CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2021年1月22日(金) 17時05分 放送アーカイブ

    「鬼滅の刃」から考察する映画の中の日本刀!

    2021年1月21日 第267回オンエア

    番組を聴いてみよう!

     

    【マイシネマヒストリー】

    先週とは反対に構成作家 マット西村さん(中)

    おまけの見学 ラジオ関西ディレクター 佐々木孝昌さん(右)

    「鬼滅の刃」大ヒットから見る、
    日本刀が効果的に使われている映画の数々!

     

    「ハイランダー 悪魔の戦士」

    1536年、スコットランドの荒野。コナー・マクロード(クリストフ・ランベール)率いるハイランダー(高地民族)の一族が黒い騎士と呼ばれる獰猛クルガン(クランシー・ブラウン)率いるフレイザー一族と激しい交戦を展開し、コナーは死亡した。しかし、彼は蘇りそのためにかえって村人たちの不信をかい、村から追放された。山奥でヘザー(ビーティ・エドニー)という女性と結婚し鍛冶屋を始めるコナー。それから5年、ラミレス(ショーン・コネリー)というスペイン人がコナーの前に現われ、意外な事実を告白した。自分を含めて、コナー、クルガンらは、首をはねられない限り永遠の時を生きる運命にあり、彼らは“究極の宝”を求めて未来の“集合の時”へ向けて戦い抜くよう運命づけられているという。その後、、ラミレスはクルガンに首をはねられた。不老不死のコナーは、ヘザーが老いて死んでゆくのを永遠の若さのまま見とどけることになる。その辛さから二度と人を愛さないと心に誓った。現代のニューヨーク。マジソン・スクエア・ガーデンの地下駐車場で無惨な死体が発見された。事件を追う市警の女性鑑識課員ブレンダ(ロクサーン・ハート)は、事件現場から、紀元前600年頃のものと思われる太刀の破片を発見し調査を続けた。やがて彼女はナッシュという若い古物商と知り合い、その男の神秘性に惹かれるものを感じた。執拗に彼の身許を調べ、彼が、700年代から生き続ける不死の存在と知り、愕然とした。彼はコナーだった。コナーの内部にも再び愛が甦ってきた。一方、行く先々で殺りくの限りを尽していたクルガンは、ブレンダを誘拐した。彼女を救出するために廃工場へ行くコナー。そこで戦闘の末にクルガンの首をはねた。その後、高原で談笑するコナーとブレンダの姿があった。

    作品詳細はこちら

    「キル・ビル」

    ひとりの女が長い眠りから目覚める。彼女の名は、ザ・ブライド(ユマ・サーマン)。自分の結婚式の最中に、かつて所属していた毒ヘビ暗殺団の襲撃を受け、夫やお腹の子を殺されたのだ。奇跡的に回復した彼女に残されたのは、暗殺団とそのボス―ビル(デヴィッド・キャラダイン)への復讐のニ文字だけだった。ザ・ブライドは伝説の刀鍛冶―服部半蔵(サニー千葉)を訪ね、名刀ハットリ・ハンゾウを譲り受ける。暗殺団のメンバーは5名。その名を記したリストを手に、女刺客の復讐の旅が始まった。キル・ビル…ビルを殺せ!

    内容は梶芽衣子の「修羅雪姫」に似てる・・・

    作品詳細はこちら

     

    そのほか「スターウォーズ」「デッドプール」「ウォーキングデッド」(テレビシリーズ)なども
    日本刀をリスペクトしたのではないでしょうか?

    【プレゼント】

    「ヤクザと家族 THE FAMILY」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。1月25日必着。

  • 放送アーカイブ

    残酷カーニバルの頂点!「地獄の謝肉祭」

    2021年1月14日 第266回オンエア

    番組を聴いてみよう!

     

    【マイシネマヒストリー】

    ラジオ関西ディレクター 佐々木孝昌さん

    おまけの見学 構成作家 マット西村さん

    小学校6年生の佐々木少年が父親と観に行ったオールナイトの
    ホラー2本立ての思い出。三宮の三劇に惨劇を観に行くという(笑)

    当時のチラシまで保管している佐々木Dが観たのはこの2本!
    映画もさる事ながら、佐々木Dのトークを文字にするのもなんなので、
    ストリーミングでお聞きください!

    「地獄の謝肉祭」 キャッチコピーは「残酷カーニバルの頂点!」
    ベトナム帰還兵のノーマン(ジョン・サクソン)は、時々ベトナムでの異様な光景を思い出している。飢えのために人肉をむさばり食う部下のチャーリー(ジョン・モーガン)とトミー(トニー・キング)の姿を…。そして、自分も手を噛みつかれて以来、生肉を見ると異常に興奮するのであった。そんな夫に不安を抱いた妻のジェーン(エリザベス・ターナー)は、親しい医者にそのことを相談した。ある日、戦争後遺症で入院していたチャーリーが外出を許され外に出るが、映画館の中でいちゃつくアベックの男女を見たとたん襲いかかり騒ぎを起こす。マーケットに逃げこんだチャーリーはそこで追って来た若者を射殺しさらに警備員をも血祭りにあげてしまう。チャーリーは再び病院に収容されるが、今度はトミーが暴れ出し、看護婦に噛みついた。この人間に噛みつくカニバリズムという病気は伝染し、噛みつかれたノーマンもこの看護婦も、トミーとチャーリーにある種の連帯感を感じ出し、病院の二人を助け出し、ある行動を開始した。人肉を求めて彷徨する彼らは自動車整備工場の主人をドリルで襲い、やがて待ちうけていた暴走族と死闘を展開した。そこヘ警官隊がきたため、彼らは下水道ヘと逃げるが、ノーマン以外の二人は射殺された。脱出に成功したノーマンはそのまま家に帰った。夜遅く、自宅に帰ったジェーンは、軍服を着たノーマンを発見した。自分の病気に絶望したノーマンは自殺を決心しており、ジェーンと彼女を助けにきた医者共ども射殺し、自分も命果てた。そして、すべてが終わったかと思われた頃、子供に感染していた隣りの家では新たな惨劇が起こりはじめていた。

    作品詳細はこちら

    「マニアック」
    冬の浜辺で寄りそうカップル。男が焚木にする小技を集めに行ったすきに、怪人が女の喉を力ミソリで切り、もどって来た男の首に針金を巻きつけた。フランク(ジョー・スピネル)は悪夢から目覚めた。彼の部屋には、マネキンや人形が所狭しとおかれて異様な雰囲気を醸し出している。気分が落ち付くと彼は外出し、娼婦を拾うとホテルの一室へ。突然、彼は娼婦の首を絞めて殺し、力ミソリで頭から髪を剥ぎ取った。自分の部屋へもどると、持ち帰った娼婦のタイツとレオタードをマネキンに着せ、頭に剥ぎとった頭髪を釘で打ちつけ、「こんなことはしたくなかったのに」と言いながらすすり泣く。その後、彼はディスコから出て来て、車のなかでいちゃついていた男女をライフルで惨殺。ついで勤務あけの看護婦(ケリー・パイパー)をつけ、地下鉄の便所で串刺しにする。ファッション写真家アンナ(キャロライン・マンロー)と知りあい、彼女のモデルをしていたリタ(ゲイル・ローレンス)を短刀で刺殺。アンナを母親の墓の前で殺そうとするが、逃げられてしまう。「あなたは悪い子、お仕置きします」という母の声が聞こえ、墓穴から母親の手が伸び、彼の首をしめた。傷ついて部屋にもどったフランク。そして不思議なことがおきた。彼にやられ血だらけになった被害者たちが、彼に襲いかかり彼の首をねじきった。警官がやってきて彼の死体を発見、あまりのおぞましさに部屋を出た時、彼の目が動いた。

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「ヤクザと家族 THE FAMILY」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。1月25日必着。

     

  • 2021年1月7日(木) 22時22分 放送アーカイブ

    映画「どん底作家の人生に幸あれ!」

    2021年1月7日 第265回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    元・須磨海浜水族園学芸員 株式会社アクアメント 大鹿達弥さん

    2020年のラストと2021年の最初を飾るゲスト、今週も準レギュラー(?)の
    大鹿ちゃんに来ていただきましたよ!

    大鹿達弥的「アホデミー賞」でいうと・・・
    スーパーマン大好きっ子の大鹿ちゃんがDCを語りました!

    華やかなMARVELに比べ、なんか暗いんだけど・・・はたして(笑)

     

    【先読みシネマ情報】
    こちらも今週も大手広告の北原さん。
    年末年始の事情により、前半後半ともに同じゲスト(笑)・・・ってわけじゃないですよ!

    「どん底作家の人生に幸あれ!
     デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで、上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、今まで体験した“作り話”を同級生に披露して人気者になる。さらに、令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後に法律事務所で働き始めた彼は、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。だが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「パリの調香師 しあわせの香りを探して」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。1月12日必着。

  • 2020年12月31日(木) 22時00分 放送アーカイブ

    泣けるゾンビ映画「新 感染列島 ファイナル・ステージ」

    2020年12月31日 第264回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    元・須磨海浜水族園学芸員 株式会社アクアメント 大鹿達弥さん
    あやしすぎる!(笑)

    先週ご紹介した「ジョゼと虎と魚たち」にはスマスイが!
    ジョゼが初めて海を見に行くシーンが、スマスイの西側の海へつながる松林の小道。
    そこを抜けてジョゼは初めて海を見るのです!大鹿ちゃんは涙腺うるうる・・・

    ・・・が実際に訪れる水族館はスマスイではなく海遊館が出てくるのです(汗)
    ま、それはしゃーないか(笑) 大阪が舞台やし。

    ちなみにスマスイの映画デビューは斉藤由貴の『「さよなら」の女たち』だとか。


    【先読みシネマ情報】

    「新 感染半島 ファイナル・ステージ」 大手広告 北原佑樹さん

    韓国のゾンビ映画。前作観てなくても楽しめるのでぜひ!
    ほかのゾンビ映画と何が違うって、泣けるんです!北原さん号泣(笑)

    前作大ヒットで制作費が上がったのか、スケールアップしてますよ!

    人間を凶暴化させる謎のウイルスの感染爆発が半島を襲ってから4年後。完全封鎖された半島に戻り、大金を積んだトラックを見つけて帰還するという任務を受けた元軍人の男。かつての祖国で彼を待っていたのは、禍々しい感染者たちと、この世の地獄を楽しむ狂気の民兵集団。両者に追い詰められた男を助けたのは、母娘の生存者だった。この地獄から脱出するという最後の望みにかけて、手を結んだ彼らの決死の作戦とは…?

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「パリの調香師 しあわせの香りを探して」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    そして「ジョゼと虎と魚たち」オリジナルブックカバー 5名様
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。1月12日必着。

  • 2020年12月30日(水) 15時06分 放送アーカイブ

    M-1惜しかったですね!見取り図さん声優初挑戦「ジョゼと虎と魚たち」

    2020年12月24日 第263回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】


    今回は年末ということでそろそろ「アホデミー賞」ということなんですが、
    コロナ禍ですからね・・・
    今週もNPO法人神戸まちかどシネ倶楽部の内屋敷保さんに
    「ひとりアホデミー賞」を展開してもらいました!

     

     

    【先読みシネマ情報】

    「ジョゼと虎と魚たち」 声優初挑戦の見取り図さんインタビュー

    2003年に妻夫木聡・池脇千鶴の主演で実写映画化もされた、芥川賞作家・田辺聖子の名作小説をアニメーション映画化。瑞々しく真っ直ぐな純愛の中、誰かを通じて自分とお互いを知って前に進む姿を、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交えて描き出す。監督は、『おおかみこどもの雨と雪』で助監督を務め、「ノラガミ」シリーズの監督を手掛けたタムラコータロー。脚本を桑村さや香、キャラクター原案を絵本奈央、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子が担当。アニメーション制作を、数多くの人気作を手掛けてきたボンズがが務める。(作品資料より)

    【プレゼント】

    「新 感染半島 ファイナル・ステージ」 全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト

    西宮市 RN.ひかさんほかのみなさん、おめでとうございます!