CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・淡路(木):播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(水):被災地をはじめ、支援を行っている人たちに話を聞き、私たちに何ができるかを考えます。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題を担当者などに聞きます。

  • 2017年10月30日(月) 19時51分 播磨ピックアップニュース

    播磨のええとこ:日常生活に関わる社会的課題に取り組む会社

    【播磨のええとこ:日常生活に関わる社会的課題に取り組む会社『Sydecas』】

    今日はSydecasの寄玉昌宏さんにお話伺いました。

    以前、番組でもこちらの会社が作られた”ユニユルク”について坂本さんにご紹介して頂きました。

    その時のブログ

    ユニユルクに続いて、Sydecasではファッションブランド「ルリモ・ハリモ」を取り組まれています。

    くわしくはこちら!

    播州産の生地で作ったストールや帯で作ったトーとバッグなど様々な商品を出品されています。

    ルリモ・ハリモでは、作り手に光をあてることで、生産者・消費者双方の関係性を紡ぎ直したいなどを

    コンセプトにしたブランド。

    明後日11月1日には新たな情報もアップされるということですので、ぜひ一度HPをご覧下さい。

  • 2017年10月23日(月) 17時50分 播磨ピックアップニュース

    播磨のええとこ:竹田城跡の写真展が開催中!

    神戸新聞 神崎支局 三宅晃貴 記者にお話伺いました。

    【播磨のええとこ:竹田城跡の写真展が開催中!】

    神河町山田にあるぎゃらりー&喫茶やまだで国史跡・竹田城跡の写真展が開催中です

    こちらには竹田城跡近くにすむアマチュア写真家の鷠さんが撮影した23点が並んでいます。

    鷠さんは20年以上前から写真に収めてきて、石垣にかかる虹や初夏に咲くシロツメクサなど

    さまざまな景色とともに魅せる竹田城跡の写真を観る事ができるそうです。

    前回の播磨ピックアップニュースはこちら⇒こちら!

  • 2017年10月16日(月) 18時31分 播磨ピックアップニュース

    播磨のニュース:東はりまマダン

    今週は神戸新聞 東播支社デスク 坂本勝さんにお話伺いました。

    【播磨のニュース:東はりまマダン】

    (これまでの播磨ピックアップニュースはこちら⇒ここ!

    在日コリアンの方をはじめ世界の民族文化に親しむ催し

    「あつまろか 東はりまマダン」が20年の歴史に幕を下ろしました。

    そのはりまマダンについて詳しくお話をして頂きました。

  • 2017年10月9日(月) 19時12分 播磨ピックアップニュース

    播磨のおもろいもん:ほら貝愛好家グループ

    今週は神戸新聞 神崎支局 三宅晃貴記者にお話伺いました。

    【播磨のおもろいもん:ほら貝愛好家グループ】

    神崎町には、ほら貝愛好家グループではりま立螺之会会長

    大中 政實さんという方についてお話いただきました。

    ほら貝と出会い、毎日3時間は吹く程。

    やり始めてからは、校長をされていたため、

    高校の体育大会や校内マラソンの開会式で吹いてほしいとの依頼も舞い込んできたそうです。

    今は、音の出し方で共通する尺八を学んでいるとのことでした。

    ●前回の播磨ピックアップニュースはこちら⇒こちら!

  • 2017年10月2日(月) 19時50分 播磨ピックアップニュース

    播磨のニュース:「アルテルナンテラ」の出荷ピーク

    神戸新聞 佐用支局 河尻悟さんにお話伺いました。

    【播磨のニュース:「アルテルナンテラ」の出荷ピーク】

    観賞用や寄せ植えに使われる多年草「アルテルナンテラ」の出荷が

    佐用町などで最盛期を迎えています。

    品種には「赤穂」「播州」「須磨」といった各地域の名称が名前になった

    アルテルナンテラもあるそうです。

    前回の播磨ピックアップニュースはこちら⇒ここ!