CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

  • 2020年9月1日(火) 11時00分 総合

    書籍『木綿リサイクルの衰退と復活』🌲

    今日は、
    『木綿リサイクルの衰退と復活』を出版された、
    明石在住の作家の前田啓一さんにお越し頂き、
    お話伺いました📚👀

    実は前田さん、元々は
    経済関係の記事を書くフリーライターで、
    お客様から原稿料をもらって書いていたそうです😲
    それが、7年ほど前に自分の著作を書こうと思い立ち、
    それ以来もっぱら自分の著作に集中しているとの事📚

    ジャンル、書く内容としては
    「ノンフィクション」「場所は日本」
    「時代は江戸時代から現代」
    「人物よりもモノがテーマ」の4点が特徴です!
    ただ、これらに特にこだわっているわけではなく、
    他に書きたいものがあれば
    書こうと思っていらっしゃるそうです✨✨

     


    そして今回、7月27日に出版されました、

    『木綿リサイクルの衰退と復活』最新作となります!!
    こちらの本が、一体どういった本なのか、
    詳しく伺っていきます✨✨

    『木綿リサイクルの衰退と復活』ってどんな本なのか📚

    大阪、八尾市の地域を中心に、
    木綿作りの歴史を描いている書籍です!

    「日本人が木綿の着物を着るようになったのは江戸時代。
     しかし江戸時代は外国貿易が盛んではなかったので、
     着物の原料として全国各地で木綿が栽培され、
     木綿は米に次ぐ重要な作物だった。
     しかし、日本が開国して明治時代になると、
     海外から安い木綿が輸入されるようになり、
     国内の木綿生産は衰退し、やがて消滅。
     八尾が含まれる河内地方の木綿栽培も、
     大正時代にほぼ消えてなくなります。

     その一方、輸入した木綿で木綿の糸を作る紡績業が
     大阪経済の中心になる。
     ナイロンなどの合成繊維も盛んに作られるようになり、
     木綿産業は相対的に小さな産業になる。

     こういった状態が続き、
     20~30年前から木綿が見直されるようになり、
     木綿を栽培したり、布に織ったり、
     その布で袋物やのれんを作ったりする動きが出てきた。
     この動きは八尾だけではなく全国各地にあり、
     本書では八尾での動きを描いている。」

    谷さんも読んで、
    「面白い!この本いいわ!」
    と大絶賛されていました👀✨✨

     

    この書籍を書かれる際に、現地調査をされた前田さん😌
    尾には5~6回、足を運んだそうです!
    最初は「河内木綿まつり」というイベントに参加したり、
    八尾の図書館で文献を探したりしたそうです📚

    インタビュー取材には、
    「八尾市立歴史民俗資料館」
    NPO法人の「河内木綿藍染保存会」
    NPO法人の「ニッポンバラタナゴ高安研究会」
    の3か所で行い、どの団体も実際に木綿を栽培されているのだとか😲

     

    そもそも、何故『木綿』なのかを伺いました!

    元々、経済史に興味があった前田さん。
    大阪経済の流れをみると、
    江戸時代から太平洋戦争の後にかけて、
    木綿が重要な役割を演じていて、
    何年も前から『木綿』をテーマにして
    大阪の経済史を書きたいと思っていたそうです

    「自分でイメージしてみて、どうも締まりがない本になりそうだった」
    そこで、何かいいヒントはないかと思い、
    2018年の9月に八尾に足を運んだそうで・・・・・。
    これをきっかけに色々調べて
    『木綿リサイクル』がキーワードとして浮かんできたのだとか!!

    江戸時代の ″木綿リサイクル” は消滅したが、
    今になって新しい ″木綿リサイクル” が
    芽生えているという衰退と復活』の筋書が浮かびました😊

    また、『木綿リサイクルの衰退と復活』
    この書籍の表紙の木綿の写真は、
    なんと、前田さんご本人が撮影したものなのだとか
    Σ😲

    写真撮影は結構大変だったそうで、
    この本にはおよそ50点の写真が掲載され、
    その内の33点も前田さんが撮影した写真を使用しているそうです📷

     

    📚この書籍で、前田さんが「1番面白い!」
     という所をお聞きしました📚

    タイトルにもなっている「木綿リサイクル」の内容だと言います!
    「木綿の葉っぱや茎で堆肥を作るなど、
     新しい形での ″木綿リサイクル” が行われているという点が面白い」

    詳しくは、勿論、書籍をCheck👈です!!!

     

    『木綿リサイクルの衰退と復活』を通して、
    循環型社会について考えてみたり、

    地球温暖化を止めるために、
    自分がどのようなことができるか考えてみて欲しいといいます。

    今の生活パターンはいつまでも続かない。
    木綿の扱いも、江戸時代、大正時代、現代といった
    時代ごとにまったく違う。
    「暮らし方は変わるものだ」「変えることができるんだ」
    というふうに柔軟に考えていただければ・・・。
    と、前田さんは話して下さいました😌

     

    実は、次回作も考えている前田さん!😲
    特別に教えて頂きました✨
    書くとすれば、「明かり」や「電気の歴史」をひもといて、
    地球温暖化などにも関係させながら、
    「世の中もう少し暗くてもいいんじゃない?」
    という話にしようかと思ってるそうです!!

    『木綿リサイクルの衰退と復活』1,300円(税抜き)
    出版文化社から全書店で販売中!
    ネット販売はAmazonから!


    📚前田啓一さん、他作品📚


    『軍人たちの大阪城』 1,200円(税抜き)
    大阪城の歴史を描いており、

    大阪や日本の政治や社会情勢にも触れる、日本の近代史の入門書。

    出版文化社から全書店で販売中。
    こちらもネット販売は、Amazonから。


    『黒船の思想(上)』1,380円(税抜き)
    ペリー艦隊の黒船来航から日露戦争までの日本の近代史となっている。

    ブックウェイからAmazonで販売中。
    ※こちらはネット販売のみで、
     書店では取り寄せという形になる可能性がございます。

     

     

    『私は本を書くときいつも「読者がいろいろ考えるヒントを提供したい」
     と思って書いています。私の本をお読みになって、
     「このおっさん、こんなこと言うてるけど、ほんまかいな?」といった感じで、
     いろいろ考えていただければと思います。
     また、私は「日本の江戸時代から現代」をフィールドにしています。
     これにも理由があり、私たちは過去と現在を変えることはできませんが、
     未来を変えることはできます。
     そして、この未来を変えるには過去から学ぶことも大切です。
     その際にもっとも役に立つのは、江戸時代から後の歴史だと思うからです。

     これからも、いろいろ書こうと思いますので、よろしくお願いします』

    前田啓一さん、ありがとうございました✨✨