CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年7月5日(金) 13時30分 グルメ・レジャー

    日本盛とモンベル 業界の枠を超えたビッグなコラボが実現 限定デザインボトル缶を販売

     兵庫県西宮市に本社を置く酒造大手の日本盛と、大阪府大阪市に本社を置くアウトドア用品大手のモンベルの、業界の枠を超えたビッグなコラボが実現した。


    ビッグなコラボが実現した「日本盛 生原酒200mLボトル缶 mont-bellデザインボトル」(写真:ラジオ関西)

     日本盛は、アルミのボトル缶に入った『生原酒』を、4年前に発売。生原酒は、火を入れて殺菌をしておらず、水で薄めていないため、日本酒本来の味わいを楽しめるが、長い期間の常温保存が難しかった。

     そこで、素材に紫外線を防いでくれるアルミを使い、窒素充填により酸化を防ぐなどし、約8か月間の常温保存を可能にした。メリットはほかにもあった。ふたが開け閉めでき、軽くて持ち運びがしやすく冷えやすい。そして使ったあとにはコンパクトになるうえ、リサイクルも可能。こうした特長がアウトドアに最適として、モンベルとのコラボが実現したのだ。鮮やかなモンベルブルーのロゴが目を引く商品になっている。近年、アウトドア雑誌で取り上げられるなど広がりを見せている、アウトドアシーンでの日本酒の消費拡大を目指す考えだ。


    (写真:ラジオ関西)

     7月2日、3日の2日間に大阪市内で開かれたモンベルの展示会で、日本盛のブースが展開された。日本盛の担当者に話を聞くと、「山の上で日本酒を飲むニーズは多い」とのこと。「一升瓶を担いで山を登る人もいる」ということで、アルミ素材のボトル缶が持ち運びに適していることは言うまでもない。また、日本酒は冷・常温・燗、いかなる温度でもおいしく飲むことができ、ぬるくなってしまう、などの心配がないうえ、料理シーンでも活躍する。お肉を日本酒で煮たり、ソースの材料にしたりといった具合だ。または、氷と果物を入れてボトル缶をシェイカー代わりにすると、オシャレなカクテルも作ることができる。使い方はまさに無限大だ。

     日本盛の担当者は、「おすすめの飲み方は冷だが、生原酒は少し度数が高めのため、ロックで飲んでもらってもおいしい。日本酒の飲み方、使い方に“邪道”はない。もっと日本酒を身近に感じてもらえるように頑張っていきたい」と力を込める。

    「日本盛 生原酒200mLボトル缶 mont-bellデザインボトル」は、全国のスーパーやコンビニのほか、キャンプ場や山小屋でも買うことができる。税別260円。9月までの期間限定で販売される。


    (写真:ラジオ関西)

  • 2019年6月27日(木) 15時58分 イベント

    幻の「淡路島なるとオレンジ」使うスイーツ10種 新登場! 『兵庫県うまいものフェア』そごう神戸店で

     淡路島原産で、ほとんど流通していない幻の果実「淡路島なるとオレンジ」を使った新しいスイーツが登場! 昨年7月に行われ好評だった『兵庫県うまいものフェア』が、そごう神戸店で始まる。淡路島なるとオレンジの濃厚な香りを生かしたオリジナルスイーツ10種類が、地下食品売り場の菓子店に並ぶ。

     なるとオレンジは江戸時代に淡路島で見つかり、広まったとされるミカン。島になるこの実を食べた江戸後期の藩主が「天下無比の物なり」と絶賛し、「鳴門海峡」から命名したとされる。さわやかな酸味と皮の強い香りが特徴で、ピークの1970年頃には2800トン出荷されていたが、農家の高齢化で生産が激減し、いまは10人ほどしか生産していない。生産者の平均年齢は79.4歳で、後継者不足のため絶滅の危機にひんしている。

     このため洲本農林水産振興事務所が復活プロジェクトを組み、昨年と同じく、そごう神戸店で同フェアを開催。消費を広げ、生産回復を目指している。

     今年のフェアでは、淡路島なるとオレンジの果肉をたっぷり使ったタルトなどスイーツ9種とソースに果汁や皮を使う鶏肉のマリネが販売される。見た目にキレイな凝った品が揃い、価格は1つ216円から778円。

     6月27日のラジオ関西「時間です!林編集長」には、そごう神戸店・広報の吉田紀代さんが生出演。フェアに先がけ、スタジオで新商品をすべて披露した。






    『兵庫県うまいものフェア』
    日程:2019628日(金)~723日(火)
    場所:そごう神戸店 地階食品売場 (神戸市中央区小野柄通8-1-8)

    同フェアでは三田ポークや淡路産たまねぎのタルティーヌ(オープンサンド)、釜揚げしらす丼などの惣菜も購入できる。

    そごう神戸店
    http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/kobe/

    【公式サイト】時間です!林編集長

  • 2019年6月26日(水) 19時11分 イベント

    甘~いトウモロコシが旬を迎えます!

     27日から、神戸市北区の観光農園で、「トウモロコシ狩り」が始まります。兵庫県内でトウモロコシの収穫を体験できる施設はそう多くなく、新鮮なトウモロコシを求めて毎年多くの人が訪れます。昨年は7600人が訪れたそうです。

     農園のある神戸市北区は、朝晩の寒暖差が大きく、その気候や風土を生かして栽培されるトウモロコシは果実がとっても甘く、糖度はメロンや柿の糖度と同じ18度。今年の予定収穫量はおよそ2万5,000本を見込んでいます。この北区のトウモロコシ栽培は、地元のひとりの農家が始めたもの。そのあと広がりを見せ、3年前には作付け面積が1.2ヘクタールだったものが、今年は2ヘクタールとなり、年々増加しています。まるでスイーツのようなもぎたての甘さを楽しんでみませんか?

    開園期間:6月27日(木)~8月中旬ごろまで ※なくなり次第終了
    入園料金: 1口 1,000円(税込) トウモロコシ5本を持ち帰りできます。
    ※トウモロコシの追加は1本につき200円
    ※団体割引料金もあり
    農園場所:神戸市北区大沢(おおぞう)町、長尾町、八多(はた)町の10園

     それぞれの農園には、駐車スペースはありますが、満車の場合もあり。空き状況などについても、詳しくは神戸市観光園芸協会のホームページ(http://www.kobe-kanko-engei.jp/)をご覧ください。

  • 2019年6月21日(金) 18時15分 グルメ・レジャー

    全16種のクラフトビールを味わえる「クラフトビアマルシェ」 そごう西神店で開催中

     仕事終わりの一杯が最高な季節になってきたが、「クラフトビアマルシェ」が、6月10日から、そごう西神店の1階正面玄関前にある特設会場で始まっている。

     平日の夕方5時から夜8時まで。立ち飲みのスタイルで、サーバーから直に注がれるクラフトビールを味わうことができる。西神中央駅直結となっていて、屋根があるので雨の日でも安心だ。

     各種クラフトビールは1杯(約320ml)500円。用意されているクラフトビールは、全16種。定番のものが8種類、毎日用意されるものに加え、残りの8種からは週替わりで4種が用意される。また、ぜひ、そごうで総菜を買っておつまみとしてほしい。その際、対象の一部の総菜売場で買うと、スタンプを押してもらうことができる。この総菜売場でのスタンプ4つと、ビールのスタンプ4つを集めると、ビールが1杯無料になるのもうれしい。

     そごう西神店は、神戸市営地下鉄西神中央駅すぐ。期間は9月12日まで。原則平日の夜のみの開催だが、休日に開催される場合や、営業時間が変更となっている場合もある。詳しくは、そごう西神店(https://www.sogo-seibu.jp/seishin/topics/page/beer-marche2019.html)まで。


    © Sogo & Seibu Co., Ltd.

  • 2019年6月21日(金) 13時00分 エンタメ

    パラスポーツ体験イベント『トヨ♡パラ』、今年も開催へ! 吉本お笑い芸人やパラアスリートが出演


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     パラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント、「兵庫県オールトヨタ スポーツフェスティバル『トヨ♡パラ2019~ひろげるこどもたちの未来~』」が、8月25日(日)、神戸・ポートアイランドにあるワールド記念ホールで開催される。


    総合司会を務める陣内智則と福本愛菜(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     兵庫県では2回目の開催となる、『トヨ♡パラ』は、子どもたちが普段なじみのないパラスポーツを体験し、来年、2020年の東京パラリンピックの認知度向上を図るとともに、障がい者理解をさらに深めることを目的としたイベント。車いすバスケットボールや、パラリンピックでも大きな話題となったボッチャなどの8つの体験教室ブースをはじめ、全15競技を体験でき、吉本お笑い芸人も多数参加。さらに、お笑い芸人の陣内智則とタレントの福本愛菜が総合司会を務めるスペシャルトークショーでは、アテネ・リオパラリンピック男子60kg級銀メダリストの廣瀬誠選手、パラトライアスロンの円尾敦子選手など、パラアスリートが登場し、競技の魅力やアスリートの裏側などを聞くことができ、パラスポーツをより身近に感じることができる。なお、参加予定のお笑い芸人は、サバンナ・八木、ハイキングウォーキング、レギュラー、大西ライオン、とにかく明るい安村、女と男、藤崎マーケット 、スマイル、はんにゃ、フルーツポンチ、おばたのお兄さん。


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

     この『トヨ♡パラ』の体験および観覧は無料。ただし、パラスポーツ体験教室は事前申し込み制で、参加希望の小学生を募集している。対象は兵庫県在住の小学1~6年生。車いすバスケットボール、タンデムバイク、ブラインドテニス、ふうせんバレー、ゴールボール、ボッチャ、ウィルチェアラグビー、フロアホッケーの8教室で、各30人の応募を受け付けている。応募締め切りは8月7日(火)。応募やイベントに関する詳細は、トヨパラ事務局、電話03-3209-8197(平日10:00-18:00)、または、トヨパラ2019公式ホームページ(https://toyopara.yoshimoto.co.jp/)まで。


    兵庫県では2回目の開催となるパラスポーツ(障がい者スポーツ)の体験イベント『トヨ♡パラ』。写真は前回の様子(写真提供:よしもとクリエイティブ・エージェンシー