CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2021年9月22日(水) 09時25分 放送アーカイブ

    ジョニー・デップが描く水俣病 映画「MINAMATA-ミナマタ-」

    2021年9月16日 第301回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】
    甲南女子大学専任講師
    シネマパーソナリティ 津田なおみさん

    神戸アートビレッジセンター25周年記念企画
    KAVCシネマ特集上映「世界のミフネ 三船敏郎」のみどころを
    お話ししてくれました!

    詳しくはこちら

    【先読みシネマ情報】
    新通 萩原結花さん 「MINAMATA₋ミナマター

    熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめた、写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスが1975年に発表した写真集「MINAMATA」を基に映画化。報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージンが、当時の妻アイリーンとともに水俣を訪れ1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。主人公のユーシンをジョニー・デップが演じる。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結した。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「僕と彼女とラリーと」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    尼崎市 RN.ないちっちさんほかのみなさんおめでとうございます。

  • 2021年9月13日(月) 17時42分 放送アーカイブ

    マーベルのニューヒーロー「シャン・チー/テン・リングスの伝説」

    2021年9月9日 第300回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】
    「君がいる、いた、そんな時。」
    監督 迫田公介さん  初の長編作品について語ってくれました!

    この作品の脚本も手掛けた迫田監督。実は12年ほど前に動き出した企画が、
    監督自身が鬱に悩まされ、まるで監督自身の人生とともにあるかのように
    出来上がった作品。

    フィリピン人と日本人のハーフの少年、小学6年生の岸本正哉は、クラスのいじめっ子たちから何かにつけてちょっかいを受けている。自分がハーフだからしかたないと諦め、抵抗することなくやり過ごしていたが、優しく見守ってくれる新任司書の山崎祥子と過ごす図書室を学校でのよりどころにしていた。正哉と同じクラスの放送委員の香山涼太は、DJカヤマと称して必死で校内放送をしていたが、皆に不評で空回りしており、クラスのなかでも浮いている存在だった。ある日、いつものように図書室に行った正哉は、涼太が祥子と楽しそうに話しているのを見つける。正哉はおもしろくないが、マイペースな涼太は企画している特別放送に二人を巻き込もうとする。正哉は乗り気ではないが、祥子は涼太の企画を手伝うという。祥子にはある秘密があり、その秘密を目にした涼太は、「僕には話してくれた」と正哉に話す。涼太の小さな嘘に、正哉は「僕には話してくれなかった」と傷つく。特別放送の日、とんでもない企画を実行した祥子は謹慎処分となる。そんな祥子を励まそうと、正哉と涼太はある計画を立てる……。

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報】
    ディズニー映画 塩崎綾さん 「シャン・チー/テン・リングスの伝説」

    かつて父が率いる犯罪組織で、子供の頃から苦しい修行の毎日だったシャン・チー。誰にも負けないほど“最強”の存在として鍛えられた彼は、組織の後継者になることを期待されていた。しかし、優しすぎる彼は、自ら戦うことを禁じ、その運命から逃げ出したのだった…。過去の自分を捨て、アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていくはずだったシャン・チー。しかし悪に染まった父が伝説の腕輪<テン・リングス>を操り世界を脅かす時、シャン・チーは遂に封印していた力を解き放してしまう…。

    作品詳細はこちら

  • 2021年9月7日(火) 14時37分 放送アーカイブ

    先読みシネマ情報「浜の朝日の嘘つきどもと」

    2021年9月2日 第299回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    オフィスリブラ 友清真衣さん 「浜の朝日の嘘つきどもと」

    100年近くの歴史を持つ映画館「朝日座」。シネコンと呼ばれる複数のスクリーンを持つ複合映画館が活況を見せる中、主に旧作映画を上映する名画座として、地元住民の思い出を数多く育んできた。時代の流れには逆らえず、支配人の森田保造はサイレント映画『東への道』をスクリーンに流しながら、ついに決意を固める。ほどなく、一斗缶に放り込んだ35mmフィルムに火を着けた瞬間、森田の背後からその火に水をかける若い女性が現れた。茂木莉子と名乗るその女性は、経営が傾いた「朝日座」を立て直すため、東京からやってきたという。しかし、「朝日座」はすでに閉館が決まり、森田も打つ手がないと決意を変えるつもりもない。地域に密接した映画館を守ろうとする都会の人間と、積年の思いを断ち切り閉館を決めた支配人。果たして「朝日座」の運命やいかに…。

    作品詳細はこちら

     

    【忘れた頃のお便り特集】
    いつもまとめて紹介ですみません!!!!

    それでもお便り、待ってますよ~

    【プレゼント】

    「浜の朝日の噓つきども」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    神戸市西区 RN.ハンチャンさんほかのみなさんおめでとうございます!