CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2019年1月22日(火) 17時03分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    謎に包まれた三木城を再現!高齢者大学の学生ら

    三木市にかつてあった
    戦国時代の城、三木城。
    歴史の舞台として脚光をあび、悲しい歴史もあった城です。
    今は、石垣が残る三木城ですが、
    一体どんなお城だったのか、
    あまりよくわかっていないそう。

    そんな、謎に包まれた三木城の姿を
    模型で表した
    三木城再現模型を創る会の
    会長 勝丸桂二郎さん、
    企画・設計担当の上原守さん
    お電話をつないでお話を伺いました!

    お問い合わせは…
    三木市高齢者大学

    0794-88-2550

  • 2019年1月21日(月) 15時53分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    三田で新しい試み「募金百貨店」!

    この度、
    三田市内のお店5店舗が、
    新しい形の募金活動「募金百貨店」
    スタートさせました!

    ということで、
    きょうは、
    三田市社会福祉協議会の
    浜田明日香さんとお電話をつないで
    お話を伺いました!

     

    募金百貨店とは、
    参加店舗の特定の商品やサービスの売上に応じて、
    一定の金額が寄付されるというもの。
    お店や企業にとっては、
    「地域のためになる商品」をアピールしながら、
    福祉活動を応援することができ、購入者にとっては
    日頃のお買い物が地域支援となる取り組み。

    三田市では初めての試みで、
    去年から参加店の募集をはじめ、
    今月から3月末までの期間限定で
    開催中です。

    < 詳しくは、こちらのページ >

  • 2019年1月16日(水) 15時55分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    手作りの陶器の兜でこどもの日をお祝いせーへん?

    5月5日の子どもの日。
    子どもたちの健やかな成長を
    願って五月人形や
    兜などを飾るご家庭も多いのでは。
    その兜を手作りで、尚且つ、陶器で作れる
    教室があるということで、
    小野市の「あお陶遊館アルテ」の
    館長 清水雅之さんとお電話をつないで
    お話を伺いました!

    クッキーの型抜きのようにして、
    兜の部品を作り、組立てて
    焼き上げるという、
    初心者でもできる手順で楽しく作れるそう。

    高校生以上で、小野市の方なら1500円で受講できます!
    申込期限は、1月24日(木)

    < 詳しくはコチラ >

  • 2019年1月15日(火) 15時55分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    被災地をつなぐ「さをり織り」

    災害を忘れないように
    「さをり織り」という織物を通じて
    活動している団体
    者支援団体「ツナミクラフト」

    代表 東山高志さんにお越しいただき、
    お話を伺いました!

    「被災地をつなぐ さをり織り」は
    「たて糸は被災地、よこ糸はみなさん」という
    キャッチフレーズのもと、
    3000人を超える人々の手により
    リレー形式でさをり織りを織り続けています
    現在、450mを突破。

    国内外の被災地の方の手によって織られ続ける
    ひとつの布。

    「織る」ということに集中することで、
    被災地での大変なおもいをした
    乱れた心や頭の中を整理する
    力もあるよう。

    これからも、ぐんぐんと長く、
    人々の想いを織り込んでいきます。

     

  • 2019年1月14日(月) 15時55分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    地域の話題ピックアップ!

    祝日の今日は、
    神戸新聞の地域版から、
    地域の話題をピックアップ!

    ピックアップしたのは・・・

    「北播」から…
    「 タコグッズ置くと合格(パス) 」
    明石観光協会が合格祈願グッズを販売!

    「姫路」から…
    「 播磨の日本酒 魅力知って 」
    22日姫路、飲食店向けセミナー開催

    「西播」から・・・
    「阪神・淡路」や県西・北部豪雨教訓
    防災考えるつどいを来月9日作用で開催。