CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2022年3月25日(金) 17時14分 放送アーカイブ

    映画『三度目の、正直』スペシャルインタビュー

    2022年3月24日 第328回オンエア
    番組を聴いてみよう!

     

    【先読みシネマ情報 スペシャルインタビュー】 

    映画『三度目の、正直』 監督 野原位(ただし)さん

    月島春は、パートナーの連れ子・蘭がカナダに留学し、言い知れぬ寂しさを抱えていた。そんな時、公園で記憶を失くした青年と出会う。過去に流産も経験している春は、その青年を神からの贈り物と信じ、今度こそ彼を自らの傍らで育てたいと願う。一方、春の弟・毅は音楽活動を続けている。その妻・美香子は精神の不安を抱えながら、4歳の子を育て、毅の創作を献身的に支えていた。それぞれの秘めた思いが、神戸の街を舞台に交錯する。

    神戸を舞台に、続く人生を生きる人々のもう一つの新たな物語。主人公・春を演じるのは、『ハッピーアワー』で主役の一人を演じた川村りら。子どもを育てたいと切に願いながら、どこか狂気を宿した女性を鮮烈に演じる。また、神戸出身の孤高のラッパー・小林勝行が俳優に初挑戦。自身を投影した役柄で、劇中でもライブを披露するなど、無骨ながら生々しい演技を披露しているのも見どころ。監督は『スパイの妻』『ハッピーアワー』の共同脚本を務め、本作が初監督作となる野原位。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

  • 2022年3月20日(日) 16時19分 放送アーカイブ

    映画『麻希のいる世界』スペシャルインタビュー

    2022年3月17日 第327回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    構成作家 マット西村さん

    今週もジェームズ・キャメロン監督を語りました!
    はずせない「タイタニック」です!

    【先読みシネマ情報 スペシャルインタビュー】 

    「麻希のいる世界」 俳優 窪塚愛流さん/日髙麻鈴さん/新谷ゆづみさん

    重い持病を抱え、ただ“生きていること”だけを求められて生きてきた高校2年生の由希は、ある日、海岸で麻希という同年代の少女と運命的に出会う。男がらみの悪い噂に包まれた麻希は周囲に疎まれ、嫌われていたが、世間のすべてを敵に回しても構わないというその勝気なふるまいは由希にとっての生きるよすがとなり、ふたりはいつしか行動を共にする。ふと口ずさんだ麻希の美しい歌声に、由希はその声で世界を見返すべくバンドの結成を試みる。一方で由希を秘かに慕う軽音部の祐介は、由希を麻希から引き離そうとやっきになるが、結局は彼女たちの音楽づくりに加担する。彼女たちの音楽は果たして世界に響かんとする。しかし由希、麻希、祐介、それぞれの関係、それぞれの想いが交錯し、惹かれて近づくほどに、その関係性は脆く崩れ去る予感を高まらせ…。

    『害虫』『さよならくちびる』の塩田明彦が監督を務める青春ドラマ。元さくら学院の新谷ゆづみ、日高麻鈴によるW主演。『さよならくちびる』で二人と出会った塩田監督が、その魅力を最大限引き出すため彼女たちを想定して書いたオリジナル脚本を見事に演じきった。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「モービウス」全国共通劇場鑑賞券 提供:シネマクエスト
    堺市 RN.野球好きさんほかのみなさんおめでとうございます!

  • 2022年3月11日(金) 11時36分 放送アーカイブ

    ジェームズ・キャメロン初監督は「殺人魚」!?

    2022年3月10日 第326回オンエア
    番組を聴いてみよう!

     

    【マイシネマヒストリー】

    構成作家 マット西村さん

    ジェームズ・キャメロン監督を語る!
    マットさんが初めて友達と観に行った映画が「殺人魚フライングキラー」
    友達は「なんじゃこの映画?」と言ったけど、マットさんは没頭!
    実はこれが初監督作品でした!

    【先読みシネマ情報】 

    「ウェディング・ハイ」  松竹ナビ 鳩野香織さん

    結婚式、それは新郎新婦にとって人生最大のイベント。お茶目だけど根は真面目な石川彰人と、いつも明るい新田遥のカップルも、担当ウェディング・プランナーの中越に支えられながら準備を済ませ、ようやく式当日を迎えていた。しかし…結婚式に人生を賭けていたのは2人だけじゃなかった!?新郎新婦の紹介VTRや主賓挨拶、乾杯の発声など、結婚式お決まりの演目に並々ならぬ情熱を注ぐ参列者たち。熱すぎる思いが暴走し、式は思わぬ方向へ…。中越は新郎新婦のSOSを受け、披露宴スタッフと力を合わせ様ざまな問題を解決しようと奔走する。しかし、更に式場に遥の元カレや、招かれざる闖入者も現れて…。

    作品詳細はこちら

     

  • 2022年3月4日(金) 19時20分 放送アーカイブ

    新作紹介 『余命10年』『アンネ・フランクと旅する日記』

    2022年3月3日 第325回オンエア
    番組を聴いてみよう!

     

    【先読みシネマ情報】 

    「余命10年」  ワーナー・ブラザーズ映画 上田由季子さん

    小坂流加のベストセラー恋愛小説を映画化。茉莉役を演じるのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『糸』の小松菜奈。原作小説の著者・小坂流加は、茉莉と同様に難病を抱え本作の文庫化を待たずして亡くなっており、著者の遺した想いを引き継ぎ、全身全霊で演じる。そして茉莉と恋に落ち、茉莉を変えていくきっかけを作る若者・和人役には、連続テレビ小説にも出演し精力的に活動の幅を広げる坂口健太郎。監督は『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人。(作品資料より)

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報②】 

    「アンネ・フランクと旅する日記」 オフィスリブラ 横山彰人さん

    現代のオランダ・アムステルダム。激しい嵐の夜、博物館に保管されているオリジナル版「アンネの日記」に異変が起きた。突然、文字がクルクルと動き始めて、キティーが姿を現したのだ!時空を飛び越えたことに気づかないキティーだったが、日記を開くと過去へさかのぼってアンネと再会を果たし、日記から手を離すとそこには現代の風景が広がっていた。目の前から消えてしまったアンネを探して、キティーは街を疾走する…。

    作品詳細はこちら

     

    【プレゼント】

    「SING/シング:ネクストステージ」全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方は住所・名前・連絡先と希望賞品を書いてcinema@jocr.jpまで。3月10日必着。