CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

番組内容

鉄アナ・羽川英樹(ハーさん)&ごはん大盛・大森くみこ(もりもり)がお送りする『ハッスル!』
注目の出来事や話題の人物、旬のネタを心地よい洋楽とともにお届けします。
共感・発見・郷愁・活力をハッスル(発する)ラジオ番組。
リラックスした聴き心地で情報に敏感な消費者へ向けて発信します。

  • 2022年2月24日(木) 15時53分

    2月24日もハッスル!

    〈メッセージテーマ〉

    「ひそかな自慢」

    先日 京都の醍醐寺で、
    巨大な鏡餅を持ち上げる伝統行事「餅上げ力奉納」が行われましたが、
    実はもりもり!
    12年前に、90キロの餅を8分間持ち上げ、女子で優勝したそうです!

    知らんかった~~~!!!めっちゃすごい!!!

     

    〈プレゼント〉

    今日の「行ってきました!」で紹介した
    宝塚市立文化芸術センターで開催中の「五十嵐健太 飛び猫写真展」

    ラジトピの記事はこちら!

    この五十嵐健太さんが撮影した猫の写真が使われている
    本「ねこ禅 人生がふニャっとなごむ50の教え」と
    「飛び猫ミニクリアファイル」を1名様にプレゼント

    応募締切:3月2日(水)

     

    〈岡山けんほくハッスル!情報〉

    今日は一日を通して、
    「真庭あぐりガーデン」「マツリカサボン」「がいせん桜新庄宿」から
    中継をしていただきました!

    ラジトピにも記事が上がりますので、CHECKしてみてください!

    そして今回は《岡山けんほくハッスル情報》で特集した
    『美作美味しいものお土産セット』を3名様に🎁

    Twitter応募限定のプレゼントです!
    ふるってご応募くださいまし!
    応募締切:3月2日(水)

     

    〈ハッスル!グルメ〉

    今日はフードライターの団田芳子さんに、
    大阪・北新地にある「割烹 入たに」さんを紹介していただきました☆彡

    そして、このお店の情報も書いてある、
    あまから手帖3月号を3名さまにプレゼント!
    応募締切:3月2日(水)

     

     

    〈読んだつもり〉

    「したいとか、したくないとかの話じゃない」

    足立 紳(著/文)
    発行:双葉社
    定価:1,770円+税
    発売日:2022年1月20日

    【紹介】
    浮気相手に捨てられた売れない脚本家の夫。

    その夫に内緒で応募したシナリオコンクールで優秀賞を受賞し、
    これまでの家事育児だけの生活から外の世界に飛びだそうとしている妻。
    そんな妻に不倫相手を失った夫が久しぶりに迫るが・・・・・・。

    「セックスレス」をきっかけに夫婦のあり方、
    子育てのあり方を問いかける家族小説。

     

    〈Lovelysの検証します!〉

    今日は…「プリクラ、盛ればいいだけじゃない説」📷

    さきぴょん、今日はワクチンが打ちやすい服です(笑)

    さてさて…昔はプリクラに落書きしまくり、
    今のプリクラは顔の加工をして、といろいろ変遷はありましたが、
    今日紹介してくれたのは、韓国プリクラ!

    無加工なのに盛れちゃうという不思議なもの。
    まるで4コマ漫画のようなカット割りでとれる、シンプルかわいいプリクラです。
    貸し出しアイテムがあったり、写真はスマホに送れるなど、
    500円でかなり満喫できちゃうんですよ~~★

    証明写真にもええかもですね!

    来週は…「コロナ禍でも、海外旅行気分が味わえる説」です!

    「トカン」という言葉でぽかんとなっていたはーさんともりもり。
    「渡韓」のことです。
    さて本当に、おうちで韓国気分は味わえるのでしょうか?

    お楽しみに!
    来週はひな祭りです~~~~~

     

  • 2022年2月24日(木) 10時10分

    「飛び猫」ばかりを集めたユニーク写真展〈はーさんの行ってきました!〉

    〈はーさんの行ってきました!〉

    宝塚市立文化芸術センターで開催中の「五十嵐健太・とび猫写真展」に行ってきました。

    会場では猫がジャンプする瞬間を中心に約400点の写真を展示しており、
    その躍動感やユーモラスな姿に心癒されました。

     

     

     

    撮影した写真家・五十嵐健太さんは37才。
    10年前、千葉の漁港を猫が船から船にジャンプするところを撮影したのが始まりで、
    猫を撮りだめるようになったとか。
    いまや撮影した猫の写真集は累計発行部数10万部を超え、
    その写真はテレビ・SNSでもさかんに取り上げられています。

     

     

     

    会場では漁港を元気に飛び回る姿や、とれたての魚を得意げにくわえた表情、
    また独特の気まぐれさを表現したショットなどがずらり展示されています。
    改めて「猫ってこんなに飛ぶんだ」と認識しましたし、
    その跳びあがった時のフォルムが実に美しいんです。

     

     

     

     
    動画だとジャンプは一瞬ですが、
    写真だとその瞬間を止めて ゆっくり見ることができるんですね。
    猫って屋内でのんびりだらだらしているイメージがあったのですが、
    この写真展では猫の本来持ち合わせている野性的・躍動的な部分を存分に感じ取ることができます。
    五十嵐氏はカメラの位置を低くすることで、よりダイナミックな画がとれるといいます。
    野良猫や若い猫のジャンプ力のすごさに驚いてしまいました。

     

     

    他にも 大阪・中崎町の「HUKUROU COFFEE」の
    看板フクロウ・フクと子猫・マリモの触れ合いを可愛くとらえた写真集<フクとマリモ>。
    悩める心にじんわり刺さる「禅語」を、
    ネコの表情にからませた写真集「ネコと禅」からの展示もあります。

     

     

     

    併せて一般公募の猫自慢写真の約200点も展示されており、
    プロとは違うアマチュア目線でとらえた愛情たっぷりのショットには思わず目じりが下がります。

    会場までは阪急宝塚南口駅から徒歩7分、JR宝塚駅から徒歩13分です。
    手塚治虫記念館に隣接しており、元宝塚ファミリーランド・ガーデンフィールズ跡。
    水曜休館 観覧料500円 3月27日(日)まで開催。

    ラジトピの記事はこちら!

     

    2022.2.24放送分 羽川英樹ハッスル!「行ってきました!」より

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら

  • 2022年2月17日(木) 16時02分

    2月17日もハッスル!はーさん、もらったチョコの数は・・・

    0個でした。

    一応家族には、はーさんの大好きなボンボンチョコレートをもらったそうですが、職場ではなし。笑
    少し前から、会社での義理チョコが禁止されているところも増えましたが、
    特に今年は渡す習慣がパッタリなくなったような…😌
    昔、読売で働いていた時は、どっさりもらっていたそうですよ(笑)

    メッセージテーマは、フリーです。

     

    〈読んだつもり〉

    「新 関西の町中華」

    ぴあMOOK関西
    定価:900円+税
    発売日:2021年11月29日

    【紹介】
    あぁうまい、幸せの一皿。
    ひと口で笑顔になれる自慢の味がここにある!
    世代を超えて愛される逸品

    神戸南京町・わが町自慢のご当地メニュー 大阪l兵庫l京都

    ー CONTENTS ー
    ■関西 老舗の町中華物語
    ■一度は食べたい町中華の逸品
    ■餃子専門店へ
    【神戸・南京町】テイクアウト中華
    ・大阪の町中華の名店へ ・兵庫の町中華の名店へ
    【わが町自慢の町中華】尼崎あんかけチャンポン
    ・京都の町中華の名店へ
    【わが町自慢の町中華】カラシソバ
    ・町中華で呑む!

    めちゃくちゃ中華食べたくなった~~~(”Д”)

     

    〈Lovelysの検証します!〉

    今日は…「推しの愛し方、変わっている説」💗

     

    なんじゃこりゃーーーー!!!!(笑)

    これが今みんなやってる、推しの顔パネルです。
    はーさんんともりもりのやつも作ってきてくれました☆彡

     

    いやあ、シュール。笑

     

    \ 出発進行 /

    めっちゃ楽しんでます(笑)

    来週は…「プリクラ、盛ればいいだけじゃない説」です!

     

  • 2022年2月17日(木) 10時10分

    JR嵯峨野線で亀岡までぶらり列車旅 〈はーさんの行ってきました!〉

    〈はーさんの行ってきました!〉

    JR嵯峨野線は山陰本線の一部で、京都から園部(南丹市)までの34,2kmの区間の愛称です。
    では4両編成の221系電車で京都から今回は亀岡までの小さな旅に出発進行!

    「梅小路京都西」は2019年に誕生した嵯峨野線で最も新しい駅。
    京都鉄道博物館・京都水族館・梅小路公園などが駅の目の前です。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    「丹波口」は京都中央卸売市場への最寄り駅、「二条」は特急と快速も停まり地下鉄東西線とも接続、
    「太秦」は広隆寺や東映太秦映画村にも徒歩圏内の駅です。

    「嵯峨嵐山」は文字通り観光地・嵐山へのJRの玄関口。
    ここで嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車と接続しています。
    保津川に沿いながら旧山陰本線の線路を使って亀岡まで23分。
    最後尾からDE10の機関車が押し、5号車はオープンデッキ車両になっています。
    また眼下の保津川下りの舟に出会うとお互い手を振りあうのもほほえましい光景です。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    「保津峡」はまさに保津川の真上にぽつねんとホームがあります。
    駅の周りには何もなく、登山客やラフティング客が主に利用しています。
    ホームからはトロッコの線路も見え、春は桜の名所となります。

     

    このあといくつものトンネルを抜けて「亀岡」へ。
    京都から快速でわずか20分で到着です。
    ここは明智光秀が築城した亀山城の城下町。
    城跡地域はいま宗教法人・大本教が所有しており、お濠にある南郷公園も桜の名所。
    また古い街並みも随所にしっかり残っており、樽熟成醤油がうまい老舗「ひしほの匠庵」や、
    女性杜氏が手掛ける丹山酒造のお酒などおいしい湧き水が生きています。
    さらには京の奥座敷と呼ばれる名湯・湯の花温泉でゆったりもいいですねえ。

     

     

     

    そして今シーズン 12年ぶりに悲願のJ1昇格をはたした京都サンガ。
    そのホームスタジアムが駅前に位置します。
    駅北口もきれいに整備され、サッカーの町としての盛り上がりを見せており、
    今シーズンは2月19日(土)浦和レッズ戦から始まります。

    春の息吹を肌で感じられる嵯峨野線。ぜひ一度ご乗車下さい。

    2022.2.17放送分 羽川英樹ハッスル!「行ってきました!」より

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら

    ラジトピの記事もCHECK!!

     

  • 2022年2月10日(木) 14時16分

    2月10日もハッスル!好きな匂いは・・・

    〈メッセージテーマ〉

    「好きな匂い・香り」😘

    人によって違うもんですね~~
    Lovelysりーたんは、冷凍庫の匂いって言ってました。。。
    私は逆にその匂いはイヤです😫

     

    〈イチオシゲスト〉

    神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会応援コーナー
    「BEKOBE, BE POSSIBLE」

    今日はオンラインで、
    公益社団法人NEXTVISIONの「和田浩一」さん とお話いたしました!

    公益社団法人NEXTVISIONは、ポートアイランドにある、
    神戸アイセンターの入り口(2階)にある「ビジョンパーク」を運営している団体。
    「視力を失ってもできること」を知ってもらうことで、
    精神的な支援、リハビリや就労支援につなげていらっしゃいます。

    和田さん自身も、中学2年生の頃から視力が衰え、
    30歳の時に見えなくなってしまったそうです。
    その間、大学を卒業し、愛媛などの盲学校で35年間教員として勤務。
    4年前から「NEXT VISION」の活動を知り、
    ビジョンパークで視覚障がい者やロービジョンの方への支援にかかわっていらっしゃいます。

    そんな和田さん、先日アイススケートを滑ってきたそうです!
    目の前に人がいるか教えてくれるといったアプリをいくつか組み合わせることで、
    安全に滑ることが可能。
    デジタル機器で、視覚障がい者の可能性が広がってます!

    NEXT VISIONでは新しいライフスタイルの発信を「isee!運動」と命名。
    年に一度、働き方に焦点をあてた
    「isee! “Working Awards”2022 受賞者発表・授賞式」を開催しており
    今年は今月20日にオンラインで開催。
    「就労」に焦点をあて、視覚障害者(見えない、見えにくい人)がどのように働いているのかの事例、また、どうすれば働けるのか、あるいはどんな働き方ができるのかのアイデアを募集・発信します。

    ■日 時:2022年2月20日(日)13:30~15:30
    ■開催方法:Zoomによるオンライン
    ■参加費:無料
    ■申込期限:2022年2月18日(金)
    ■参加申込方法:ウェブサイトにて受付中

    公益社団法人NEXT VISIONのHPからお申し込みください🌸

     

    〈読んだつもり〉

    「ブラックボックス」

    砂川 文次(著/文)
    発行:講談社
    定価:1,550円+税
    発売日:2022年1月26日

    第166回芥川賞受賞作。

    ずっと遠くに行きたかった。
    今も行きたいと思っている。

    自分の中の怒りの暴発を、なぜ止められないのだろう。
    自衛隊を辞め、いまは自転車メッセンジャーの仕事に就いているサクマは、
    都内を今日もひた走る。

    昼間走る街並みやそこかしこにあるであろう倉庫やオフィス、夜の生活の営み、
    どれもこれもが明け透けに見えているようで見えない。
    張りぼての向こう側に広がっているかもしれない実相に触れることはできない。(本書より)

    気鋭の実力派作家、新境地の傑作。

     

    〈Lovelysの検証します!〉

    今日は…「魚眼レンズ、きてる説」📷✨

     

    レトロでエモい~💗💛
    はーさんともりもりだけ魚眼の影響めっちゃ受けてる(笑)

    でもスマホのアプリで撮れるっていいですよね~~~

    来週は…「推しの愛し方、変わっている説」です!

     

    ところで…このもりもりのベレー帽の色、何色に見える???
    もりもりは「青」らしいんですけど、ハッスル!チームは全員総意で「緑」です。
    人によって見え方が違うって不思議だなぁ。

    はーさんの行ってきました!のラジトピはこちら★