CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

  • 2019年3月9日(土) 09時11分 これで決まり

    田名部真理のこれで決まり!

    今週は神戸市中央区山本通(元町駅東口出て鯉川筋を突き当たり@神戸市立海外移住と文化の交流センター 3,4階)にある KOBE STUDIO Y3をご紹介!

    ただいま神戸アートビレッジセンター、KIITO、神戸ファッション美術館と4館連携イベント開催中。

    でも、タナベ、Y3には行ったことがない!というわけでどんなところかお邪魔してきました。

    KOBE STUDIO Y3は、ズバリ、様々なジャンルのアーティストに会える場所!

    1994年に「理想の美術館」を模索するためアーティストらの発案で生まれた組織「C.A.P.」が運営するアートプロジェクト現場です。

    交流センターの3階にリビングスペースや子供が落書きなど自由に遊べる部屋、アーティストの共同作業場などが、

    4階には12の部屋があり、各アーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。

    写真家、絵画、造形。。と部屋ごとに手法も作風も違う!もちろん不在の場合でも自由に観覧することができ、アーティストの脳内を覗かせてもらうような楽しみが。

    またワークショップや展覧会などのプログラムも実施されています。

    年に1回、4月に滞在アーティストが入れ替わるため、

    現在Y3では1年の集大成とも言える

    春のオープンスタジオ CAPフェス「C.A.PCAP展」開催中!

    各アーティストが今年1番の作品を展示する「CAP NOW」。またCAP25周年にあたり、ゆかりのアーティスト総勢54人が思い思いの「帽子」を製作した「C.A.PCAP展」。一部の作品は実際に被ることもでき、お子様も楽しめる展覧会となっています!

    3/10は11人のアーティストが勢ぞろい!国内外で活躍する20代~60代のアーティストと実際にお話できるチャンス。そもそも開放型アトリエを選択されたアーティストの皆さんですから、勇気を出して話しかけてみてください。気さくに応じてくださいますよ。作品販売もあります。

    こちらの展覧会は今週末まで

     

    4館を巡ってスタンプを集めようMarching KOBEスタンプラリー〉

    神戸アートビレッジセンター、C.A.P.KOBE STUDIO Y3)、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、神戸ファッション美術館の4館を巡り全てのスタンプを全て集めると、先着40名(各館10名)の方に特製福袋をプレゼント

    実施期間:~56日(月)まで

    実施場所:神戸アートビレッジセンター、デザイン・クリエイティブセンター神戸、C.A.P.KOBE STUDIO Y3)神戸ファッション美術館(スタンプの設置場所は各館にてお問い合わせください。)

    https://www.kavc.or.jp/information/4211/

    行くたびに作品が進化している、、その製作過程を間近に見ることができるY3。何度でも楽しめるアートスペースです!ぜひ覗いてみてください。