CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間30分生放送!

  • 2020年1月20日(月) 11時55分 私の愛用品

    櫻司法書士法人 辻田清之さんの愛用品

    1月16日のゲストは、番組でもおなじみ櫻司法書士法人 代表司法書士の辻田清之さんでした。

    司法書士というお仕事は、不動産や会社の登記をはじめとする日常的な法律の問題について相談に乗ってくれる存在なんです。

    辻田さんは、プライベートではマラソンやトライアスロンなどにも挑戦しているとてもアクティブな方なんです。

    そんな辻田さんの愛用品がこちら!

    イタリアを代表するブランド「デルタ」の万年筆です。

    奥様からのプレゼントだそうですが、辻田さんは御礼状を書くときなど、特別な手紙を書くときに使っているそうです。

    櫻司法書士法人 ホームページ

  • 2020年1月13日(月) 13時00分 私の愛用品

    手造りひろた食品 赤羽直美さんの愛用品

    1月9日のゲストは「バネちゃんのあったかハーモニー!」でおなじみ、手造りひろた食品の赤羽直美さんでした。

    「ひろたのぽんず」でおなじみ手造りひろた食品の常務取締役であり、歌手としても活動中の赤羽さん。

    二足のわらじで活躍していれば、当然出張に行くことも多く、おのずと愛用品に選ばれたのはこちら!

    キャリーケース! 実は、これ以外にも6ケース持っているんですって!

    「ひろたのぽんず」の営業活動では、実際の商品を持参するのはもちろん、商品の使い方を説明するために現地で料理を作ることもあるそうです。

    なので、必要に応じて様々な大きさのキャリーケースを用意しているそうですよ。

  • 2020年1月3日(金) 08時19分 私の愛用品

    映画監督 白羽弥仁さんの愛用品

    令和2年最初のゲストは、映画監督の白羽弥仁さんでした。

    20代で映画監督としてデビューされた白羽さん。

    色んなご縁で、様々な有名カメラマンさんや大物俳優さんたちとお仕事を通じて、映画監督としてのキャリアを積んでこられたそうです。

    そんな白羽さんの愛用品がこちらの台本カバー。

    そんな白羽さんの最新作「みとりし」が現在公開中。

    1月4日(土)には、神戸・元町商店街の元町映画館で、白羽さんの舞台挨拶と「みとりし」上映会が開催されます。

    2020年1月4日(土)12時30分~

    ※元町映画館では、1月10日(金)まで上映中です。

  • 2019年12月20日(金) 16時38分 私の愛用品

    SEAVAC株式会社 清水博之さんの愛用品

    19日のゲストは、尼崎にありますSEAVAC株式会社 代表取締役社長の清水博之さんでした。

    SEAVAC株式会社は機械部品などのコーティング加工を得意としている会社です。

    実は昨年度までは「清水電設工業」という社名でしたが、今年創業70周年を迎えるにあたり、先代の社長であるお父様がアメリカ進出時に考えた「SEAVAC」という名前に変更されたそうです。

    そんな清水さんの愛用品は、こちらのボールペンと手帳。

    ボールペンは、お父さまからのプレゼントだそうで、お仕事などで契約締結など、ここ一番と言う時に使っているそうです。

    手帳の方は、最近はスマホやタブレットなどが便利になりましたが、手軽に使えるという点で、やはりまだまだ重宝しているそうですよ。

    SEAVAC株式会社

     

  • 2019年12月13日(金) 17時32分 私の愛用品

    ダイサン 藤田武敏さんの愛用品

    12月12日のゲストは、建設用足場などのサービスを提供しています株式会社ダイサン 代表取締役社長の藤田武敏さんでした。

    株式会社ダイサンは、建設現場で使われる足場などのサービスを提供している会社です。

    昨今の建設ラッシュの中で、足場は欠かすことが出来ない必需品。

    10月以降、消費税増税の影響も受けてはいますが、さらなる会社の発展に向けて、藤田さんの目は先を見据えているようです。

    そんな藤田さんの「愛用品」がこちら!

    入社当時に、上司の方から頂いた電卓と、学生時代から続けていた野球で使っていたグローブです。

    それぞれに、藤田さんの思い入れと人生の1ページを垣間見ることが出来る一品でした。