CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・淡路(木):播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(水):被災地をはじめ、支援を行っている人たちに話を聞き、私たちに何ができるかを考えます。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題を担当者などに聞きます。

  • 2018年1月9日(火) 17時28分 つながる神戸から

    神戸の壁の保存運動に取り組んでいるリメンバー神戸プロジェクト

    リメンバー神戸プロジェクト 代表 / 現代美術家 三原泰治さん
    スタジオにお越しいただきました!

    三原さんは以前コーナーにもご出演頂いていました⇒その時のブログ

    ●16日~震災から23年間の保存活動を物語にした展示
    神戸市中央区にあるジュンク堂書店三宮店にて、
    震災から23年間の保存活動の様子を物語として描いたペン画を23枚にして展示されます。
    また、17日には淡路市ペン画を使った影絵も披露されます。

    ●詳しくはこちらのページをご覧ください⇒こちら!

  • 2017年12月27日(水) 20時21分 つながる神戸から

    熊本市にある世安湯が復活!

    先頭 世安湯の店主 / 熊本県公衆浴場業生活衛星同業組合 事務局長
    坂崎友治さんに電話でお話伺いました。

    ●世安湯が復活!
    熊本地震により熊本県にある様々な銭湯も被災しました。
    その中で創業88年の銭湯「世安湯」が11月に約1年7ヶ月ぶりに営業を再開されました。

    その店主坂崎さんは熊本県の銭湯の無料入浴支援や
    銭湯の災害対策マニュアルの作成などにも協力されています。

    ●世安湯のHPは⇒こちら

    ●お知らせ●
    次回から『つながる神戸から』は火曜日にお引越し!
    ちなみに次回のコーナーは1月9日15時30分~

  • 2017年12月20日(水) 21時20分 つながる神戸から

    震災で焼け残った「神戸の壁」

    リメンバー神戸プロジェクト 代表 / 現代美術家
    三原泰治さんに電話でお話伺いました。

    ●震災の消えた傷跡と神戸の壁遺構達の写真展
    震災から23年経った今、当時がどういった状況だったのかを
    三原さん自身が震災直後に取った写真と去年尾写真を
    156点、パネルに28点にしてコメントも添えて展示されています。

    三原さん自身、形のない伝聞など忘れられてしまう状況に危機を感じ、
    遺構の大切さを改めて考えてほしいという思いから行われたそうです。

    ●震災の消えた傷跡と神戸の壁遺構達の写真展
    期間:来年1月31日まで
    会館時間:午前9時~午後5時
    入場料:無料
    電話番号:0799-82-3020まで

    1月8日には神戸の壁のライトアップも行われるそうです。

    ●これまでのつながる神戸からは⇒こちら

  • 2017年12月13日(水) 19時54分 つながる神戸から

    岩手県陸前高田市の事業「思い出の品の返却」

    一般社団法人 三陸アーカイブ減災センター 代表理事 
    「陸前高田市思い出の品」代表 秋山真理さんにお話伺いました。

    ●思い出の品の返却

    東日本大震災の津波の影響で家や車などが流されてしまいました。
    その際、流されたものの中から見つかった「思い出の品」を返却する活動を行われていました。

    この事業、国の予算で行っていたんですが、終了し、その後も市の予算で委託事業として
    続けられていましたが、財政状況から予算確保が出来なくなり、
    先月末に事業が終了してしまいました。

    時間が経ち、ようやく気持ちの整理がついて探す気になった方活動をニュースなどで知った方など
    まだまだこれから、思い出の品の返却を求める声もあるそうです。
    そのため、今、事業を再開できるように
    クラウドファンディングやマンスリー会員の準備をされています。

    詳しいお問い合わせなどは、
    一般社団法人 三陸アーカイブ減災センター
    電話番号:0192-47-4848まで
    また、HPもありますので、是非一度ご覧下さい⇒こちら!

     

  • 2017年11月29日(水) 19時55分 つながる神戸から

    九州北部豪雨の被災地、大分県日田市の現状

    今回のつながる神戸からは、
    コメンテーターの石田裕之さんに
    先日行かれた大分県日田市についてお話伺いました。

    石田さんはパーマネントフィッシュのKAZZさんと
    防災・減災をコンセプトにした
    ユニットBloom Worksとしても活動されているんですが、
    今回大分県に慰問コンサートをしにユニットで行かれたそうです。

    九州北部豪雨の影響で日田市で被害を受けた方々は
    今回の被害では仮設住宅ではなく
    空き家を活用して、いち早く避難することができる
    みなし仮設に被災された方はバラバラに避難されています。
    ただ、このみなし仮設は、個人情報の壁によって
    誰がどこに住んでるのか支援団体の方が把握するのが非常に難しいんです。
    こういった今、日田市で起こっている問題についてお話して頂きました。

    詳しい内容はぜひradikoでお聞き下さい!⇒こちら!

    その日田市では梨の名産で石田さんが
    スタジオに現地の方に頂いた豊里という梨をスタジオに持ってきてくれました!

     

    とても大きくてビックリ!!!

    ぜひ、大分県日田市へ行ってこの梨を味わってみて下さい

    前回のつながる神戸からはこちら!⇒こちら!