CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間30分生放送!

  • 2019年1月11日(金) 19時06分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    あきらめないことが大事なんです

    11日のゲストは、昨年相続問題コーナーでお世話になりました、櫻司法書士法人 代表司法書士の辻田清之さんです。

    今でこそ、司法書士としてたくさんの人の法律相談に乗っている辻田さんですが、実は最初から司法書士を目指していたわけではなかったそうです。

    20代半ばまで「なんとなく」過ごしていたそうですが、節目となる出会いを経て、司法書士を目指すことにしたそうです。

    そんな辻田さんが、4年近くかかっても、あきらめずに司法書士になることが出来たのは、高校時代のラグビー部での経験のおかげなんだそうです。

     

  • 2019年1月4日(金) 15時51分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    美しい音色で新春を飾っていただきました

    新年第1回目のゲストは、リュート奏者の高本一郎さんでした。

    リュートとは、中世の頃に登場した弦楽器で、ギターの先祖ともいうべき楽器なんです。

    中央アジア発祥と言われており、そこから西へ伝わってギターの先祖となり、東に伝わったものは日本で琵琶になったそうです。

    番組では、高本さんの演奏した楽曲を通じて、リュートの魅力をご紹介しました。

    来月には、和歌山県の岩出市で、リュートと講談のコラボレーションによる公演が行われるそうです。

    古くて、それゆえに斬新な音色のリュートの魅力に、ハマってしまいそうですね。

  • 2018年12月28日(金) 16時36分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    2018年の最後を締めて頂きました

    2018年最後のゲストは、お好み焼き「千房」でおなじみ、千房ホールディングス 代表取締役会長の中井政嗣さんでした。

    今回リクエストを頂いた、ザ・タイガースの「花の首飾り」がリリースされた頃に、縁があってお好み焼き店をスタートさせた中井さん。

    実は若い頃は西洋料理の道を目指していた中井さんは、お好み焼きの店を経営することに、全く自信も誇りも持っていなかったそうです。

    しかし、そこで考え方を180度あらためて、「お好み焼き屋を格好よくしよう!」と一念発起。

    それまで「お好み焼き屋さん」が持っていた雑然としたイメージを一新するようなお店として立ち上げたのが「千房」だったんです。

    その発想の転換は、単に「お好み焼き」のイメージを変えるだけでなく、人材の育成など幅広い効果があったそうですよ。

    来年には、ムスリムやベジタリアン向けの店舗もオープンさせる「千房」。

    社長職を息子さんに譲られましたが、まだまだ中井さんの夢は、とどまるところを知らないようですね。

     

     

  • 2018年12月21日(金) 17時49分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    人生は新しい挑戦の連続です

    20日のゲストは、株式会社エイチアンドティーガレリア 代表取締役の椿井勝彦さんでした。

    プロスポーツ選手の間で愛用者が増えているボディーケアブランド「アスケア」シリーズを展開している椿井さん。

    実は、若い頃はDJとして活躍されていたそうです!

    番組では、30数年ぶりという曲紹介も披露して頂きました。

    そんな椿井さんは、学生時代はプロを目指して野球に打ち込んでいたそうです。

    しかし、故障のためにその夢を断念。その後、紆余曲折を経て、現在の会社を起ち上げましたが、奇しくも現在手掛けている「アスケア」シリーズは、アスリートのボディメンテナンスを支える商品。

    これからは、スポーツを頑張る人たちを支える側として活躍されていくそうですよ。

    アスケアプロ 公式サイト

     

     

  • 2018年12月15日(土) 11時20分 一紀の嗚呼!OHえんか♪

    夢に向かって、力を合わせて

    13日のゲストは、尼崎にありますインド料理店「インディア」をはじめ様々な事業を展開している中田久雄さん(右)とK-1ファイターとして活躍中の皇治さんにお越しいただきました。

    中田さんは、本業である施工業を中心に、インド料理「インディア」の他に、高級生食パン「乃が美」の取り扱い事業など、様々なジャンルの事業を手掛けている実業家です。

    その多彩な事業は、全て「面白そうだから挑戦しよう!」というポジティブな発想で取り組んでこられたそうです。

    そんな中田さんのハートを掴んだのが、皇治さん。

    子どもの頃からK-1ファイターになることに憧れて、その夢を実現するために努力をしてきたそうです。

    そして遂に、K-1ファイターとしてデビュー!

    先日は惜しくも王者戦に判定で敗れましたが、大阪発祥のK-1グランプリを再び大阪で開催するという夢を実現しました。

    この次こそ、K-1王者の夢を達成してくださいね!

    K-1皇治 オフィシャルブログ「NARIAGARI ROAD」