CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

番組内容

鉄アナ・羽川英樹(ハーさん)&ごはん大盛・大森くみこ(もりもり)がお送りする『ハッスル!』
注目の出来事や話題の人物、旬のネタを心地よい洋楽とともにお届けします。
共感・発見・郷愁・活力をハッスル(発する)ラジオ番組。
リラックスした聴き心地で情報に敏感な消費者へ向けて発信します。

  • 2022年9月1日(木) 11時10分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.18「ひと足早く秋を満喫できる神戸ポートピアホテルのディナーイベント」

    〈ポートピアホテル便り〉

    9月の声を聴くと残暑は厳しいもの、秋の気配が徐々に訪れてきます。
    そんな秋の始まりに神戸ポートピアホテルで開催される2つのディナーイベントを紹介しましょう。

    まずは9月9日(金)に南館4階の日本料理・神戸たむらで開催される
    「重陽の節句料理と日本酒の夕べ」です。
    中国では古来より奇数は縁起がよいといわれ、
    その最大の数字「9」が重なった9月9日を重陽と呼んで五節句のひとつになっています。
    菊の節句ともいわれ、菊酒で邪気を払い無病息災や長寿を願う日なのです。

     

    今回のメニューでも菊酒からスタートし、菊花手毬寿司、渡り蟹と菊花のジュレなど菊をあしらったものに、
    秋の食材が勢ぞろいした懐石コースが提供されます。

    これらの料理とコラボするのが灘の銘酒「菊正宗」
    創業360年、辛口一筋の老舗酒蔵が提供するのは このイベント限定の蔵出し日本酒です。
    純米大吟醸「嘉宝蔵 雅」の3年貯蔵の秘蔵酒や、130年ぶりの新ブランド<百黙>の無濾過原酒など、
    普段なかなか口にできないレアなお酒に出会うことができます。
    健康長寿を願いながら敬老の日のお祝いの席としてもぴったり。
    料金は15,000円(税サ込)です。

     

     

     

    また10月8日(土)には本館29階の中国料理・聚景園で
    「美食と名月の夕べ ~料理人 北原省吾トレストランシェフの饗宴~」が開催されます。
    奇しくもこの日は名月の十三夜。
    北原・和食統括料理長が中国料理の佐藤料理長とタッグを組み、
    広東料理に和食のエッセンスが光るコースをつくりあげます。
    メインは秋の味覚を盛り込んだ「松茸炭火焼とフカヒレステーキ」の組み合わせ。
    前菜からデザートまで日・中のテイストをうまく盛り込んだオリジナルメニューとなっています。

     

     

     

     

     

    そして食後のお楽しみは もちろんお月見です。
    7月末にオープンしたばかりの本館31階屋上の展望デッキ「屋上テラス ソラフネ神戸」へご案内。
    地上110mから360度見渡せる神戸の山・街・海の夜景を秋の夜風やドリンクとともに満喫してください。
    観月に見合う生演奏が雰囲気を盛り上げてくれます。
    料金は20,000円(税サ込、ソラフネ神戸入場料込み)。

     

    猛暑と大雨とコロナで思うように動けなかったこの夏。
    その疲れとストレスを秋の味覚・厳選の日本酒、お月見、神戸夜景などで吹き飛ばしてみませんか。

     

  • 2022年8月4日(木) 11時10分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.17「貴重な体験!高さ110mの屋上から360度の神戸の絶景を楽しむ」

    〈ポートピアホテル便り〉

    こんな高さからオープンエアで神戸の全景を見たことがありませんでした。
    7月29日にオープンした神戸ポートピアホテル本館屋上の展望施設
    「屋上テラス ソラフネ神戸」

    本館の31階でエレベーターを降りて、専用階段で屋上へと向かいます。
    すると突然視界が開け、高さ110mの絶景空間が眼下にひろがってくるのです。
    屋上の西側の60平方mに船をイメージしたウッドデッキが設置されており、
    まるで甲板にいるような気分になるため「ソラフネ」と名付けられました。

    中央にはベンチとしても利用できるステージがあり、
    ここに座った時に街の景色がちょうどきれいに見える高さになっています。
    またここで立ち上がれば360度のパノラマビューを存分に楽しむことができます。

     

     

    これまで本館屋上はヘリポートとして利用されていましたが、
    ぜひ屋上に出てみたいという客側の要望を受けて展望スペースを設けることになったのです。

    ここからは六甲山系・神戸市街・ハーバーランド・
    明石海峡大橋・淡路島・神戸空港・大阪湾・紀淡海峡まで、
    まさに海・山・街の360度のパノラマを堪能できます。
    夜はエモーショナルな間接照明が神戸の夜景を盛り上げ、
    涼風を受けながらバーカウンターでのワンショットはムード満点で、
    今後はプロポーズプランも用意されるとか。

     

     

     

     

     

    ちなみに100m前後が街の建物が最も立体的にきれいに見える高さといわれ、
    1981年の創業時に当時の中内力社長がヘリコプターに乗って
    ホテルの本館の高さを110mに決めたといわれています。
    展望施設のみの入場料金は大人 昼1200円、夜2000円(40分 1ドリンク付き)。
    完全予約制で定員25名となっています。
    (ただし利用は小学生以上で、天候により営業が中止になることもあります)

    この展望施設、宿泊・飲食利用以外でも入場できますが、
    レストランとのセットプランがお得になっています。
    本館30階の「スカイグリルビュッフェ GOCOCU」では、
    兵庫五国の夏の食材が勢ぞろいしたメニューがズラリと並びます。

    淡路島からは「ハモのフリット(揚げ物)」「真鯛と神戸旬菜パスタ」
    「えびすもち豚の冷しゃぶ」などが勢ぞろい。
    「播州赤鶏とつるむらさきのブレゼ(蒸し煮)」は、つるむらさきの粘りが鶏にうまく絡みます。
    「GOCOCU特製冷麺」は須磨海苔の佃煮・神戸西区のトマト・新長田の水キムチなどをトッピング。
    但馬からの「兵庫産のちりめんと但馬牛ミンチのピラフ」も大人気です。
    もちろん定番の石窯で焼き上げた
    「ブラックアンガス牛のローストビーフ」も外すことはできません。
    これらのビュッと展望施設ソラフネとのセットが平日大人のランチは4800円、
    ディナーは5700円ととてもお得になっています。

     

     

     

     

     

    ダイレクトに夜風を受けながら110mの高さからの100万ドルの夜景と、
    兵庫のうまいもんが大集合したビュッフェ。
    この夏の思い出づくりには、まさにぴったりのプランです。

     

    そしてお盆休みの特別企画として8月11日から15日まで
    南館1階の大輪田の間では「サマーバイキング」を実施。
    今回のテーマは大河ドラマにちなんで「鎌倉時代へタイムスリップ」。
    シェフの刀剣術で切り分ける「ビーフ鉄板焼き」。
    屋島の戦いの地・讃岐名物「骨付き鳥」。
    鎌倉時代の調味料ひしおで仕上げた「焼き豚ラーメン」、
    頼朝・好物の鮭VS清盛・好物のすずきの手巻き寿司対決、
    北条家の家紋入りスィーツなどもりだくさん。
    料金は 前売り 大人9000円ですが、アルコール飲み放題や縁日利用券も含まれています。

     

  • 2022年7月7日(木) 11時08分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.16「神戸のホテルに 夏にぴったりの創作パン続々登場」

    〈ポートピアホテル便り〉

    一世帯あたりのパンの消費金額全国トップという神戸。
    神戸港が開港した翌年の1869年(明治2年)に
    初のパン屋がお目見えしてから150年余りの歴史を刻み、
    今やいろんなお店が高いレベルの創作パンで味を競い合っています。
    そんな中、神戸ポートピアホテルの本館1階の「デリカテス アラメゾン」では、
    夏限定の新作パン10種類が登場し注目を集めています。

     

     

     

    まずは冷たいビールやワインとともに食べたい惣菜パンからご紹介しましょう。

    一番人気は「レモンウィンナーと枝豆のチャパタ」(388円)。
    ビールとの相性もいいレモンソーセージとたっぷりの枝豆をサンドし、
    これにホワイトソースとチーズが絡みます。
    ハーブ塩で下味がついたチャパタは食感もよく、
    アルコールのお伴にもぴったりのパンなのです。

     

    「フォカッチャ」(291円)は揚げなす・トマトをあしらった<ポロネーゼ>と、
    スパイシーな<キーマカレー>の2種類。
    どれも暑い夏に食べたくなる食材です。
    「バケット」(237円)は長時間発酵させ、
    小麦とほどよい塩味が楽しめるフランスパンに
    トッピングは<明太子と海苔>と<チーズ>の2種類の大人の惣菜パンです。

     

    これに併せて販売しているガスパチョ・ビシソワーズ・枝豆などの冷製スープを添えると
    食欲が増進すること間違えなし。

    そしてスィーツパンでは、まず冷やして食べられる「クリームキューブ」(270円)が人気。
    バター使ったブリオッシュ生地の中に、
    クリームがたっぷり入ったかわいいキューブ型のパンなんです。
    ホワイトチョコとピスタチオを使った<ピスターシュ>、
    なつかしいコーヒークリームの味は<カフエオレ>、
    そしてレモンクリームを包み込んだ<シトロン>の3種類が登場しています。

     

     

    「デニッシュ」(345円)は夏のトロピカルフルーツの代表格
    マンゴーやパイナップルがトッピングされています。
    これらをテイクアウトするもよし、夏の午後に涼しいイートインスペースで楽しむのもいいでしょう。

     

     

    また夏の御挨拶に人気なのは「ベーカリーボックス9種セット」(送料・税込み5千円)。
    これは冷凍便で送られるので、
    受け取った方は自然解凍かトーストして好きな時に楽しむことができます。

    そしてポートピアホテルの夏の風物詩「ルーフガーデンプール」も7月12日にオープンします。
    昼間はファミリー層で賑わいますが、夜は18歳以上だけが利用できるおしゃれな大人の空間に変身。

    日焼けも気にせず、心地よい夜風を受けながら光と水の織り成す
    ファンタジックな空間を楽しんでみてください。

    (ナイトプール7月の平日利用はビジター3000円、宿泊者は2500円)

     

     

  • 2022年6月2日(木) 11時15分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.15「いま注目の食材・大豆ミートを使った ホテル健康ランチ」

    〈ポートピアホテル便り〉

    いま神戸ポートピアホテルではグルメフェア「美味養生」と題し、
    館内各レストランで健康パワー食材で免疫力を高めるメニューを
    工夫をこらして提供しています。

    そんな中、本館2階にあるダイニングカフェ・SOCO
    「大豆ミート」をメインにした健康ランチがいま注目を集めています。

    大豆ミートは3年ほど前から日本でも普及し始めた代替肉で、
    ベジタリアンやヴィーガンのみならず、今では健康志向の人々が積極的に取り入れています。
    脂分を絞った大豆に熱や圧力を加えて乾燥させることで、
    見た目が肉にそっくりな食品に変身します。
    大豆ミート自身の味は薄いので、
    逆にいくらでも加工調理しておいしくできる可能性をもっているのです。

     

     

     

    6月のバラエティランチはメインを3種から選ぶことができます。
    「大豆ミートのハンバーグとキーマカレー」は、
    カレールウとハンバーグのミンチに大豆ミートが使われています。
    先入観があった豆っぽさやパサパサ感はまったく感じられず、見た目はまさに肉。
    ホテル自慢のカレールウのうまみが大豆ミートをしっかり生かしています。
    またハンバーグに入ったレンコンもシャキシャキとしてアクセントをつけています。

     

     

    「サーモンとチーズのはさみ焼き」は、サーモンの衣を大豆ミートでコーティング。
    ミンチ風のトッピングの食感はまさに肉にそっくり。
    中にチーズと大葉を入れてカラっと揚げてあり、
    これをホテル特製のタルタルソースでいただきます。

     

    「大豆ミートバーガー」はパティに大豆を使い、
    植物由来のチーズを穀物バンズでサンドしたハンバーガーです。
    デミグラス風ソースも植物由来で豆・野菜・フルーツなどで作られていますが、
    コクは充分あるんです。
    またバンズは卵・牛乳を使わず小麦や全粒粉・豆乳などで出来ていますが、
    ゴマパン風の香ばしい仕上がりになっています。

     

     

    この3種のどれかに、サラダ・野菜スープ・コーヒーがついて(上の写真の魚料理はパン付き)
    2800円(税込み)で、6月30日までの提供となります。

    「大豆ミート」は動物性食品の過剰摂取による動脈硬化などのリスクを減らし、
    良質タンパク質が豊富で、脂質をカバーしてくれるヘルシー食品。
    摂取カロリーも肉を食べた時の半分くらいに抑えられます。

    まもなく梅雨に入り体調を崩しやすい季節。
    ホテルレストランでの「大豆ミートランチ」で体をしっかりデトックスして、
    来たるべき夏を迎えてみませんか。

     

    また、はーさんのNEW YouTube動画公開されています。
    こちらもぜひご覧ください▼

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら

  • 2022年5月5日(木) 11時10分 ポートピアホテル便り

    ポートピアホテル便りVOL.14「ホテルの老舗寿司店で夏に向けてのスタミナランチ」

    〈ポートピアホテル便り〉

    大阪寿司の元祖といわれる「すし萬」
    魚屋を経て、1781年(天明元年)に小鯛雀鮨の専門店として開業しました。
    当時、京都の仙洞御所へ、西宮戎神社近くの海で捕れた小鯛を鮨にして献上していたそうです。

    「江戸前鮨」は東京湾で捕れた新鮮な魚をひと手間かけて握ったもの。
    それに対し「大阪寿司」は発酵寿司(なれ寿司)に端を発し、
    その後 瀬戸内のエビ・アナゴなどを木型の押し型に敷き詰めてきれいに成形した
    「箱寿司」が主流となって発展してきました。

    そんな大阪寿司の老舗の味を神戸のホテルで気軽に堪能できるんです。
    すし萬・神戸ポートピアホテル店はカウンター中心の落ち着いたお店で、
    女性ひとりでも気楽に立ち寄ることができます。

    昼は「上にぎり9貫」(4235円)、夜は「特選にぎり11貫」(6050円)などが
    人気のメニューなんですが、大型連休明けから登場する期間限定の新メニュー
    「美味養生スタミナランチ」(4000円税込み)もおすすめです。

     

     

     

    季節の先付のあと、3種類の味わい豊かな変わりちらし寿司が
    暑い夏に向けての体づくりをサポートしてくれます。

    まずは「マグロ山かけ丼」。
    とろとろのマグロにイクラが彩りを添え、特製の割り醤油がネタと酢飯に染み渡ります。

    「鰻ちらし」は国内産の鰻に錦糸玉子が添えられ、
    あの鰻のタレがすし飯にもうまく溶け込みます。

    そして締めは「鱧ちらし」。
    梅をトッピングした鱧に、大葉とゴマを混ぜ込んだシャリが絶妙のハーモニーを醸し出します。

    このあと「しじみの赤だし」と「季節のデザート」と続くこのコースは、
    季節の変わり目の体調を崩しやすい時の免疫力アップとなり、
    来たるべき暑い夏に向けての体づくりもできる「美味養生スタミナランチ」なんです。
    (5月9日から6月30日まで実施)

     

     

     

    そしておみやげには名物の「小鯛雀鮨」(1本 8貫 3888円)をぜひ。
    鯛は日本近海の天然ものに限り、昆布は北海道産の真昆布、
    酢は米によく合う京都の醸造酢を使用するというこだわりの逸品。
    見た目の美しさもさることながら、
    口に含んだ時の豊潤な小鯛のうまみは忘れることはできません。

     

     

    普段は回転ずししか行かないという方も、
    たまにはホテルの寿司カウンターで優雅なひとときを過ごしてみませんか。
    価格表示がはっきりしているので、高級店のようなドキドキ感もなく、
    予算に合わせて安心して利用できるのもうれしいですね。

     

    また、はーさんのNEW YouTube動画公開されています。
    こちらもぜひご覧ください▼

    【鉄アナ・羽川英樹の出発進行】はこちら