CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間生放送!

  • 2018年12月12日(水) 13時35分 一紀の一宿一飯

    湯田温泉 松田屋ホテル

    12月6日の「一宿一飯」では、山口県の湯田温泉にあります「松田屋ホテル」をご紹介しました。

    松田屋ホテルは、江戸時代から続く由緒あるお宿。

    その歴史の中で顕著なのが、明治維新の志士たちが利用したということ。

    現在は家族風呂として予約利用になっている「維新の湯」は、当時のままの御影石のお風呂で、桂小五郎、高杉晋作、大久保利通、西郷隆盛、坂本龍馬など、そうそうたる面々が利用したそうです。

    今回、ご紹介頂いたお土産は、こちらの外郎。

    地元の和菓子店「御堀堂」さんが作る外郎は、名古屋の外郎とはまた違う食感で、上品なお味が人気だそうです。

    山口 湯田温泉 松田屋ホテル

    TEL:083-922-0125

  • 2018年12月11日(火) 17時06分 医療知ろう!

    関節リュウマチについて

    12月6日の「医療知ろう!」は、武富整形外科 院長の武富雅則さんに「関節リュウマチ」についてお話を伺いました。

    関節リュウマチとは、本来は外から入ってきた雑菌などを排除してくれる免疫が、突然自分の体を「敵」とみなして攻撃をする病状で、原因は今なお、はっきりしていません。

    比較的女性の患者さんが多く、最近は平均寿命が延びてきた結果、高齢になってから発症する患者さんも増えているそうです。

    まだ完治させる治療法はありませんが、症状を和らげるための方法や薬などはあります。

    まずなにより大切なことは、関節のはれや痛みなど違和感を感じたら、早めに医療機関で受診することです。

     

     

  • 2018年12月7日(金) 10時58分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    目指すは1000勝!現役最年長棋士にお越しいただきました!

    12月最初のゲストは、現役最年長の棋士、桐山清澄さんにお越しいただきました。

    18歳でプロ棋士になって以来、50年以上のキャリアを持つ桐山さん。

    現在、通算992勝と、1000勝まであと8勝というところまで来ました。

    長い棋士生活の中で、好不調の波に翻弄されることもありましたが、それでもあきらめずにここまでこれたのは、やはり「将棋が好き」という思いの強さだったんですね。

    そんな桐山さんが理事長を務める高槻市現代劇場で、近々催しが開催されます。

    桐山清澄杯将棋大会第1回開催・第68期王将戦七番勝負第2局高槻対局記念
    将棋界のレジェンドを迎えて~棋士人生50年を語る~

    日時:12月12日(水) 19:00
    場所:高槻現代劇場 レセプションルーム(全席自由)
    料金:無料(要入場整理券)
    ※未就学児の入場はご遠慮ください
    ※入場整理券は11月5日(月)10:00から高槻現代劇場事務所で配布
    (1人2枚まで・300枚限定)
    お問合せ:高槻現代劇場 TEL:072-671-9999(10:00~17:00)

     

    来年には、桐山さんが解説をするこちらのイベントも開催されます。

    第68期王将戦七番勝負第2局 前夜祭・大盤解説会

    日時:平成31年1月25日(金)18時~20時(予定)
    会場:高槻現代劇場文化ホール 3階 会議室(レセプションルーム)
    料金:一般:8,000円、高校生以下:5,000円(未就学児は無料) 定員:100人(申込順)
    申込先:〒569-0071 高槻市城北町2丁目1番18号ミング阪急高槻内2階 
               公益社団法人 高槻市観光協会
               【電話:072-675-0081】【FAX:072-675-0082】
    申込期間:平成30年12月17日(月)~平成31年1月18日(金)

     

    将棋ファンの方も、そうでない方も、ぜひご参加ください!

  • 2018年12月4日(火) 16時31分 一紀の一宿一飯

    湯郷温泉 「清次郎の湯 ゆのごう館」

    11月最後にご紹介したお宿は、岡山県の湯郷温泉にあります「清次郎の湯 ゆのごう館」でした。

    温泉の由来は、なんと1200年前にもさかのぼるという歴史ある温泉地にある「ゆのごう館」。

    最近では、赤ちゃんがご一緒の家族でも楽しんで頂けるようなプランも提供されています。

    そして「プロが選ぶ旅館100選」の料理部門に11年連続で選出されただけあって、料理長の元宗さんが手掛ける旬の料理は格別!

    今回は、元宗さんが実際に作って、お宿でも販売しているこちらの二品をご紹介しました。

    「茎わかめ煮」と「かつおみそ」は、お宿の朝食にも提供されているという商品。

    実際にお宿で食べて、気に入られたお客様がお土産に持ち帰られるそうですよ。

    「茎わかめ煮」「かつおみそ」各600円(税込)

    TEL:0868-72-1126

     

  • 2018年12月2日(日) 14時00分 医療知ろう!

    酷暑の高校野球と2020年東京オリンピック

    11月最後の「医療知ろう!」では、伊賀内科・循環器科 院長の伊賀幹二さんと大阪医科大学の大江啓之さんをお招きして、最近の酷暑の中で行われる全国高校野球選手権と2020年の東京オリンピックについて考えてみました。

    ここ数年、夏場は記録的な暑さが続いていますね。今年は、とうとう40度を超す日までありました。

    そんな中で開催されたのが、夏の全国高校野球選手権。

    高校球児たちの憧れの舞台ではありますが、猛烈な暑さへの懸念から、今年の大会でも様々な熱中症対策などがとられていました。

    ご自身も野球をされる伊賀さんですが、やはり命がけになりかねない状況でのスポーツ大会の開催に、警鐘を鳴らしています。

    2020年の東京オリンピックでも、マラソンの早朝実施など、暑さ対策について取り組みが行われているようです。

    手遅れという事態になる前に、国民的な議論でこの問題を考えることが大事ですね。