CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

  • 2018年7月31日(火) 21時29分 災害・防災情報

    豪雨被災地 倉敷市真備町へ

    池田奈月です。

    7月27日(金)
    ひょうごボランタリープラザ主催の、災害ボランティアバスに参加しました。
    訪れたのは、平成30年7月西日本豪雨被災地の岡山県倉敷市真備町です。

    今回の参加者は、当初予定を超える36人でした。
    「兵庫県 ボランティア」と書かれた青いビブスを着用。
    ボランタリープラザ所長であり、
    この番組のコメンテーターでもある高橋守男さんの挨拶や
    注意事項の確認のあと、一路 真備町へと向かいました。
      

    発災から約3週間。
    倉敷市災害ボランティアセンターは、個人や団体が列をなしていました。

    町は、未だ復旧の目途が立たず。

    私たちの班は、1階天井まで浸水した
    Mさん宅の庭周りの土砂の取り除き作業を担当しました。
    漂う悪臭こそほとんどありませんでしたが、
    灼熱の太陽に照らされ続ける道路や
    屋内には乾ききった泥がこびり付いて固まり、車や人が通るたび粉塵に。
    がらんどうになったお家の土壁は溶け出して枠だけとなり、
    干からびた草が欄間、カーテンレール、はがれたかけた天井にまで
    ペッタリとへばり付いていました。

    川沿いには夥しい量の〈災害ごみ〉。


    とても平常の生活を営める状況ではありません。
    Mさんご一家の気丈なご様子にこちらが励まされるほどでした。

    7月27日に岡山へ入ったボランティアは、平日ということもあり約800人。
    発災当初に比べると減少しているそうです。
    既に認識されていることではありますが、
    長期にわたる支援の必要性を改めて強く感じました。

    平成30年7月西日本豪雨に際し、ひょうごボランタリープラザでは
    兵庫県のカウンターパート先である岡山県に
    30回のボランティアバスを運行する予定です。(7月27日は第2回)

    これから参加予定の方、参加したいけれど初めてなどの理由で不安な方、
    番組内でのレポートでその辺りのこともお話しましたので、
    ラジコタイムフリーでお聴きください。
    ↓↓↓
    時間です!林編集長 | ラジオ関西 |
    2018/07/30/月 15:00-16:00 

    もちろん、現地を訪れずともできる支援もあります。
    まずは心に留め続けること、これを忘れずに・・・。