CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

  • 2018年12月2日(日) 14時00分 医療知ろう!

    酷暑の高校野球と2020年東京オリンピック

    11月最後の「医療知ろう!」では、伊賀内科・循環器科 院長の伊賀幹二さんと大阪医科大学の大江啓之さんをお招きして、最近の酷暑の中で行われる全国高校野球選手権と2020年の東京オリンピックについて考えてみました。

    ここ数年、夏場は記録的な暑さが続いていますね。今年は、とうとう40度を超す日までありました。

    そんな中で開催されたのが、夏の全国高校野球選手権。

    高校球児たちの憧れの舞台ではありますが、猛烈な暑さへの懸念から、今年の大会でも様々な熱中症対策などがとられていました。

    ご自身も野球をされる伊賀さんですが、やはり命がけになりかねない状況でのスポーツ大会の開催に、警鐘を鳴らしています。

    2020年の東京オリンピックでも、マラソンの早朝実施など、暑さ対策について取り組みが行われているようです。

    手遅れという事態になる前に、国民的な議論でこの問題を考えることが大事ですね。