CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

CINEMA-EYE RADIO

番組内容

この番組は、神戸の歴史と今を未来へと伝えるシネマ・アイの活動紹介や最新の映画情報を中心に、リスナーのみなさんの映像ライフをより一層楽しく豊かにすることを目指します。

最新の映画情報やプレゼントもありますよ!
今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

提供:CINEMA-EYE / LIBERRA

  • 2022年2月24日(木) 21時30分 放送アーカイブ

    新作紹介 『シラノ』『ドリームプラン』

    2022年2月24日 第324回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】 

    「シラノ」 東宝東和 山内萌さん

    1897年の初演以降、世界各地で幾度となく上演され、映画化・ミュージカル化されている名作「シラノ・ド・ベルジュラック」を、『プライドと偏見』『つぐない』のジョー・ライト監督が壮大なスケールで再構築したロマンティックなミュージカル・ムービー。主人公のシラノを演じるのは、「ゲーム・オブ・スローンズ」でエミー賞やゴールデングローブ賞などに輝いたピーター・ディンクレイジ。ヒロインのロクサーヌを『マグニフィセント・セブン』などで知られる若手女優ヘイリー・ベネット、ロクサーヌが片想いをするクリスチャンをケルヴィン・ハリソン・Jr.が演じる。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報②】 

    「ドリームプラン」 ワーナー・ブラザーズ映画 上田由季子さん

    リチャード・ウィリアムは、TVで優勝したテニスプレイヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て、「子どもを最高のテニスプレイヤーにしよう!」と決意。テニス未経験にも関わらず、独学でテニスの教育法を研究し、78ページにも及ぶ成功への計画書を作成。誰もが驚く常識破りの“ドリームプラン”を実行した。ギャング蔓延るロサンゼルス郡南部・コンプトン市の公営テニスコートで、リチャードは途方もない苦難、周りからの批判を受けながらも、数々の問題を乗り越え、娘たちを史上最強のプロテニスプレイヤーに育て上げていく…。

    作品詳細はこちら

     

    【プレゼント】

    「SING/シング:ネクストステージ」全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。3月10日必着。

  • 2022年2月17日(木) 21時38分 放送アーカイブ

    話題満載!『ウェスト・サイド・ストーリー』

    2022年2月17日 第323回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    映像ディレクター 北岡秀之さん

    60年代後半から70年代にかけて制作されたアメリカンニューシネマが大好き。
    ベトナム戦争の反戦運動などから生まれたカウンターカルチャーを反映し、
    若者たちの反体制、反社会的な生き方を描いた作品が多い。

    わりと悪人やアウトローばっかり出てくる・・・

    そして最後は銃によって死のラストを迎えることが多い・・・

    アメリカの持つ自由を求める力とそれを拒絶する現実が
    エンターテイメントの中に描かれる。

    「ゲッタウェイ」「タクシードライバー」など

    【先読みシネマ情報】 

    「ウェスト・サイド・ストーリー」 ディズニー映画 塩崎綾さん

    1957年ニューヨークを舞台にジェットとシャークの敵対する2つの非行グループの闘争の中、許されざる恋に落ちる様を描いた不朽のミュージカル作品『ウエスト・サイド物語』を、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督がリメイク。主人公のトニーを『ベイビー・ドライバー』で一躍注目を集めた若手実力派俳優アンセル・エルゴート、ヒロインのマリア役を17歳の新人レイチェル・ゼグラーが演じる。(作品資料より)

    【プレゼント】

    「THE BATMAN-ザ・バットマン」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    愛知県半田市 RN.ちょこりんさんほかのみなさんおめでとうございます!

  • 2022年2月10日(木) 21時30分 放送アーカイブ

    映画『夕方のおともだち』 村上淳スペシャルインタビュー

    2022年2月10日 第322回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    映像ディレクター 北岡秀之さん
    60年代後半から70年代にかけて制作されたアメリカンニューシネマが大好き。
    ベトナム戦争の反戦運動などから生まれたカウンターカルチャーを反映し、
    若者たちの反体制、反社会的な生き方を描いた作品が多い。

    「俺たちに明日はない」「明日に向って撃て」「イージー・ライダー」など

    【先読みシネマ情報】

    俳優 村上淳さんインタビュー 映画
    「夕方のおともだち」(ヨシダヨシオ役)

    ヨシダヨシオは、寝たきりの母親と暮らし、市の水道局に勤める、一見まじめな男。その一方で、筋金入りの“ドM”な一面を持ち、夜になると自分が住んでいる街で、ただ一軒のSMクラブの“女王様”ミホの元に通い詰めている。しかし、このところ、なぜかプレイに身が入らずにいた。理由は、ヨシオをこの世界に目覚めさせ、彼の前から突然姿を消した“伝説の女王様”ユキ子が忘れられず、いつもどこかで彼女の残像を追いかけながら暮らしていたからだと気づき始める。そんなある日、太陽の下、ミホと釣りに出かけたヨシオは思いがけない場所でユキ子を見かけ、ミホを置き去りにして必死に追いかけるが…。

  • 2022年2月3日(木) 21時42分 放送アーカイブ

    『日高線と生きる』『ザ・ユナイテッド・ステイツvsビリー・ホリデイ』

    2022年2月3日 第321回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】

    2/5元町映画館にて公開 映画「日高線と生きる」 監督 稲塚秀孝さん

    3月末に廃止されたJR日高線鵡川―様似間(116キロ)の沿線で暮らすコンブ漁師やイチゴ農家、種馬の牧場主、高校生らを取材。同線と地域住民の関わりや同区間廃止をめぐる議論などを約90分にまとめた。

    北海道の南、苫小牧から様似まで全長146.5kmを結ぶ日高線。2015年の高波被害による土砂流出で全線の8割に当たる鵡川から様似が不通となり、復旧されることなく2021年4月に廃線となりました。自分たちの力で鉄路活用を目指す沿線に住む人々の姿を、美しい四季の風景と共に記録したドキュメンタリー『日高線と生きる』。

    本作の公開を記念して、元町映画館では稲塚秀孝監督による舞台挨拶も開催します。

    2/5(土) 10:30の回上映終了後(詳細は元町映画館のHPをチェック)

     

    【先読みシネマ情報②】 

    「ザ・ユナイテッド・ステイツvsビリー・ホリデイ」 大手広告 北原祐樹さん

    「ビリー・ホリデイを止めろ!彼女の歌声が人々を惑わせる」。1940年代、人種差別の撤廃を求める人々が、国に立ち向かった公民権運動の黎明期。アメリカ合衆国政府から、反乱の芽を叩きつぶすよう命じられたFBIは、絶大なる人気を誇る黒人ジャズシンガー、ビリー・ホリデイにターゲットを絞る。大ヒット曲「奇妙な果実」が運動を扇動すると危険視し、黒人の捜査官ジミー・フレッチャーをおとり捜査に送りこんだのだ。だが、逆境に立てば立つほど、ビリーの圧巻のステージパフォーマンスは輝きを増し、肌の色や身分の違いを越えて全ての人を魅了する。やがてジミーも彼女に心酔し始めた頃、FBIが仕掛けた罠、そしてその先に待つ陰謀とは…。

    【プレゼント】

    「ドリームプラン」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    京都市 RN.とらさんほかのみなさんおめでとうございます!