CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く

CINEMA-EYE RADIO

番組内容

この番組は、神戸の歴史と今を未来へと伝えるシネマ・アイの活動紹介や最新の映画情報を中心に、リスナーのみなさんの映像ライフをより一層楽しく豊かにすることを目指します。

最新の映画情報やプレゼントもありますよ!
今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

提供:CINEMA-EYE / LIBERRA

  • 2024年2月6日(火) 17時08分 放送アーカイブ

    松村北斗&上白石萌音 映画『夜明けのすべて』

    2024年2月1日 第83回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    「夜明けのすべて」 新通 萩原結花 さん

    「そして、バトンは渡された」などで知られる人気作家・瀬尾まいこの同名小説を、「ケイコ 目を澄ませて」の三宅唱監督が映画化した人間ドラマ。

    PMS(月経前症候群)のせいで月に1度イライラを抑えられなくなる藤沢さんは、会社の同僚・山添くんのある行動がきっかけで怒りを爆発させてしまう。転職してきたばかりなのにやる気がなさそうに見える山添くんだったが、そんな彼もまた、パニック障害を抱え生きがいも気力も失っていた。職場の人たちの理解に支えられながら過ごす中で、藤沢さんと山添くんの間には、恋人でも友達でもない同志のような特別な感情が芽生えはじめる。やがて2人は、自分の症状は改善されなくても相手を助けることはできるのではないかと考えるようになる。

    NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた松村北斗と上白石萌音が山添くん役と藤沢さん役でそれぞれ主演を務め、2人が働く会社の社長を光石研、藤沢さんの母をりょう、山添くんの前の職場の上司を渋川清彦が演じる。2024年・第74回ベルリン国際映画祭フォーラム部門出品。(作品資料より)

     

    【プレゼント】
    「ボーはおそれている」全国共通劇場鑑賞券 
    提供:CINEMA-EYE/LIBERRA

    尼崎市 RN.ゆきずりの砂ズリさんほかのみなさんおめでとうございます!

  • 2024年1月26日(金) 09時53分 放送アーカイブ

    橋本愛さんの演技がすごい! 映画『熱のあとに』

    2024年1月25日 第82回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    「熱のあとに」 フリーパブリシスト 菅野拓也さん

    愛したホスト・隼人を刺し殺そうとした過去を持つ女・沙苗。
    事件から6年の時が経ち、出所した沙苗は林業に従事する健太とお見合いで出会い、結婚する。健太は沙苗の過去を知り、受け入れた上で結婚に踏み切ったのだった。

    平穏な結婚生活が始まったと思っていた矢先、2人の前に謎めいた隣人の女・足立が現れる。気さくに接してくる足立が抱える秘密とは。そして、全てを捧げた隼人の影に翻弄される沙苗がたどり着いた、“愛し方”の結末とは――。(作品資料より)

     

  • 2024年1月22日(月) 15時47分 放送アーカイブ

    絶賛公開中 映画『笑いのカイブツ』 滝本憲吾 監督

    2024年1月18日 第81回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    「笑いのカイブツ」 監督 滝本憲吾さん

     

    大阪。何をするにも不器用で人間関係も不得意な16歳のツチヤタカユキの生きがいは、「レジェンド」になるためにテレビの大喜利番組にネタを投稿すること。狂ったように毎日ネタを考え続けて6年——。自作のネタ100本を携えて訪れたお笑い劇場で、その才能が認められ、念願叶って作家見習いになる。しかし、笑いだけを追求し、他者と交わらずに常識から逸脱した行動をとり続けるツチヤは周囲から理解されず、志半ばで劇場を去ることに。

    自暴自棄になりながらも笑いを諦め切れずに、ラジオ番組にネタを投稿する“ハガキ職人”として再起をかけると、次第に注目を集め、尊敬する芸人・西寺から声が掛かる。ツチヤは構成作家を目指し、上京を決意するが——。(作品資料より)

     

    【プレゼント】
    「一月の声に歓びを刻め」全国共通劇場鑑賞券 
    提供:CINEMA-EYE/LIBERRA

    大阪府茨木市 RN.ジロチョーさんほかのみなさんおめでとうございます!

  • 2024年1月11日(木) 21時30分 放送アーカイブ

    映画『カラオケ行こ!』

    2024年1月11日 第80回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    「カラオケ行こ!」 

    エヌグローイング 
    大矢哲紀さん(左手前) & シャイニー高橋こと高橋光城さん(左奥)

    大矢さん、目ぇつむってるやん(笑)
    そして、新人でいきなりシャイニー高橋って!

    合唱部部長の岡聡実(おかさとみ)はヤクザの成田狂児(なりたきょうじ)に突然カラオケに誘われ、歌のレッスンを頼まれる。組のカラオケ大会で最下位になった者に待ち受ける“恐怖”を回避するため、何が何でも上達しなければならないというのだ。狂児の勝負曲はX JAPANの「紅」。聡実は、狂児に嫌々ながらも歌唱指導を行うのだが、いつしかふたりの関係には変化が・・・。聡実の運命や如何に?そして狂児は最下位を免れることができるのか?(作品資料より)

     

  • 2024年1月5日(金) 17時38分 放送アーカイブ

    ウチヤシキ的2023年総括と2024年の期待

    2024年1月4日 第79回オンエア
    番組を聴いてみよう!

    NPO法人まちかどシネ倶楽部 内屋敷保さん

    ウチヤシキ的2023年の総括と2024年の展望!(時間がないので日本映画)

    2023は新旧あわせてざっくり300本観ました。
    コミュニケーションという言葉を頭に思い浮かべながら観る映画が多かった。
    今まではエゴのぶつかり合い、戦争、はたまた宇宙人とのコミュにケーション。
    そこにLGBTQや多様性というワードで、より「語る幅」が広がった。

    たとえば『怪物』『市子』『正欲』『月』『隣人X 疑惑の彼女』『福田村事件』
    そんななか2023ウチヤシキ的「オレ映画」は

    NETFLIX作品(神戸はパルシネマで公開)の『ちひろさん』
    海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働く女性・ちひろ。元風俗嬢であることを隠さず軽やかに生きる彼女は、自分のことを色目で見る男たちも、ホームレスのおじいさんも、子どもも動物も、誰に対しても分け隔てなく接する。そんなちひろの言葉や行動が、母の帰りをひとり待つ小学生、本音を言えない女子高生、父との確執を抱える青年など、それぞれ事情を抱える人たちの生き方に影響を与えていく。ちひろ自身も幼少時の家族との関係から孤独を抱えて生きてきたが、さまざまな出会いを通して少しずつ変わり始める。(作品資料より)

     

    2024年は『ベイビーわるきゅーれ3』がめっちゃ楽しみ!
    ジャッキー・チェンにもトム・クルーズにも負けないアクション!(内屋敷談)
    マンガ原作で言うと『ゴールデンカムイ』!『キングダム』も続編が!
    三谷幸喜作品にまさみちゃん(長澤まさみさん)が出演する『スオミの話をしよう』
    などなど楽しみがいっぱいあります!

     

    【プレゼント】
    「アクアマン/失われた王国」全国共通劇場鑑賞券 
    提供:CINEMA-EYE/LIBERRA

    加古川市 RN.ゴールデン・ムカイさんほかのみなさんおめでとうございます!