CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2018年10月25日(木) 21時18分 淡路ピックアップニュース

    淡路島乳牛が愛されて40年:淡路のうまいもん

    今回は神戸新聞 南あわじ支局 髙田康夫 記者にお話を伺いました。

    淡路島牛乳 愛され40年!

    京阪神や四国などではお馴染みの牛乳「淡路島牛乳」が発売されて
    今年で丸40年になります。

    1978年に三原郡酪農協が作り始めたオリジナルブランド。
    2007年には、洲本市酪農協が合併して「淡路島酪農協」が引き継ぎました。

    現在、淡路島では全小中学校で給食に出されるようになり、他にもヨーグルトやプリンなどにも使われるようになりました。

    ただ、この40年で島の乳牛は激減しているとのこと。
    今後、親しまれている「淡路島牛乳」がどうなっていくのか、課題となっているようです。

  • 2018年10月11日(木) 18時50分 淡路ピックアップニュース

    東京オリンピック・パラリンピック見据えて東京にテナントショップ:淡路のニュース

    今回は、神戸新聞 淡路総局 記者 渡辺裕司さんにお話を伺いました

    【淡路のニュース:東京にアンテナショップ登場予定!】

    洲本市が、2020年に開催の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて
    市の特産品を半ばしてPRするアンテナショップを
    東京の有楽町にある商業ビル1階に開設する。というお話を伺いました!

    アンテナショップでは、
    観光情報の発信はもちろん、洲本の特産品、ふるさと納税について
    移住定住についての相談などもできるとのこと。

    どんなアンテナショップになるか楽しみですね♪

  • 2018年10月4日(木) 21時39分 淡路ピックアップニュース

    民俗芸能「風流」の保存団体がユネスコ無形文化遺産目指す!

    神戸新聞 南あわじ支局 高田康夫 汽車にお話を伺いました

    【淡路のニュース:民俗芸能「風流」の保存団体がユネスコ無形文化遺産目指す!】

    南あわじ市の「阿万の風流大踊小躍」など
    国の重要無形文化財に指定される各地の民俗芸能「風流」の保存団体が
    ユネスコ無形文化遺産への登録を目指して連合会の設立を検定しているとのこと。

    風流に分類される国の重要無形民俗文化財は全国に37件
    それぞれ地域に根差した独自の文化ですが、
    海外から見れば同じような民俗芸能と捉えられかねないという事から
    1つのグループとして登録を目指すことになったそうです

     

  • 2018年9月27日(木) 20時03分 淡路ピックアップニュース

    大阪府~和歌山県にまたがる「広域サイクルルート」:淡路のニュース

    今回は、神戸新聞 淡路総局 赤松沙和 記者にお話を伺いました

    【 淡路のニュース:広域のサイクルルートの社会実験が開始 】

    大阪府岬町~和歌山県にまたがる「広域サイクルルート」の社会実験が22日~始まりました。
    これは大阪府の大阪都市圏広域サイクルルート連携事業の一環で、
    ビワイチやアワイチなど関西各地のコースをつないで、連携して活性化に生かそうという企画。

    社会実験には、
    紀州街道を南下するコースや、大阪と和歌山県の府県境にある峠を超えるコースなど4つのモデルコース。

    詳しくはこちらのページ⇒こちら!

    スポーツの秋!と言うことで、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • 2018年9月20日(木) 17時14分 淡路ピックアップニュース

    淡路島を巡る日帰りクルーズ、色々ありますよー:淡路のええとこ

    今回は神戸新聞 淡路総局 西井由比子記者にお話を伺いました。

    【淡路のええとこ:島巡り日帰りクルーズ多彩に】

    この秋、日帰りの船旅が豊富になっているという話題をお届けしてもらいました。

    毎年秋に行われてるクルーズ旅ですが、
    今年は特に豊富で、明石ー小豆島姫路ー淡路などコースが多彩。

    例えば、現代アートの島「直島」を巡るツアーや
    イチジク農園に行ったり、ニワトリの産みたて卵が購入できる、
    「グルメスポットを訪れる食のこだわり日帰りツアー」

    日帰りクルーズの参加者の中には、
    地元の良いところ再発見も兼ねて地元民の方もいるそうなので、
    きっと、楽しい・美味しいが味わえるツアーなんでしょうね♪

    淡路島一周クルーズ・小豆島クルーズについては、
     ジェノバ観光事業部 電話番号:078-915-2305

    直島ツアー・食のこだわりツアーについては、
     淡路夢ツアーズ 電話番号:0799-74-1119