CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の“G”報アサイチ!

  • 2017年10月13日(金) 07時28分

    菊の酵母でつくった日本酒登場!

    このほど「菊」の酵母を使った日本酒「姫路きくこうぼのお酒」が出来ました。
    「龍力」で知られる姫路市の酒蔵本田商店と、姫路獨協大学がタッグを組んで造ったお酒です。
    姫路城の桜の酵母から出来た「姫路城さくらこうぼのお酒」に次ぐ第2弾です。
    本田商店専務の本田龍佑さんによると、酒米である山田錦特有の甘みと、菊の酵母から出る独特の酸味が味わいを引き締めているとのこと。確かに試飲させてもらうと、さくらこうぼのお酒と対照的に酸味があり白ワインのよう。さんまの塩焼きなど脂っ気のある食べ物に合います。
    野生酵母による仕込みは、発酵力が弱いために大量の仕込みは出来ないので今回は限定1700本の生産となりました。 300mlで1080円(税込)で、姫路駅地下グランフェスタの龍力ショップをはじめ姫路市内の酒販店で販売中ですが、まもなく今期分は販売を終了するそう。
    春、秋の花で日本酒が出来上がりましたが、早くも第3弾として、今度は夏に咲く花での仕込みに向けて酵母探しを進めているそうです。