CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

  • 2020年3月5日(木) 21時56分 放送アーカイブ

    「Fukushima50」火野正平さんスペシャルインタビュー

    2020年3月5日 第221回オンエア


    火野正平さんは日本酒が大好きだとか!

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    シネマコミュニケーター 森川みどりさん

    今週もアカデミー賞についてたっぷり語っていただきました!
    といっても今回は今年の受賞作ではなく、そもそもアカデミー賞ってどんな賞?
    というところをしっかり教えていただきましたよ!


    【先読みシネマ情報】

    「Fukushima50フクシマフィフティ」 俳優 火野正平さんスペシャルインタビュー

    2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震が発生。全てが想定外の大地震が引き起こした太平洋からの巨大津波は福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源を失ったことで原子炉の冷却が不可能となり、原子炉建屋は次々に水素爆発を起こし、最悪の事態メルトダウンの時が迫りつつあった。1・2号機当直長の伊崎は次々に起こる不測の事態に対して第一線で厳しい決断を迫られる。所長の吉田は現場の指揮を執りつつ、状況を把握していない本社とのやり取りに奔走。緊急出動する自衛隊、そして“トモダチ作戦”の発動とともに米軍もついに動く。福島第一を放棄した場合、避難半径は250km、対象人口は5,000万人…その中で現場に残り続けた約50人の作業員を、海外メディアは“Fukushima 50”と呼んだ。

    火野正平さんはあの過酷な状況を戦った皆さんに「恥をかかさないように演じた」と語ってくれました。
    作品への熱い思いとともに、素顔のお茶目な火野さんのトークもお楽しみに!

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「ドクター・ドリトル」全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト

    神戸市北区 RN.タミーさんほかのみなさんおめでおとうございます!

    作品詳細はこちら