CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

田辺眞人のまっこと!ラジオ

番組内容

わたしたちが暮らす街には、実はとっても深い歴史や文化があります!
「兵庫・神戸のヒストリアン」田辺眞人と上原伊代が兵庫の街の話題や歴史をシンプルに解説しながら続々と発信していきます。

  • 2019年2月17日(日) 12時36分

    19/02/17 ゲスト:澤井洋子さん

    今日はゲストに兵庫県俳句協会 会長 澤井洋子さんにお越しいただきました。

     

    <ラジオレクチャー>

    1925年の今日ツタンカーメン王のミイラが発見されました。

    ツタンカーメン王が収めたエジプトはオリエント文明の中心で、エジプトとはナイル川の谷間に出来た都市だったのです。そのほかの所は砂漠で、エジプトから出ると生きていけない事から「エジプトはナイルの賜物」と言われています。

    エジプトはもともと多神教の国で、ファラオも神様とみなされていました。

    しかしツタンカーメンの父親のアメンホテプ4世は、一神教を唱え始めその考えを推し進めていたので、ツタンカーメンも即位した当初は、ツタンカートン(アトン神の生きた似姿)と名乗っていましたが、その後多神教のアメン神信仰を復活させたためにツタンカーメン(アメン新の生きた似姿)を名乗るようになったのです。

    エジプトというと、ピラミッドが有名ですが、ピラミッドが作られていたのは紀元前2700年から紀元前2500年頃までの短い期間だったのです。

    エジプトにはピラミッドや王家の墓などまだまだ謎に包まれた物が多く、ロマンを感じますよね。

  • 2019年2月3日(日) 13時09分

    19/02/03 ゲスト:吉江麻樹さん

    今日はゲストに兵庫県立ピッコロ劇団の女優「吉江麻樹」さんにお越しいただきました。

     

    <ラジオレクチャー>

    2月3日は節分。

    節分とは季節を分ける日の事なので、正確には立春、立夏、立秋、立冬の前の日の事を指し、したがって1年に4回あるんです。

    ですが、日本ではその立春の前の日だけを取り上げて節分と呼んでいるんですね。

    節分に豆をまくのは新しい年を迎えるに際し、力のある食べ物をまくことで、悪いものを遠ざけていたのです。

    鰯や柊を家の前に飾るのは、尋常ではないものには邪気を払う力があると考えられていて、尋常ではない葉っぱの柊、腐って尋常ではない匂いを放つ鰯を飾ることで邪気を払っているのです。

    この風習は少なくなってきていますが、兵庫県内では昔近衛の領地だった伊丹市では多く残っているんです。

    また、平賀源内が浄瑠璃の台本を書くときのペンネームが「福内鬼外」なんです。

    皆さんも邪気を払って、新しい季節を呼び込んでくださいね。