CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

CINEMA-EYE RADIO

  • 2022年12月8日(木) 21時55分 放送アーカイブ

    田中絹代監督作品がフランスでブーム

    2022年12月8日 第23回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【目のつけどころがCINEMAでしょ?!】
    甲南女子大学講師 シネマパーソナリティ 
    津田なおみ さん

    実は今フランスで「監督 田中絹代」が注目されています!
    日本では女優としての田中絹代は有名ですが、
    実は6作品でメガホンをとっている監督としての田中絹代を
    知らない人の方が多いですよね。
    しかしいずれも秀作で、昨年のカンヌ国際映画祭やリヨンのリュミエール映画祭で
    特集上映されました(その後、東京国際映画祭でも特集)。
    また、今年に入って6作品の4K修復版がフランスの22館で上映されました。

    その魅力をまとめた「映画監督 田中絹代」を執筆した
    津田なおみさんにお話をうかがいました。
    津田先生はフランスのドキュメンタリー番組でインタビューを受けたそうですよ!

    【先読みシネマ情報】
    「天井の花」 ひきつづき 津田なおみさん

    萩原朔太郎の娘である萩原葉子の同名小説「天上の花三好達治抄」が、一九六六年の発表から五六年の時を経て映画化される。脚本を担当したのは五藤さや香と、これまで多数の脚本賞を獲得してきた荒井晴彦。監督は、四時間超の大長編『いぬむこいり』(二〇一七年)で話題をさらった片嶋一貴。達治を演じるのは唯一無二の存在感を放つ東出昌大、朔太郎の妹・慶子には、新たな境地を切り拓く入山法子、朔太郎には独特の風格を持つ吹越満、詩人・佐藤春夫を演ずるのは『YAWARA!』『20世紀少年』などで世界的人気の漫画家・浦沢直樹、そして原作者を母に持つ萩原朔美、近年舞台でも活躍し、輝きを増す有森也実も出演する。そのほか林家たこ蔵、鎌滝恵利もアクセントを加える。 本作は、戦争の時代に翻弄されつつ、詩と愛に葛藤しながら、懸命に生きた者たちへの鎮魂歌である。(作品資料より)

    【プレゼント】
    「ケイコ目を澄ませて」全国共通劇場鑑賞券  提供:CINEMA-EYE/LIBERRA

    大阪府池田市 寺田博さんほかのみなさんおめでとうございます!