CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

番組内容

鉄アナ・羽川英樹(ハーさん)&ごはん大盛・大森くみこ(もりもり)がお送りする『ハッスル!』
注目の出来事や話題の人物、旬のネタを心地よい洋楽とともにお届けします。
共感・発見・郷愁・活力をハッスル(発する)ラジオ番組。
リラックスした聴き心地で情報に敏感な消費者へ向けて発信します。

  • 2020年8月6日(木) 08時49分 総合

    梅雨明けた?

          < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 松竹梅白壁蔵「澪」<FROZEN> 」

    冷凍庫で凍らせて揉みほぐしてグラスに注ぐ、新食感のお酒。

    お米うまれのほのかな甘みと、ほどよい酸味、アルコール分5%のマスカットを思わせるフルーティーな味わいで、

    シャリシャリとした食感が楽しめます!

     

    モリモリが値段を考察・・・360円? 

    ヒントを聞いて・・・110

    はてさて、お値段は・・・?

    税抜き 180円也!

    ということで、モリモリ、ポイント獲得ならず!!

     

     

     

        < はーさんの読んだつもり >

    『 私は真実が知りたい  夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?  』
    赤木雅子+相澤冬樹 著  文藝春秋 税込み 1650円

    本書は、夫を理不尽に失った赤木雅子さんが国などを提訴、俊夫さんの手記の公開に至るまでの怒り、迷い、葛藤を率直に綴つた「手記」と、

    事件を発覚当初から追い続けてきたジャーナリスト・相澤冬樹氏による「同時進行ドキュメント」で構成されている。

    目次

    目次赤木雅子・相澤冬樹(トッちゃんの本を出すわけ)
    赤木雅子(トッちゃんが遺した「手記」;トッちゃんと私 ほか)
    相澤冬樹(一通のメールが事態を動かした;親しくなったり反発したり ほか)
    相澤冬樹・赤木雅子(あの頃のトッちゃんに言ってあげたいこと)
    赤木俊夫さんが遺した「手記」全文

     

     

     

                 < ゲストコーナー >

    兵庫大仏で有名な能福寺の住職、雲井雄善さんにお越しいただきました。

    法話でNo.1を選ぶH1法話グランプリについてお話いただきました。

     

  • 2020年7月23日(木) 13時38分 総合

    あまから手帖8月号!「夏のパワーフード」

          < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 盛田トリュフソース 」

    世界三大珍味のひとつ、トリュフの香りが楽しめるソース。

    ヨーロッパ産の黒トリュフを使って、醤油ベースで作ったソースだから、

    肉や魚、野菜などなど、なんにでもマッチしますよ~

     

    はーさんが値段を考察  

    ヒントを聞いて550円

    はてさて、お値段は・・・?

    税抜き 580円也!

    ということで、
    はーさん、10ポイント!!

     

     

     

        < はーさんの読んだつもり >

    救急を救う男

    『 救急を救う男 』
    嶋 康晃 著  現代書林 税込み 1540円

    受け入れ拒否、地域偏在化、労働環境、過剰出勤要請・・・・・
    医療過疎地にある小さな個人病院が救急医療の問題をいくつも解消している

    2013年3月、鹿児島南部の小さな過疎の町に「松岡良典」という当時33歳の若き救急医が一軒のクリニックを開業した。
    この本の主人公である。
    松岡は医学部を卒業後は救急医として大学病院の救急救命センターなどに勤務した。
    若くして大学病院の指導的な立場にもなった。
    だが、あるとき、ふと疑問を感じる。
    「目の前で命の危機に瀕している患者を助けるために身につけた技術を現場で生かさなくていいのか?」という強い思いに駆られた。
    その松岡が現在、「24時間365日絶対に断わらないクリニック」で多くの人を救っている。
    なぜ、このような救急専門クリニックの実現が可能だったのだろうか?
    本書は医師・松岡良典の一生をかけたチャレンジをルポルタージュ形式でまとめた渾身の1冊である!

     

     

                 < ハッスルグルメ! >

    あまから手帖などに執筆している
    フードライター 団田芳子さんと電話を繋ぎ、お話を伺いました!

    最新号

    あまから手帖8月号が発売!
    今回は「夏のパワーフード」がテーマ!!

    あまからが始めた新たなこと食と輪の扉についても話してくれました。

    あまから手帖の最新刊を3人の方にプレゼント!
    ご希望の方は、番組宛てにご応募くださいね~

  • 2020年7月16日(木) 13時49分 総合

    ハーバーランドは久々に朝から🌞

             < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 うな次郎 」

    見た目はウナギそっくり!

    魚のすり身で作った蒲焼風のかまぼこなんです!

     

     

    モリモリが値段を考察・・・1500円   

    ヒントを聞いて・・・500円

    はてさて、お値段は・・・?

    税抜き 361円也!

    ということで、
    モリモリ、ポイントならず~

     

     

     

     

           < ゲストコーナー >

    神戸で居酒屋を経営している「情熱ダイニング」の

    池原晃喜さんにお越しいただきました。

      

     

     

       < はーさんの読んだつもり >

    じゃり<span class=s>ン</span>子チエ 1

    『 じゃりン子チエ  』
    はるき悦巳 著

    扶桑社  税込み 880円

    「ウチは世界一不幸な少女や…」

    大阪の下町でホルモン焼き屋を切り盛りする小学5年生のチエちゃんを主人公に、

    無職でケンカとバクチに明け暮れる父親のテツをはじめとする個性的な登場人物たちが大騒動を巻き起こします。

    可笑しくて哀しくてどこか懐かしい、昭和の人情コメディー決定版!!

  • 2020年7月9日(木) 13時50分 総合

    ちゃっぷまんのナポリタン

    羽川さん、滅多に❛大盛り❜を注文しないんですが、

    先日、思わずナポリタンをオーダーしちゃいました!  

    【ちゃっぷまん】というお店、皆さんも食べてみてね~!

     

     

     

             < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 きりたんぽカップスープ 」

    秋田市の特産品開発会社ツバサが販売している製品で、

    きりたんぽを簡単に味わえる商品!

     

     

    包装を剥がすと・・・見た目はコーヒー!

    きりたんぽのスープって絶対に分からない!

    はーさんが値段を考察・・・300円   

    ヒントを聞いて・・・460円

    はてさて、お値段は・・・?

    税抜き 500円也!

    ということで、
    はーさん、ポイント獲得!!

     

     

           < ゲストコーナー >

    テイクアウト専門のどら焼き専門店「ROTO」が

    7月末までの期間限定でオープンしています!

    伊藤正宣さんが来てくれました~!

     

     

     

     

       < はーさんの読んだつもり >

    『 大阪の逆襲 万博・IRで見えてくる5年後の日本  』
    石川智久、多賀谷克彦、関西近未来研究会 著

    青春出版社  税込み 1760円

    世界131都市「都市活力ランキング」第1位、V字回復の活路は大阪にあった!

    気づいた人だけがビジネスチャンスをつかめる。

    第1章 なぜいま、大阪周辺がアツいのか?(世界ランキングで上位を総ナメにする大阪の魅力!
        大阪の訪日外国人は5年間でなんと3倍増 ほか)
    第2章 IR(統合型リゾート)のインパクト(IRの投資額は1兆円規模
        「カジノで稼いだカネを福祉に回す」 ほか)
    第3章 スーパーシティ構想とは何か(名前はダサいが実はイケてるスーパーシティ
        これまでの「スーパーシティ」的な構想 ほか)
    第4章 「2025年問題」と関西(2025年が持つ歴史的な意味とは何か
        確実にやってくる「2025年問題」 ほか)
    第5章 大阪だからこそ創れる「もうひとつの未来」(テクノロジーが未来をつくる?
        テクノロジーは世界を均質化する ほか)

  • 2020年7月2日(木) 13時26分 総合

    2020年、後半始まりましたね~

         < これなんぼ? >

    今日ピックアップした商品はこちら!

    「 フリスク 冷却スプレー 」

    あの清涼菓子のフリスクが冷却スプレーになっちゃいました!

     

     

    はーさん、マスクにシュー! 口元が冷んやり~&フリスクの香り!

     

    モリモリが値段を考察・・・580円   

    ヒントを聞いて・・・990円

    はてさて、お値段は・・・?

    税込み 980円也!

    ということで、
    モリモリ、10ポイント獲得!!

     

     

     

       < はーさんの読んだつもり >

    『 決定版日本珍景踏切 』
    創元社  税込み 1760円

    魅惑の「踏切ワールド」を一挙紹介!

    踏切――それは異文化である「鉄道」と「道路」が交わる場所に生まれた、ひとつの“個性”。

    小さくて可憐な踏切もあれば、四季折々の花に彩られる踏切、大渋滞を生み出す踏切、

    はたまた線路数がやたらに多い踏切もあり、意外に(?)見どころがある。

    本書はそうした日本全国にあるユニーク踏切の“いま”をまとめた踏切ガイド。

    絶景踏切“映え”スポットから知られざる珍景踏切まで、魅惑の「踏切ワールド」を堪能していただきたい。

     

     

     

      < 岡山けんほく ハッスル情報 >

     

    きょうは、岡山県の勝央町から

    JA晴れの国岡山 勝英統括本部 広域営農経済センター 勝央事務所川嶋謙仁さんお話を伺いました!

    「黒豆きなっこアイス」

    勝英地方の特産の黒大豆「作州黒」の香ばしさがあって、

    優しい甘さのアイスクリーム。

    きなこが濃厚なミルクをサッパリさせてくれるので大好評!

     

     

    JA晴れの国岡山のオンラインショップからお取り寄せしてくださいね~!

     

     

    黒豆きなっこアイスを3名にプレゼント!

    応募はコチラから!

     

     

     

    < ハーさんの行ってきました! >

     

    今回は7月1日に再開した天満天神繁昌亭のプレオープンに行った話をお送りしました。

    繁昌亭では、通常216席を100席に減らして、前後左右御客さんがかぶらないように配置されています。

    現在、公演は生のほか、オンライン配信も実施しています。

    詳しくは繁昌亭のホームページで確認してください。

     

    繁盛亭ホームページはこちら