CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2018年10月17日(水) 18時48分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

     

    編集後記

    きょうは歌舞伎の松本幸四郎さんのお話をお送りしました。

    静かな語り口の中にも、燃える闘志というか、熱い思いを感じました。

    三代での襲名披露はなかなかありませんので、この機会に皆さんもぜひ。

    私はもうチケットを取りました^^来月の南座での襲名興行が楽しみです。

    きょうもありがとうございました。

    <へ>

  • 2018年10月16日(火) 19時20分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

     

    編集後記

    きょうは久しぶりに諏訪清二さんにお越しいただきました。

    諏訪さんは元々、高校の英語の先生。

    そんな諏訪さんの前で「This is 風景!」

    という訳のわからない言葉を発してしまいました。

    稲穂が実る田んぼが連なるのを見て、

    「これぞ日本の風景!」と頭では言ったつもりでしたが・・・

    ホントにひどい英語のような日本語のような言語で、自分でも驚きました。

    こんな私ですが、明日もよろしくお願いします。

    明日は歌舞伎の松本幸四郎さんのインタビューをお送りします。

    きょうもありがとうございました。

    <へ>

  • 2018年10月15日(月) 18時40分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

    きょうは久しぶりにデイリースポーツの永井さんが来て下さいました。

    タイミング良く、阪神の新監督に矢野さんが決まりました。

    リスナーの方からもありましたが、

    矢野さんを応援したい、頑張ってほしい、という声が届きました。

    今季は最下位でしたから、これ以上下がることはないわけで

    来季の奮起を期待したいですよね。もちろん他球団も、です。

    クライマックスシリーズはまだ続いていますので、

    皆さんの熱い応援をお願いします!

    きょうもありがとうございました。

    <へ>

  • 2018年10月11日(木) 20時19分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

    編集後記

    きょうは朝から加西に行っておりました。

    稲刈りです。くわしくは来週お伝えします。

    番組のきょうのコメンテーターは安富信さんでした。

    10月からそれぞれのコメンテーターに

    キャッチフレーズをおつけしておりますが、皆さまお気づきでしょうか?

    来週以降のコメンテーターのキャッチフレーズもお楽しみに!

    きょうもありがとうございました。

    <へ>

  • 2018年10月10日(水) 19時02分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

     

    編集後記

    きょうゲストで来て下さった講談師の旭道南青さん。

    立て板に水のごとく、自己紹介をしていただきました。

    いい声でかつ男前。実にうらやましい。お話もおもしろい。

    そんな南青さんは11月10日に旭道南龍の名前を襲名されると同時に

    上方では実に27年ぶりの真打昇進を果たされます。

    また19日には新開地の喜楽館で

    「講談への誘い」と題しての公演もあります。

    芸術・文化の秋です。この機会に「講談」にふれてみてはいかがですか?

    きょうもありがとうございました。

    <へ>