CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2020年11月27日(金) 16時57分 放送アーカイブ

    ショーン・コネリーを偲んで

    2020年11月26日 第259回オンエア

    番組を聴いてみよう!

     

    【マイシネマヒストリー】

    ショーン・コネリー追悼・・・になったのかな(笑)

    シネマパーソナリティー・津田なおみさんがたっぷり語りました!

     

    ショーン・コネリーはイギリスはエジンバラの労働階級の家庭に生まれ、牛乳配達やレンガ職人、棺を磨く仕事などを転々としながら、ボディビルに目覚める。
    サッカーもマンチェスター・ユナイテッドに声をかけられるなど、上手だったのですが、サッカーは選手寿命が短いと俳優を目指しました。

    最初はエキストラなどが多く下積みが長かったのですが007シリーズで一気にブレイクしました!

     

    【プレゼント】

    「燃ゆる女の肖像」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト

    ご希望の方は住所・名前・連絡先を書いてcinema@jocr.jpまで。11月30日必着。

  • 2020年11月20日(金) 14時29分 放送アーカイブ

    2時間3,800円 裸の心が充たされる場所「ホテルローヤル」

    2020年11月19日 第258回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    「ホテルローヤル」 監督 武正晴さんインタビュー

    映画『ホテルローヤル』(武正晴監督/主演:波瑠)が11月13日より全国公開となる。
    原作は、2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部を超える桜木紫乃の自伝的代表作。北海道の釧路湿原を背に建つラブホテルを舞台に、ホテルと共に大人になっていく一人娘雅代の目線を主軸に、ホテルを訪れる人々や従業員、経営者家族それぞれが抱える人生の哀歓をやわらかく描いた珠玉の人間ドラマだ。誰にも言えない本音や孤独を抱えた人々が、“非日常”を求め今日もそこを訪れる。身体も心もさらけ出した交歓がもたらす、少しの安らぎ・・・。欲望を満たすだけではなく、心までを優しく充たす場所で繰り広げられる人間模様は、幸せな瞬間は誰にも必ず訪れるという予感を感じさせる。
    原作者の桜木自身を投影したとされる主人公・雅代を演じるのは、ドラマ・映画と多彩な作品でその存在感を示す女優・波瑠。メガホンをとるのは、『百円の恋』や『嘘八百』、昨年のNetflix国内視聴ランキング1位を獲得した「全裸監督」など精力的な活動を続ける武正晴。脚本は、連続テレビ小説「エール」を手がけた清水友佳子。

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報②】


    手塚眞監督 手塚治虫先生によく似ていらっしゃいます!

    おっても穏やかで、丁寧にインタビューにおこたえいただいた監督。
    その雰囲気からは想像がつかないような、ある種の異界を表現した「ばるぼら」。

    出演者たちの個性にも大注目ですよ!

    手塚治虫が1970年代に「ビッグコミック」に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様ざまなタブーに挑戦した大人向け漫画「ばるぼら」を、手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化。異常性欲に悩まされている耽美派小説家・美倉洋介を稲垣吾郎、芸術家のミューズであり自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼらを二階堂ふみが演じる。監督は手塚治虫の実子であり『白痴』『ブラックキス』など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞、撮影監督をウォン・カーウァイ監督作品などの映像美で知られるクリストファー・ドイルが務める。(作品資料より)


    【プレゼント】

    「燃ゆる女の肖像」 全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト

    ご希望の方は住所・名前・連絡先を書いてcinema@jocr.jpまで。11月30日必着。

  • 2020年11月13日(金) 12時31分 放送アーカイブ

    『おらおらでひとりいぐも』

    2020年11月12日 第257回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    「エイブのキッチンストーリー」 オフィスリブラ 友清真衣さん

    イスラエル人の母とパレスチナ人の父を持つエイブ。文化や宗教の違いから対立する家族に悩まされる中、世界各地の味を掛け合わせた「フュージョン料理」を作るブラジル人シェフのチコと出会い、自分にしか作れない料理で家族を一つにしようと決意する。

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報②】

    「おらおらでひとりいぐも」 新通 萩原結花さん

    75歳で一人暮らしをしている“桃子さん”。1964年、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、身一つで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれ途方に暮れていた。しかし、ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうち、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声”が、ジャズセッションに乗せて内から外に湧きあがってきた!桃子さんの孤独な生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにか賑やかな毎日に変わっていく…。映画を撮ったことのない

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「STAND BY ME ドラえもん2」 全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト

    大阪市西淀川区 RN.ちーちゃんほかのみなさんおめでとうございます!


  • 2020年11月13日(金) 12時15分 放送アーカイブ

    『ホテルローヤル』 ケーちゃん「ラブホテルに行きたくなった!」 

    2020年11月5日 第256回オンエア

    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    「ホテルローヤル」 オフィスリブラ 友清真衣さん

    北海道、釧路湿原を背に建つラブホテル、ホテルローヤル。雅代は美大受験に失敗し、居心地の悪さを感じながら、家業であるホテルの仕事を手伝うことになる。アダルトグッズ会社の営業、宮川に淡い恋心を抱くも、何も言いだせずに黙々と仕事をこなす日々。しかしホテルには今日も、閉塞感を逃れ“非日常”を求めて様々な人々が訪れる。投稿ヌード写真の撮影をするカップル、子育てと姑の介護に疲れささやかな高揚を求める夫婦、行き場を失くした女子高生と妻に裏切られた高校教師。そんな中、ホテルの一室で心中事件が起こり、雅代たちはマスコミの標的に。さらに父・大吉が病に倒れ、家業を継ぐことになってしまった雅代は、初めて「自分の人生」に向き合う決意をする…。

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報②】

    「ビューティフルドリーマー」 新通 高畑陽子さん

    映画を撮ったことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが挑む“いわくつきの台本”の映画化…。彼らは無事クランクアップできるのか!?参加監督たちが日本映画界に多大な影響を与えた通称ATGこと日本アート・シアター・ギルドに着想を得て発起した、監督の作家性を最大限に活かす「監督絶対主義」で映画を制作する映画の実験レーベル「Cinema Lab」の第1弾作品。主演は新進女優の小川紗良。監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

  • 2020年10月29日(木) 21時52分 放送アーカイブ

    井ノ原快彦と道枝駿佑が親子を演じる話題作「461個のお弁当」

    2020年10月29日 第255回オンエア

    番組を聴いてみよう!

     

    【先読みシネマ情報】

    「461個のおべんとう」 監督 兼重淳さん電話インタビュー

    長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹。父を選んでくれた息子・虹輝が15歳と多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間、“3年間、毎日お弁当を作る!”“3年間、休まず学校へ行く”という大切な約束が生まれたのだった。

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報②】


    神戸アートビレッジセンター 映像担当 岡本酉子さん

    KAVCで11月上映予定の作品を紹介してくれた岡本さん。
    PRなんですが、天然トークはなかなか斬新でした(笑)

    各作品の詳細はこちら

    【プレゼント】

    「ホテルローヤル」 全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト

    大阪市旭区 RN.桃の虜さんほかのみなさんおめでとうございます!