CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2019年12月5日(木) 17時29分 淡路ピックアップニュース

    淡路のええとこ:創立30周年を迎えた”淡路市立香りの公園”、記念イベントを開催!

    12月5日の淡路ピックアップニュースでは、
    淡路のええとこ創立30周年を迎えた淡路市立香りの公園、記念イベントを開催!
    の話題を、神戸新聞 津名支局 内田世紀記者にお話を伺いました。

    11月に創立30周年を迎えた”淡路市立香りの公園”
    ここで30日にお祝いのイベント「つないだ香り30年~五感楽しむフェスティバル」が開かれました。

    イベントでは、オレンジやローズマリーなどの
    エッセンシャルオイルに配合する香水作りやハーブティーの試飲など、
    嗅覚、味覚、視覚などの五感をテーマにワークショップが開催。

    公園でイベントを楽しむ姿をたくさん見ることができたとのこと。

    この30周年を迎えた公園は、
    これまで淡路島内で2回開かれた全国ハーブサミットなどの舞台になりました。
    というのも、敷地内では、香りの強いハーブや樹木58種を植栽。

    ぜひ、香りを味わいにおでかけしてみては?

  • 2019年11月28日(木) 17時34分 淡路ピックアップニュース

    淡路のおもろいもん:”幻のみこし”が鳥飼八幡宮で特別公開(洲本市)

    11月28日(木)の淡路ピックアップニュースでは
    淡路のおもろいもん幻のみこし、50年ぶりに公開について、
    神戸新聞 淡路総局 吉田みなみ 記者にお話を伺いました。

    ”幻のみこし”が12月1日より公開!
    洲本市五色町にある鳥飼八幡宮で、幻のみこしが12月1日より特別公開されます。
    なぜ、幻のみこしなのか・・・
    それは、地元でもその姿を見たことがある人が少ないということから。

    鳥飼八幡宮は、石清水八幡宮の淡州鳥飼別宮として860年ごろに建てられました。
    今回、特別公開されるみこしは、1150年に近衛天皇の母である美福門院が
    石清水八幡宮に奉納した15基のうちの1基と言われています。

    貴重なみこしを見に行かれてみては

  • 2019年10月31日(木) 22時42分 淡路ピックアップニュース

    淡路のおもろいもん:淡路島内のロケ地を巡るガイドマップ本完成

    神戸新聞 淡路総局 上田勇紀 記者にお話を伺いました

    淡路のおもろいもん淡路島内のロケ地を巡るガイド本完成

    淡路島では映画やテレビドラマのロケ地となった場所が各地に存在します。そこで、その名所を紹介したガイド本「あわじシネマぶらり」が完成しました。

    例えば、8月に公開された映画「引っ越し大名!」2013年に公開された映画「夏の終り」など島内3市の合計10か所を盛り込んだガイドブックとなっています。

    詳しくは、淡路フィルムオフィスのHPへ
    https://awaji-fo.jp/news_detail.php?eid=00186

     

  • 2019年10月10日(木) 18時54分 淡路ピックアップニュース

    淡路のニュース:国生み神話をテーマにした曲

    10月10日の淡路ピックアップニュースは、
    神戸新聞 淡路総局 赤松沙和 記者にお話を伺いました

    【 淡路のニュース:国生み神話をテーマにした曲 】

    淡路市出身のシンガーソングライターのオオツエさんという方が
    淡路島の国生み神話をテーマにした新曲「神様の結うとおり」を発売したという話題をお届けいただきました。

    オオツエさんがこの曲に取り組まれてから6年。
    元々は、国生み神話で地域活性化に取り組む住民団体からの依頼がきっかけだったとのこと。

    詳しい内容は、神戸新聞NEXTからも見ることができます
    https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201910/0012757208.shtml

    radikoのタイムフリーからもお楽しみください
    http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20191010170224

  • 2019年6月6日(木) 17時21分 淡路ピックアップニュース

    タマネギの伝統的な乾燥法を競う”吊り玉祭”:淡路のおもろいもん

    神戸新聞 淡路総局 記者 吉田みなみさんにお話を伺いました

    【タマネギの伝統的な乾燥法を競う”吊り玉祭”:淡路のおもろいもん】

    淡路島の特産品といえば”タマネギ”
    このタマネギはには、伝統的な乾燥法で「つりタマネギ」というものがあります

    その伝統方法”つりタマネギ”の文化や技術を広めようと
    タマネギを結束するスピードを競う「吊り玉祭」が
    2日に開催されたというお話をお届け頂きました。

    ルールは、長さ約20メートルの畝に転がる
    約500個のタマネギをひもを使って一束16~30個に結束するというもの

    見事、初代王者に輝いたのは淡路市八木野原の玉ねぎ農家の女性。
    タイムは10分17秒。
    ”自身はあったが、早い人も多かったので優勝できてうれしい。にぎやかで楽しかった”
    とコメントを残している。