CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2021年7月24日(土) 15時29分 放送アーカイブ

    今週は本来の内屋敷さん(笑)

    2021年7月22日 第293回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】
    NPO法人神戸まちかどシネ倶楽部 内屋敷保さん

    先週はちょっと真面目でしたが・・・

    内屋敷さんが上半期観たのは邦画68本、洋画62本!(うち新作7割くらい)
    「ザ・ファブル」「クワイエットプレイス」など前作を上回る作品が印象的。
    そして内屋敷の法則!テチ(平手友梨奈)出演映画にハズレなし!
    さらに、脚本の妙で言うと「花束みたいな恋をした」ですよね~。
    まだ神戸で公開されてませんが「アンダードッグ」(前後編合わせて4時間の大作)は傑作!

    語りつくせませんね~

     

    【先読みシネマ情報】

    エヌグローイング 村田黎月さん 「犬部」

    青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太・22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへ…。「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センター所長として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった…。

    作品詳細はこちら

     

    【プレゼント】

    「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。7月29日必着。

  • 2021年7月24日(土) 15時15分 放送アーカイブ

    上半期を振り返る予定が、縁側トークになりました(笑)

    2021年7月15日 第292回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    NPO法人神戸まちかどシネ倶楽部 内屋敷保さん

    ゲストは「エヴァンゲリオンの人」です(笑)なんと10回観たそうです。

    2001年上半期を振り返ると、やっぱり緊急事態にマンボウにと映画館にとっても
    ファンにとってもつらい時期でしたね。
    そんな中でのシン・エヴァ興行収入100億は偉業!

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報】

    元町映画館 酒見亮さん 大島渚監督の初期作「青春残酷物語」

    ゴダールやトリュフォーがけん引したヌーベル・バーグ、「真のヌーベル・バーグの始まりはこの作品」といわれるほど。

    現在、岩屋のBBプラザでジャック・ケルアック展開催中。
    同じ潮流の中にあった若者のカルチャーを象徴する作品として、
    「ケルアック展」と連動して元町映画館がチョイスしました。35ミリ上映です!

    作品詳細はこちら

     

    【プレゼント】

    「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。7月29日必着。

     

  • 2021年7月6日(火) 13時49分 放送アーカイブ

    ケーちゃんは天使に会ったことありますよ!「アジアの天使」

    2021年7月1日 第290回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    大手広告 北原祐樹さん 「スーパーノヴァ」

    スーパーノヴァとは星が寿命を迎えて爆発し、最後の輝きを放つ瞬間のこと。

    ピアニストのサムと作家のタスカーは、ユーモアと文化をこよなく愛する20年来のパートナー。ところが、タスカーが抱えた病が、かけがえのないふたりの思い出と、添い遂げるはずの未来を消し去ろうとしていた。大切な愛のために、それぞれが決めた覚悟とは…。

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報②】

    「アジアの天使」 監督 石井裕也さんにスペシャルインタビュー

    ケーちゃんは天使を見たことがあるんですよ!光の中に羽根がひらひら・・・
    ダウンジャケットから出たダウンだったのでは…いやいや(笑)

    ひとり息子の学を持つ青木剛は、病気で妻を亡くし、疎遠になっていた兄が住むソウルへ渡った。日本から逃げるように。「韓国で仕事がある」と兄から告げられていた剛だったが、兄の生活はその日暮らしで貧しく、想像していたものとは違った。ほとんど韓国語も話せない中、怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。一方、ソウルでタレント活動を行っているが、市場のステージで誰も聞いていない歌を歌う仕事しかないチェ・ソルは、所属事務所の社長と関係を持ちながら、自分の歌を歌えない環境やうまくいかない兄や妹との関係に心を悩ませていた。しかし、その時彼らはまだ知らない。事業に失敗した青木と兄、学たちと、資本主義社会に弾かれたソルと兄、妹たち…どん底に落ちた2つの家族が共に運命を歩んでいき、奇跡を目の当たりにすることを…。

    作品詳細はこちら

    最新の公開情報は作品公式HPや各劇場のHPをご確認ください。

     

  • 2021年6月17日(木) 22時12分 放送アーカイブ

    「クルエラ」、「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」

    2021年6月17日 第288回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    新通 岡本康典さん 「クルエラ」

    名物宣伝マン・岡本さんが初めてディズニー映画を紹介!
    今までのディズニーの概念を覆すような作品です!

    岡本さん流に言うと「ジョーカー」meets「プラダを着た悪魔」!

    ファッション・デザイナーを夢見てパンク・ムーブメント吹き荒れる1970年代のロンドンに降り立った少女エステラ。1日でも早くデザイナーになるため、身を削りながら切磋琢磨働き続ける。このままデザイナーへの道を歩んでいくと思われたエステラだったが、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネスとの出会いによって運命が大きく変わり、次第に狂気に満ち溢れた“クルエラ“の姿へと染まっていく…。

    詳しくはこちら

    最新の公開情報は作品公式HPや各劇場のHPをご確認ください。

     

    【先読みシネマ情報②】

    東宝マーケティング 木内美月さん 「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」

    長野オリンピック スキージャンプ団体金メダルの裏にあった物語。
    もう予告編観ただけで絶対泣くやつです!

    1998年長野五輪。日本スキージャンプチーム・通称“日の丸飛行隊”はラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。元日本代表・西方仁也。前回大会・リレハンメル五輪で西方は日本代表を牽引するも、エース原田のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓い、代表候補として有力視されながらも落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。そして、五輪本番。団体戦1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員の判断は「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものだった。

    詳しくはこちら

    最新の公開情報は作品公式HPや各劇場のHPをご確認ください。

     

  • 2021年6月10日(木) 21時59分 放送アーカイブ

    高校生は傭兵に入りたいお年ごろ?

    2021年6月10日 第287回オンエア
    番組を聴いてみよう!

     

    【マイシネマヒストリー】

    ラジオ関西ディレクター 佐々木孝昌さん「ワイルド・ギース」

    傭兵になりたくて、フランス外人部隊に入りたかったという佐々木青年が
    高校生の頃に観たという映画…。
    傭兵に入りたい年頃だったと、まるでみんなが通る道のように言いますが、
    そんなことはない…笑

    1967年、アフリカ大陸の某国で国民に絶大な信望をもつ黒人大統領リンバニが軍部指導者ヌドフ将軍にその地位を追われた。あわてたのは、ヌドフ独裁体制のもとで銅山も固有化されると聞いたマターソンだ。彼はこの国の銅山の権益を一手にしていたイギリスの大銀行家だ。早速リンバニをイギリスに亡命させようとするが、途中でヌドフ一派にハイジャックされ、アルジェリアへ連れこまれてしまう。それから二年後、中年のアメリカ人アレン・フォークナーがマターソンの邸へ招かれる。リンバニがまだ生きているので、もと陸軍大尉のフォークナーにリンバニ奪回作戦の指揮を依頼したのだ。

     

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報】

    神戸アートヴィレッジセンターKAVC 映像担当 岡本酉子さん 
    KAVCシネマ6月のみどころ!

    今月は全8作品を取り揃えました!

    詳しくはこちら

    最新の公開情報は作品公式HPや各劇場のHPをご確認ください。

    【プレゼント】

    「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    宝塚市 RN.ドライジャスミンさんほかのみなさんおめでとうございます!