベーターを降りて、専用階段で屋上へと向かいます。
    すると突然視界が開け、高さ110mの絶景空間が眼下にひろがってくるのです。
    屋上の西側の60平方mに船をイメージしたウッドデッキが設置されており、
    まるで甲板にいるような気分になるため「ソラフネ」と名付けられました。

    中央にはベンチとしても利用できるステージがあり、
    ここに座った時に街の景色がちょうどきれいに見える高さになっています。
    またここで立ち上がれば360度のパノラマビューを存分に楽しむことができます。

     

     

    これまで本館屋上はヘリポートとして利用されていましたが、
    ぜひ屋上に出てみたいという客側の要望を受けて展望スペースを設けることになったのです。

    ここからは六甲山系・神戸市街・ハーバーランド・
    明石海峡大橋・淡路島・神戸空港・大阪湾・紀淡海峡まで、
    まさに海・山・街の360度のパノラマを堪能できます。
    夜はエモーショナルな間接照明が神戸の夜景を盛り上げ、
    涼風を受けながらバーカウンターでのワンショットはムード満点で、
    今後はプロポーズプランも用意されるとか。

     

     

     

     

     

    ちなみに100m前後が街の建物が最も立体的にきれいに見える高さといわれ、
    1981年の創業時に当時の中内力社長がヘリコプターに乗って
    ホテルの本館の高さを110mに決めたといわれています。
    展望施設のみの入場料金は大人 昼1200円、夜2000円(40分 1ドリンク付き)。
    完全予約制で定員25名となっています。
    (ただし利用は小学生以上で、天候により営業が中止になることもあります)

    この展望施設、宿泊・飲食利用以外でも入場できますが、
    レストランとのセットプランがお得になっています。
    本館30階の「スカイグリルビュッフェ GOCOCU」では、
    兵庫五国の夏の食材が勢ぞろいしたメニューがズラリと並びます。

    淡路島からは「ハモのフリット(揚げ物)」「真鯛と神戸旬菜パスタ」
    「えびすもち豚の冷しゃぶ」などが勢ぞろい。
    「播州赤鶏とつるむらさきのブレゼ(蒸し煮)」は、つるむらさきの粘りが鶏にうまく絡みます。
    「GOCOCU特製冷麺」は須磨海苔の佃煮・神戸西区のトマト・新長田の水キムチなどをトッピング。
    但馬からの「兵庫産のちりめんと但馬牛ミンチのピラフ」も大人気です。
    もちろん定番の石窯で焼き上げた
    「ブラックアンガス牛のローストビーフ」も外すことはできません。
    これらのビュッと展望施設ソラフネとのセットが平日大人のランチは4800円、
    ディナーは5700円ととてもお得になっています。

     

     

     

     

     

    ダイレクトに夜風を受けながら110mの高さからの100万ドルの夜景と、
    兵庫のうまいもんが大集合したビュッフェ。
    この夏の思い出づくりには、まさにぴったりのプランです。

     

    そしてお盆休みの特別企画として8月11日から15日まで
    南館1階の大輪田の間では「サマーバイキング」を実施。
    今回のテーマは大河ドラマにちなんで「鎌倉時代へタイムスリップ」。
    シェフの刀剣術で切り分ける「ビーフ鉄板焼き」。
    屋島の戦いの地・讃岐名物「骨付き鳥」。
    鎌倉時代の調味料ひしおで仕上げた「焼き豚ラーメン」、
    頼朝・好物の鮭VS清盛・好物のすずきの手巻き寿司対決、
    北条家の家紋入りスィーツなどもりだくさん。
    料金は 前売り 大人9000円ですが、アルコール飲み放題や縁日利用券も含まれています。