CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

  • 2018年7月21日(土) 09時12分

    田名部真理のひょうご町あるき

    今月は稲美町。

    神戸と加古川の間に位置する農業が盛んな地域です。

    とにかく全てにおいて「旬」を迎えている稲美町!

    はじめにお邪魔したのが
    稲美町の夏を代表する農作物のひとつ「メロン」を扱う井上農園。

    2代目
    井上幸一さんにいなみ野メロンの特徴を伺いました。

    30年前から稲美の特産品を作ろうと栽培が始まり、
    糖度13度以上(通常10前後)のメロンが実現!
    雨が少ない稲美町ですが、水切り作業には最適だったんです!
    メロンを美味しく食べるためには「追熟」の見極め!

    箱を開けて風通しの良いところで2~3日。ふわっと甘い香りががし始めたら
    食べる2時間前に冷蔵庫へ。香りを逃さず
    甘さを引き出すためにぜひお試しあれ!

    井上農園フェイスブックページ

    ttps://ja-jp.facebook.com/inouenouen/

    続いてこちらの活動も「旬」ですよ

    という事で

    農事組合法人ファーム稲加(いなか)見谷営農にお邪魔しました。こちらでは稲美町の新たな特産品
    米から醸造まで100%稲美の純米酒「稲加乃誉(いなかのほまれ)」を造られているんです。

    代表の小山和彦さんにお話を伺いました。

    ヘアリーベッチ農法で作られた酒米「兵庫夢錦」と稲美町の地下水を素材に地元酒造 井澤本家が醸造。この4月に初出荷!
    香り爽やか、フルーティ。搾りたてでしゅわしゅわ感も。
    もちろん、評判上々。今年は限定1900本。来年はもっと出荷数を増やしたいとのこと。

    先程のいなみのメロン、稲加乃誉は

    にじいろふぁーみんショップで購入可能です。売り切れ御免!

    そんな美味しい素材が盛りだくさんの稲美町では
    近年飲食店が増えているそう。

    住宅街の中にある
    スープ専門店「エルリストン」も そのひとつ。

    フランス料理店で修行された店主
    庄司貴子さんがつくるスープはどれもお野菜たっぷり、ボリューミィ!
    平日も大人気!


    毎日3種類の具沢山スープとカレーがスタンバイ。罪悪感のないスープです!

    ■エルリストン 

    加古郡稲美町国安

    電話 079-440-1130

    8:00~18:00 木曜定休

    今回はファーム稲加の純米酒
    「稲加乃誉」を5人の方にプレゼント!

    今回印象に残ったのは 井上農園 井上さんの

    「稲美町は何でも、作れる。それが、悩み」という言葉。

    何を作っても美味しく育ってくれるから

    「特産品」を選ぶのが難しい。

    そんな豊かさを結集したのが稲加乃誉!

    …結局
    今回も食べ歩きになってしまいました。。

    いえ、途中
    立ち寄ってほしいところもたくさんあるので
    また改めてお散歩コースをHPにあげますね!