CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

  • 2019年11月19日(火) 12時30分 ひょうご町あるき

    田名部真理のひょうご町あるき 上郡町

    今回は上郡町!兵庫県の南西部に位置する、人口約1万4千人の町です。

    JR上郡駅下車すぐのところには観光案内所があり、町の特産や加工品などが並んでいるのですがなんと、最近新たに栽培が始まった農産物がある!しかも美味しいらしい!!という事で早速お邪魔してきました。

    大きなのぼりには「上郡産 ジャンボ落花生」の文字!

    「おおまさり」 という大粒品種なのだそうです。

    生産農家の 真野清幸さんに収穫のお手伝いをしながらお話を伺いました。

    昨年から栽培開始。町内6カ所の農家が試験栽培。

    カラスやモグラが狙いに来たり、草刈りが大変!ですが

    実は大粒で食べ応えあり!!

    帰宅して塩茹ででいただきました。。。止まらない美味しさ!!

    現在、地元料理学校とタッグを組み、味噌やバターなど、落花生の加工品を試作中とのこと。

    個人的には上郡に来て新鮮な生落花生を塩茹でで食べてほしい!!

    観光案内所

    「乾燥」した状態のみ販売・・・・11月下旬まで、200g 500円

    旬彩蔵

    「生」の状態も販売・・・11月下旬まで、500g 600円で販売されています。

    魅力的な特産品に成長していきそう!今後も楽しみです。

     

     

     

    というわけで 上郡、まだまだ知らない事がいっぱい。

    知らない上郡に出会うべく、上郡町郷土資料館 島田拓学芸員に会いに行ってみると、現在何やら面白そうな写真展が。

    上郡今昔写真展「郷愁の昭和、激動の平成」についてお話を伺いました。

    4年前の町政60周年の際、町民から写真を募集したところ思いの外集まった!抜粋された約200点の写真から上郡の昭和〜平成を振り返る企画展。

    5つの章で構成されており、かつて上郡で昭和61年まで稼働していた鉱山の写真も。

    図録には他にも興味深い写真がたくさん。1000円で販売されています。

    上郡が昔から交通の要衝であった事が伺えます。

    地元の方のみならず、町外の方にも楽しめる写真展です!

     

    令和元年度上郡町郷土資料館特別展 新元号「令和」改元記念

    「郷愁の昭和、激動の平成」上郡今昔写真展

    開館時間9:00〜16:30 ※月曜休館

    入館料 無料

    電話 0791523737

     

     

    お待ちかね、ランチタイムは今年4月にオープンした、大分県の郷土料理が食べられる

    お食事 「久(きゅう)」へ。

    店名の「久」は幾久しく愛してもらえるように、という思いから。

    店主の安岡真次さんはお隣の上月町(現佐用町)生まれ。

     

    18歳で九州へ料理人になるため修行の旅に。湯布院の旅館やホテルを歴任、縁あってこの度、上郡町でお店をオープンすることに。

    今回はチキン南蛮定食(1200円)をいただきました!

    このオレンジ色、卵の色なの??衝撃のタルタルソースは大分のブランド卵「蘭王」を使用。

    野菜やお米は地元 上郡産。魚介類は相生から、鶏肉は宮崎から仕入れており、

    一品一品に店長の仕事が光ります。

    この日の小鉢3品はサツマイモの天ぷらにかつおのたたき、ローストポーク。

    さらに手作りのふりかけやお漬物、そんな飾らない小鉢までホントに美味しい!

     

    お食事「久」

    上郡町山野里2349

    電話 0791255447 ※日曜定休

    営業時間 11:00〜14:00/17:00〜20:00

     

     

    【リスナープレゼント】

    上郡といえばモロヘイヤ!モロヘイヤの粉末をねりこんだ喉ごし最高のうどん

    モロヘイヤうどんセット 3人の方に

    締め切り:11/25(月)必着

     

     

    上郡、行くたびに発見がある町。

    12/8(日)には市町商店街とコミュニティスペースひがし蔵で

    約50団体が参加する「冬のお散歩マーケット」も開催されますよ。

    上郡の「今」!令和のうねりを体感せよ!