CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2019年12月16日(月) 17時39分

    早くもアカデミー賞の話題!

    2019年12月12日 第209回オンエア


    シネマコミュニケーター 森川みどりさん

    番組を聴いてみよう!


    【マイシネマヒストリー】

    シネマコミュニケーター 森川みどり さん

    正月明けたら映画界は一気にアカデミー賞に!森川さんのおすすめは「ジョジョ・ラビット」

    第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョは、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラーの助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女がこっそりと匿われていることに気付く。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

     

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報】

    「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」 GAGA 北原佑樹さん

    ドリームワークスへ最新作!かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を捨て、ドラゴンたちと新天地を探し求める決断をする。しかし、大移動の旅の途中、最凶のドラゴンハンターに命を狙われ、“トゥース”の前には白い謎のドラゴン“ライト・フューリー”が姿を現す…。そして彼らが辿り着いたのは、人間は住めないドラゴンたちだけの<隠された王国>だった…。 “ヒック”と“トゥース”は別れる運命なのか?今、人間とドラゴンの友情が試される!

    作品詳細はこちら

     

    【プレゼント】

    「男はつらいよ お帰り寅さん」 
    全国共通劇場鑑賞券 提供:シネマクエスト
    奈良県橿原市 RN.ふみっきーさんほかのみなさんおめでとうございます!

    作品詳細はこちら

  • 2019年12月9日(月) 16時12分 放送アーカイブ

    ぜったい観てほしいアニメーション2作!

    2019年12月5日 第208回オンエア


    GAGA 北原佑樹さん

    番組を聴いてみよう!


    【マイシネマヒストリー】

    シネマコミュニケーター 森川みどり さん

    今年の年末はなんといってもスターウォーズ!あのややこしいスカイウォーカー家の
    秘密がいよいよ明かされるのか?亡くなったキャリー・フィッシャーなしに
    ラストを語れるのか?・・・といっても映画関係者も直前にしか観ることができないので
    今日は紹介しませんでした(笑) 劇場でお楽しみください!

    さて、ほんとに紹介したのは「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
    2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を拡げていき、大きな反響を呼んだ映画『この世界の片隅に』。新規場面を付け足した別バージョンの本作は、たくさんの新規映像を加えることで、さらにいくつもの人生が描かれる。これまでの映画『この世界の片隅に』とは一部主題も変わってくるため、別の題名をつけたもうひとつの映画として制作される。(作品資料より)

    ケーちゃんは「何回も行く!」と宣言しました!!!

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報】

    劇場アニメ「ぼくらの7日間戦争」 GAGA 北原佑樹さん

    大人による管理教育に反抗した中学生の主人公たちが廃工場に立てこもり、爽快な逆襲劇を繰り広げる――。『ぼくらの七日間戦争』は、1985年に宗田理により書き下ろされると、当時の中高生を中心に熱狂を生み、またたくまにベストセラーとなった。88年に公開された実写映画は、当時14歳の宮沢りえが初主演にして女優デビューを飾ったことや、TM NETWORKによる主題歌「SEVEN DAYS WAR」のセンセーショナルなメロディーが話題を呼び、累計発行部数2000万部を超える小説と共に青春エンターテインメントの金字塔として世代を超えて愛されてきた。
    2019年冬――。この“ぼくら”シリーズが、舞台を2020年の北海道へと移し、初のアニメーション映画として生まれ変わる。

    作品詳細はこちら

  • 2019年12月2日(月) 19時52分 放送アーカイブ

    気が早いですが年明け仕事はじめに気合いが入る2020年スタートはこれ!

    2019年11月28日 第207回オンエア


    「フォードVSフェラーリ」を紹介してくれた岡本さん。
    チラシを忘れたので車を運転するポーズの巻(笑)

    番組を聴いてみよう!

    【先読みシネマ情報】
    本日は20世紀FOXの岡本泰典さんに2本ご紹介いただきました!

    「LORO 欲望のイタリア」

    これは怪作!最初は「えらいもんがはじまったなぁ~」という感じですが、あくなき人の欲望に惹き込まれていきますよ!

    政治と金、マフィアとの癒着や職権乱用、女性問題に失言など、さまざまのスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニは、政敵に敗北して失脚はしたものの、虎視眈々と政権への返り咲きを狙っている。セクシーな美女を集めたパーティーで英気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていく。一方、青年実業家のセルジョはベルルスコーニに接近し、政界進出の足掛かりにしようと画策していた。

    作品詳細はこちら

    続きまして、これは企業戦争を描く傑作!
    「フォードVSフェラーリ」

    ル・マンでの勝利という、フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズに目をつける。限られた資金・時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の困難を乗り越え、いよいよ1966年のル・マン24時間耐久レースで長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦することになる。

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 
    全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方はお名前、ご住所、連絡先を書いてcinema@jocr.jpまで。12月5日必着。

    作品詳細はこちら

  • 2019年11月22日(金) 15時17分 放送アーカイブ

    『TUNAガール』でマグロを美味しく学ぼう!

    2019年11月21日 第206回オンエア


    マグロのマニアックな知識が得られます!(笑)

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    監督・脚本家 安田真奈 さん

    近畿大学水産研究所をテーマにした配信限定スペシャルドラマ「TUNAガール」。
    近大でツナといえば・・・そうです!世界で初めて近畿大学が成功したクロマグロの
    完全養殖ですよ!TUNAの語源は「突進」なんだそうです。

    止まったら死んじゃうマグロ・・・

    突進キャラ全開の小芝風花ちゃんが和歌山の近畿大学水産研究所で繰り広げる
    青春ドラマ。・・・なんですが、同時にマグロのマニアックな知識がたくさん得られる
    海辺のガクモン青春ドラマ(監督談)です!

    作品詳細はこちら

    第13回田辺・弁慶映画祭でも上映されますよ!監督の舞台挨拶もあります。
    詳しくはこちら

    【プレゼント】

    「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 
    全国共通劇場鑑賞券 ペア2組 提供:シネマクエスト
    ご希望の方はお名前、ご住所、連絡先を書いてcinema@jocr.jpまで。12月5日必着。

    作品詳細はこちら

  • 2019年11月15日(金) 13時48分 放送アーカイブ

    翔べない時代の魔女の宅急便 松本穂香主演映画『私は光をにぎっている』

    2019年11月14日 第205回オンエア


    中川龍太郎監督(中)と主演・松本穂香さん(右)

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    活動写真弁士 大森くみこ さん

    またまた登場のモリモリこと大森くみこさん。
    今回はさらに詳しく活動写真弁士のお仕事についてうかがいました。
    かつてはあの「弁士さんで映画を観たい!」という感じで、
    同じ作品でも弁士によってお客さんの入りが違ったり、映画館が人気弁士を
    引き抜いたり・・・なんてことがあったそうですよ!

    そんなモリモリにブレイクのときが!
    「Shall We Dance?」の周防正行監督が豪華キャストで大正時代の映画界を描く
    映画「カツベン」が12月13日に公開!活動写真弁士に注目が集まりますよ!

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報】

    「私は光をにぎっている」
    主演・松本穂香さん  監督・中川龍太郎さん スペシャルインタビュー

    宮川澪は、20歳。両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが…。

    作品詳細はこちら

    ↓↓↓こちらの記事もあわせて読んでくだいね
    ラジトピ ラジオ関西トピックス「翔べない時代の魔女の宅急便 松本穂香主演映画『私は光をにぎっている』

    【プレゼント】

    「ドクター・スリープ」 
    全国共通劇場鑑賞券  提供:シネマクエスト
    京都市 RN.ban3さんほかのみなさんおめでとうございます!

    作品詳細はこちら