CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2018年8月8日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018.8.8水)

    ーーーおたかのシネマでトーク

    今日は「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」をご紹介しました。 

    監督 クリストファー・マッカリー

    出演 トム・クルーズ、ヘンリー・カビル、ビング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン

     

    モノには限度というものがあると思うのだけど、中にはとことん限界に挑戦したいタチの人がいるようで、その筆頭は彼に違いないと確信するのが、トム・クルーズ。

    かつては、体を張ったアクションといえばジャッキー・チェンと相場が決まっていて、成功するまでには何度もトライし失敗もし、エンドタイトルで流れるその涙ぐましいNGシーンは、とても見応えがあり、努力の跡がうかがえる楽しみなオマケでもあった。

    そして今や、体を張って・・・という俳優の筆頭はトム・クルーズ。
    回を追うごとに過激になってゆくスタント。シリーズ4作目の「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」ではドバイのブルジュ・ハリファという超高層ビルを、スパイダーマンよろしく登っていき、前作「ローグ・ネイション」では、離陸するエアバス輸送機に飛び乗った。

    で、今回はというと、パリの街中でのカーアクション。
    高度7620mの軍用機から空へダイブして、ガラス張りの屋根に着地。
    屋上でのチェイスシーンでの、ビルからビルに飛び移るスタントは予告編でもおなじみで、このシーンの撮影中に足を骨折しながらもカメラをとめずに演じ切り、完治に9か月かかると医者に言われながら6週間後に撮影に戻り、12週目には全力で走っていたという、信じられない話。
    極めつけは、ニュージーランドで撮影されたヘリコプターのチェイス。
    もう、どれをとっても、考えられない離れ業なのだ。

    盗まれた3つのプルトニウムの回収の任務についたIMFのメンバー、ルーサー(ヴィング・レイムス)ベンジー(サイモン・ペッグ)イルサ(レベッカ・ファーガソン)そしてリーダーのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、作戦中のちょっとしたミスでプルトニウムを奪われてしまう。奪った組織の手がかりは“ジョン・ラーク”なる人物。
    慈善家として知られるアラーナ(ヴァネッサ・カービー)は、ホワイト・ウィドウという裏の顔を持ち、武器商人としてジョン・ラークと接触を持つらしい。ならばと、彼女に近づくと・・・。

    イーサンの動きに不審なものを感じたCIA長官エリカ・スローン(アンジェラ・バセット)は、敏腕エージェントのオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を監視役として送り込む。
    果たして彼は、敵なのか味方なのか?
    「マン・オブ・スティール」で、スーパーマンを演じたヘンリーとの息詰まるヘリコプターアクションはすごい!

    今までに5本の作品がある“ミッションインポッシブル”シリーズ。監督はみんな違うのだけど、今回は前作と同じクリストファー・マッカリー。

    イーサンの妻ジュリア(ミッシェル・モナハン)にもびっくり!
    とにかく、ビックリの連続!
    ホント、どこまでやるの、トム・クルーズ ?!

    ★おたか★

    過去ログ…8月1日 放送 おたかのシネマでトーク「オーシャンズ8」

                   7月25日 放送 おたかのシネマでトーク「砂の器」

                   7月18日 放送 おたかのシネマでトーク「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

                   7月11日 放送 おたかのシネマでトーク「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

         7月4日 放送 おたかのシネマでトーク「パンク侍、斬られて候」