CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2018年12月13日(木) 17時12分 淡路ピックアップニュース

    淡路のうまいもん:特産”たまねぎ”が一玉まるっと入ったレトルトカレー

    今回の淡路ピックアップニュースは

    【淡路のうまいもん:特産の玉ねぎが一玉まるっと入ったレトルトカレー】

    道の駅うずしおなどを運営する「うずのくに南あわじ」が
    約1年前から玉ねぎ1玉をそのままの形で入れたレトルトカレーの商品を企画。

    発売にかけて難しかったポイントは
    玉ねぎ一玉の形を残したまま商品化するところだったそうですが、
    煮込む際に125度まで一気に温度を上げる事で、ようやく丸ごと残すことに成功したそうです。

    こちらの商品は11月18日から販売を開始。
    11月30日までで380個がすでに売れ、一気に一番人気の商品になったとのこと。

    販売は、「道の駅うずしお」、または「うずの丘大鳴門橋記念館」
    価格は、1個648円(税込み)

  • 2018年12月6日(木) 17時30分 淡路ピックアップニュース

    淡路のニュース:新装オープン!洲本観光案内所!!

    今回は初登場!

    神戸新聞 淡路総局 デスク 荒川克明さんに電話でお話を伺いました

    【淡路のニュース:新装オープン!洲本観光案内所】

    これまで洲本高速バスセンター内の奥まった場所にあった洲本観光案内所。
    こちらがバスセンター内の正面入り口付近に移り、新装オープンしました!

    観光案内所は1999年にオープン。
    観光名所や宿泊施設、地図やパンフレットなども置いて
    観光に来られたお客さんを対応していました。

    ただ、来島したお客さんが訪れても利用されにくいという状況。

    そこで、今回入り口付近のスペースに空きができたため移転を気決定!
    新たにできた案内所は、窓口を広くとっているため、
    明るい雰囲気に生まれ変わり、観光客を出迎えてくれるようになったとのこと。

    当日、お宿を探している方やレンタルサイクルの貸し出しなどにも対応してくれます。

    営業時間は午前9時~午後5時。

     

  • 2018年11月29日(木) 17時09分 淡路ピックアップニュース

    大阪万博誘致に尽力・松本関経連会長、講演会も予定

    神戸新聞 淡路総局 総局長 坂本竜之介さんにお話しいただきました。

    【淡路のニュース:大阪万博誘致に尽力・松本関経連会長】

    2025年国際万博博覧会、通称:万博の開催地が、大阪開催にきまりました!
    その誘致に尽力したひとり、須本出身の関西経済連合会会長・松本正義さん

    その松本さんの講演会が12月11日に開催!

    『神戸新聞創刊120周年記念 淡路政経懇話会公開講演会』
    住所:ホテルニューアワジ3階シーサイドホール
    申込期間は12月4日まで
    ご希望の方は、お名前、電話番号(携帯電話)、住所を記入して、はがきかFAXで
    FAX番号:0799-23-1169
    住所:〒656-0026 洲本市栄町-3-5 中野ビル西館301
             神戸孫文淡路総局内 淡路政経懇話会事務局

  • 2018年11月22日(木) 17時33分 淡路ピックアップニュース

    淡路島なるとオレンジを使った新商品開発!:淡路のうまいもん

    今回の淡路ピックアップニュースは、

    淡路総局 記者 西井由比子さんにお話を伺いました

    【淡路のうまいもん:淡路島なるとオレンジを使った新商品開発!】

    「鳴門オレンジ」から「淡路島なるとオレンジ」に名前を変えた淡路島特産の幻の果実。
    こちらを使った新商品の試食会が10月31日に淡路県民局で行われました。

    およそ40社がおよそ100種の「淡路島なるとオレンジ」を使った商品を開発。
    商品には、なるとオレンジの実や皮をふんだんに練り込んだスイーツや、
    だしに果汁を使った鍋料理などなど。

    出品業者の方は、この試食会でのアンケート調査をもとに改良を加えて、
    来年4月にお披露目を目指すとの事。

    どんな、美味しい商品が登場するのか来年の春が待ち遠しいですね~~~~♪

     

  • 2018年11月8日(木) 17時48分 淡路ピックアップニュース

    おにぎりの具でナンバー1「激ウマ鱧にぎり」

    今週の淡路ピックアップニュースは

    神戸新聞 津名支局 記者 内田世紀さんにお話をうかがいました。

    【淡路のうまいもん:激ウマ鱧にぎりが「第8回具-1グランプリ」優勝】

    淡路市産の食材を使ったおにぎりのアイデアを競う「第8回具-1グランプリ」

    このグランプリが3日に淡路氏の国営明石海峡公園で行われておよそ330人が11品を試食して、どれが一番かを競いました。

    今年は391点の応募があり書類審査後、11品が決勝に!

    見事、優勝に輝いたのが洲本実業高校1年の山さんが考えた

    「激ウマ鱧にぎり」

    身が詰まった淡路のハモをPRしたかったという理由から発案。

    とても美味しそうなおにぎり!実際に食べてみたいですね~♪