CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年9月9日(月) 11時30分 スポーツ

    悲願のB1復帰へ 西宮ストークスが廣田神社で必勝祈願

     日本プロバスケットボールリーグ(Bリーグ)2部=B2の西宮ストークスが、8日午前、リーグ戦の開幕を前に、来シーズンのB1昇格、2017-2018シーズン以来のトップカテゴリー復帰を願い、地元である兵庫県西宮市の廣田神社で必勝祈願に臨んだ。


    地元・西宮の廣田神社で必勝祈願に臨んだ西宮ストークスの渡瀬社長、フィッシャーHCと、選手たち(写真:ラジオ関西)


     チームからは、渡瀬吾郎社長と、マティアス・フィッシャーHC、それにすべての選手やスタッフらが出席。また、チームTシャツや、チームカラーの緑色の小物を身に着けた、約150人のファン・ブースターも参道に集結した。代表して渡瀬社長とフィッシャーHCが拝殿で玉串を奉納すると、チームには「必勝」の大きな木札が授けられた。

     西宮市から娘2人と駆け付けた30歳代の女性は、「個人的には、谷口(淳)選手の声を出して盛り上げようとする姿に元気をもらっています。また、新選手の活躍にも期待しています。(ストークスには)とにかく、1点でも多く取って勝ってほしい。ホームゲームは必ず応援に行きます」と力を込めた。(春名優輝)


    拝殿で玉串を奉納する渡瀬社長/神主よりお祓いを受ける西宮ストークスの渡瀬社長やフィッシャーHC (写真:ラジオ関西)


    必勝祈願に臨む西宮ストークスの渡瀬社長、フィッシャーHCと選手たち(写真:ラジオ関西)


    廣田神社でファン・ブースターとともに記念撮影を行う、西宮ストークスのフィッシャーHCと選手たち(写真:ラジオ関西)

    【関連記事】
    「甲子園」×「バスケ」異色のコラボ実現 西宮ストークスが新体制発表会 (8/26)
    B2・西宮ストークスのフィッシャー新HCが就任会見「必ずチームを成長させたい」 (8/9)