CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

毎週木曜 18:00~20:00 放送

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間生放送!

  • 2022年1月23日(日) 15時00分 医療知ろう!

    尼崎市の子どもの医療費の無料化に向けて

    20日の「医療知ろう!」では、尼崎市の高橋 院長の高橋周治さんに、尼崎市の子ども医療費の現状についてお話を伺いました。

    現在、兵庫県ではほとんどの自治体で子どもの医療費を無料にする施策が採られていますが、そんな中で意外にも対応が遅れていると言われているのが、神戸市や尼崎市なんです。

    高原さんは、地元尼崎が子育て世帯に優しい環境を作ることが、将来の街の発展にもつながるとの考えから、尼崎市でも中が高卒業までは子どもの医療費を無料にする施策を採り入れてほしいと訴えています。

    安心の医療を実現するために

  • 2022年1月18日(火) 15時00分 医療知ろう!

    学校内のアスベスト実態調査について

    1月13日の「医療知ろう!」では、兵庫県保険医協会 環境・公害部の上田進久さんに、先ごろ保険医協会が実施した学校内におけるアスベストの実態調査の結果についてお話を伺いました。

    発がん性物質として知られているアスベストは、現在では使用禁止になっていますが、比較的最近まで様々な建築物の防火素材として使われていた事実があります。

    特に学校などの教育機関の建物で使われている実態が問題視されていて、兵庫県保険医協会ではその実態調査をしましたが、自治体によっては実態を把握していないところもあったことから、上田さんは早急な調査と撤去に向けた保護者や近隣住民への説明が必要だと訴えます。

    安心の医療を実現するために

  • 2022年1月10日(月) 15時00分 医療知ろう!

    2022年の医療制度は、どうなるのか?

    2022年最初の「医療知ろう!」では、口分田玄瑞診療所 院長の口分田真さんに、2022年に予定されている医療制度や患者窓口負担の変更点と問題点についてお話を伺いました。

    この2年ほどの間は、コロナ禍でいつ医療崩壊が起こるかという不安と背中合わせの日々が続きましたが、そんな中で国は「地域医療構想」というものを進めています。

    これは地域の人口減を考慮して病院の入院病床を減らそうという計画ですが、口分田さんは「高齢者がこれから増えていくのに病床を減らしてどうするのか?」「そもそも今回のコロナ禍で病床不足が深刻だったことを忘れたのか」と問題点を指摘します。

    安心の医療を実現するために

  • 2022年1月1日(土) 15時00分 医療知ろう!

    COP26から考える日本の進むべき道とは?

    今年最後の「医療知ろう!」では、兵庫県保険医協会 環境・公害問題担当 副理事長の森岡芳雄さんに、COP26の結果から考える脱炭素社会に向けた日本の進むべき道についてお話を伺いました。

    COP26とは、イギリスのグラスゴーで開催された二酸化炭素の排出削減に向けた国際的な会議です。

    地球温暖化防止という共通目標はあるものの、排出削減の技術力がある先進国と、そうでない国々とのせめぎ合いで、なかなか思うような結論が出なかったそうです。

    そんな中、先進国である日本がこの問題にもっと積極的に動くため、具体的な方策を提示していくことが大事ではないかと森岡さんは指摘します。

  • 2021年12月28日(火) 15時00分 医療知ろう!

    心臓リハビリテーションについて

    12月23日の「医療知ろう!」では、かねこ内科循環器クリニック 院長の金子 明弘さんに、心臓リハビリテーションの最新事情を伺いました。

    心臓リハビリテーションとは、心臓関係の手術を受けた方や心臓に持病のある方に、心機能を高めるために行う運動療法のことです。

    昔は、心臓にリスクを抱えている人は運動を控えるようにと言われていましたが、現在では、むしろ心機能を高めることで心臓疾患のリスクを下げるという方向に変わっているそうです。

    もちろん、いきなり負荷の高いトレーニングなどは出来ませんが、ちょっとずつ継続していくことで日常生活の過ごしやすさも、かなり違ってくるそうですよ。

    安心の医療を実現するために