CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2019年1月17日(木) 21時25分 編集長のブログコーナー

    編 集 後 記

    きょう1月17日は

    阪神淡路大震災から24年です。

    私は神戸の諏訪山公園のビーナスブリッジで

    その時刻を迎えました。

    地震があった5時46分の神戸の景色は

    夜明けを待ついつもの風景でした。

    あの日もそうだったはずです。

    しかし、地震がその普段の生活を破壊しました。

    「関西に大きな地震は来ない」

    多くの人がそう思い込んでいました。

    しかし、地震は起きました。次なる地震も心配です。

    私たちは震災でたくさんの教訓を学びました。

    その教訓と経験を次の世代にどう渡すのか?

    きょうの放送ではヒントになる言葉がたくさんありました。

    震災報道はきょうで終わりではありません。

    伝えるためにどうすればいいのか?

    番組ではこれからも考えていきます。

    今週もありがとうございました。             

    <へ>

  • 2019年1月17日(木) 21時11分

    パラパラ絵本「空を泳ぎたかった魚の話」

    グラフィックデザイナーの本下瑞穂さんと上野政志さんをお迎えしました

    去年の夏、パラパラ絵本「空を泳ぎたかった魚の話」が出版されました
    この絵本を描いたのは、神戸大学2年生で地震に遭い、
    20歳で亡くなった上野志乃さんの作品。

    パラパラ絵本の動画も撮影させていただきました!

    この作品を描かれた志乃さんの父親・上野政志さんは、
    今は震災を伝える活動をされています

    明日も講演を行われます
    宝塚市立第1小学校で午後2時~
    「生きてこそ」をテーマに、震災について、
    そして、志乃さんについてお話されるとのこと。

  • 2019年1月17日(木) 20時33分

    震災から24年・淡路での行事:淡路のニュース

    神戸新聞 津名支局 内田世紀記者にお話を伺いました。

    【淡路のニュース:震災から24年・淡路での行事】

    内田記者には、取材してきた追悼行事について
    また、その中での取り組み、紙製のハスの花を手作りし
    そのハスを祭壇のように飾るという取り組みについてお話頂きました

  • 2019年1月16日(水) 17時15分 但馬ピックアップニュース

    豊岡市城崎町産の酒米で造ったお酒「城崎」

    ~ 但馬ピックアップニュース ~

    今日は、
    神戸新聞
    但馬総局
    吹田仲デスクとお電話を繋いで、
    但馬のうまいもんのニュースを
    お伝えいただきました!

    ピックアップしたニュースは・・・
    「豊中市城崎町産の酒米をつかって
    二つの酒蔵が同じ銘柄製造!」

    豊岡市城崎町産の
    酒米で造った日本酒「城崎」が、
    城崎温泉街の酒販店4店で発売中!

    但馬の酒蔵「此の友酒造」、「香住鶴」の2社が
    同じ米をつかい、
    同じ銘柄として製造!
    杜氏によって変わる風味や
    口当たりを飲み比べられるようにしました。
    3770本の数量限定で販売中!

  • 2019年1月16日(水) 15時55分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    手作りの陶器の兜でこどもの日をお祝いせーへん?

    5月5日の子どもの日。
    子どもたちの健やかな成長を
    願って五月人形や
    兜などを飾るご家庭も多いのでは。
    その兜を手作りで、尚且つ、陶器で作れる
    教室があるということで、
    小野市の「あお陶遊館アルテ」の
    館長 清水雅之さんとお電話をつないで
    お話を伺いました!

    クッキーの型抜きのようにして、
    兜の部品を作り、組立てて
    焼き上げるという、
    初心者でもできる手順で楽しく作れるそう。

    高校生以上で、小野市の方なら1500円で受講できます!
    申込期限は、1月24日(木)

    < 詳しくはコチラ >