CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2017年9月27日(水) 17時36分 つながる神戸から

    10月2日は水道筋さんま祭り!

    ろっこう医療生活協同組合 市川英恵さんにお話伺いました。

    10月1日(日)大船渡支援 水道筋さんま祭り

    ⇒去年ご紹介した内容はこちら!

    ~~きっかけ~~

    岩手県大船渡市の仮設住宅へろっこう医療生活協同組合がスタッフや、組合員、医療系の学生を派遣して、

    健康相談やお薬相談、健康チェック、健康体操などを取り組まれていました。

    その中で親睦を深めていったご縁もあって3年前から大船渡で水揚げされた新鮮なさんまを購入して

    さんま祭りを始めたのがきっかけだったそうです。

    祭りでの収益金や募金は義捐金として届けられています。

    〇イベントの詳細はこちらからご覧いただけます⇒こちら!

    さんま祭りは12時~開始、雨天決行とのことですので、ぜひこの週末は足を運んでみてはいかがですか??

  • 2017年9月13日(水) 20時15分 つながる神戸から

    開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE IN KOBEに防災女子が出展

    神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科の防災女子 春成実咲さんにお話伺いました。

    開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE IN KOBEが開催

    開港150年 こうべ食の博覧会 STYLE IN KOBEが9月17日(日)18日(月)に開催。

    こちらのイベントに神戸学院大学の女子学生で結成された防災啓発グループ「防災女子」がブースを出展!

    「7日間を生きのびよう~もしもに備えて~」と題して9月17日(日)午前11時~午後4時の間、非常食のレシピの実演や試食を行います。

    メニューは、さばの味噌煮や昆布の炊き込みごはん、根野菜たっぷり炊き込みごはんなどを予定されているそうです。

    詳しくはこちらをご覧下さい⇒詳細!

  • 2017年9月6日(水) 17時22分 つながる神戸から

    ひょうごボランタリープラザ所長 高橋さんによる朝倉市のボランティア状況

    ひょうごボランタリープラザ 所長 高橋守雄さん

    電話で朝倉市のボランティア状況についてお話伺いました。

    夏休みが終わってしまい、ボランティアの数が少なくなってきてしまっているとの事でした。

    朝倉市はいまだ手つかずな家や片付けようもない状況の家もあるそうです。

    ひょうごボランタリープラザ―では、ボランティアを募集する予定があります。

    【ボランティア予定】

    ・9月15日(金)出発⇒16日(土)17日(日)朝倉市にてボランティア活動⇒18日(月)朝に戻ってくる。

    詳しい発表は今週8日(金)に、ひょうごボランタリープラザのページにて発表されます。

    また、一般公募の予定は来週月曜から開始されます。

    詳しくは8日にひょうごボランタリープラザのページをご覧ください⇒こちら!

    タイムフリーでも聞くことができますのでぜひそちらもチェックしてみてください⇒こちら!

    前回のつながる神戸からはこちら⇒前回のブログ

  • 2017年8月30日(水) 17時12分 つながる神戸から

    丹波市の災害支援団体”災害支援ボランティアネット丹”

    災害支援ボランティアネット丹の副代表 金川方子さんにお話伺いました。

    丹波市の災害支援団体”災害支援ボランティアネット丹”

    東日本大震災、和歌山県の豪雨災害の状況を見て丹波市でも災害が起きた時に速やかに行動できるように

    また、災害に関して詳しい方と繋がるためにと結成されました。

    先日、朝倉市にボランティアへ行かれたそうです。

    現地では、個人の家や空き家などへ泥の取り除きをおこなってこられました。

    ただ、まだまだ手つかずの所があったそうです。

     

    金川さんは”まだまだ支援や施設が必要”また現地の方とお話していく中で”心のケアも必要”と感じられたそうです。

    丹波市の災害支援団体”災害支援ボランティアネット丹”では、ボランティアメンバーを募集しています。

    ぜひ、一緒に活動したい!と言う方は一度お問い合わせください。

    問い合わせは、電話番号 0795-74-0601 (月・水・金の午前9時~午後6時まで)

  • 2017年8月23日(水) 19時18分 つながる神戸から

    広島市にある復興交流館モンドラゴン

    復興交流館モンドラゴン 館長 畠堀秀春さんにお話伺いました。

    復興交流館モンドラゴン

    広島市安佐南区で今年4月に”災害からの復興と災害の伝承”をテーマにした

    交流施設”復興交流館モンドラゴン”が誕生しました。

    豪雨から1年半経ったぐらいにこのままでいいのか?何か地域から発信しなければ

    という想いから作られました。

    モンドラゴンではソウルフードのお好み焼きを提供されていて、

    地元の方の交流場としてはもちろんのこと、全国各地から訪れられる場としてもなっているそうです。

    その交流場で出た不安などを参考にして

    高齢者のための体操教室や折紙教室などイベントも行われています。

    ただ、運営が大変という事もあり、寄附を募られています。

    photo

    ~復興交流館モンドラゴンへの寄附~

    【振込先】

    ゆうちょ銀行 記号:15140、番号:55871741

    広島市農業協同組合 八木支店 普通預金 0036306

    口座名義:復興交流館 モンドラゴン 館長 畠堀秀春