CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2022年7月5日(火) 03時17分

    「SEA SPICA」で行く淡路島ツアー~ニジゲンノモリからハイウェイオアシスそして帰路へ(最終)

    「兵庫デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンオープニングツアー「特別企画 シースピカで行く淡路島」レポートその③
    農家レストラン「陽・燦燦(はる・さんさん)」を出発して次に向かったのは兵庫県立淡路島公園内にある新感覚テーマパーク「ニジゲンノモリ」。アニメ×テクノロジー×自然をテーマにしたアニメパークで二次元コンテンツの世界観を五感を使い、体を動かして体験できるというもの。
    中でも話題になっているのが「ゴジラ迎撃作戦」なるアトラクション。実物大の「ゴジラ」の口の中に飛び込んでいくジップラインは見ていても楽しそう!

    アニメではクレヨンしんちゃんアドベンチャーパークやNARUTO&BORUTO忍里、鬼滅の刃やドラゴンクエストなどのアトラクションも。昼と夜とで趣の違う楽しみがあるようですよ。公園内への入場は無料ですがアトラクションごとに料金設定があります。
    詳しくはニジゲンノモリの公式サイトをご覧ください。

    この日は暑すぎて立ち入りませんでしたが広大な芝生広場もあり涼しければ寝転がって過ごすのもありな場所です。

    何せ広い公園。移動には園内を循環するトラムカーも走っています(有料)

    雌のツマグロヒョウモン?

    淡路島公園内の汚水マンホール蓋

    とにかく広い公園。駐車場は3時間まで無料。その後は1日500円。

    淡路島最後の立ち寄り先は淡路ハイウェイオアシス

    明石海峡大橋や瀬戸内が一望できる場所にあります。

    カフェオアシスで「マンゴードリンクサイダー」

    そして再び淡路交流の翼港に向かいシースピカに乗船

    午後5時30分に見送られながら出港

    黄昏時の明石海峡大橋

    西風が強まり空には夏らしい雲が出現していました。

    この日中突堤を離岸した海技教育機構の練習船が錨を下ろして洋上に停泊中。

    レストランクルーズ船「コンチェルト」とすれ違いました。

    上空には神戸空港に向かうスカイマーク機が飛来

    神戸空港を離陸する旅客機

    札幌(新千歳)に向かうエアドゥ機でした。

    神戸空港に着陸するFDA機(エンブラエルE170)。この日は西風が強く東側から進入しての着陸。

    神戸港湾内に入りやや減速

    中突堤に帰ってきました。

    タラップが渡され下船準備

    午後6時30分に到着

    御朱印帳ならぬ公式船印帳を購入

    乗船記念の御船印もいただきました。

    今回日本旅行に申し込んだツアー料金は8,800円でした。1日あれこれ楽しんでこの料金はリーズナブル。「兵庫デスティネーションキャンペーン」は来年が本番ですが、プレキャンペーンは9月30日まで色々催行されます。兵庫再発見の旅に出掛けてみては如何でしょう。

  • 2022年7月4日(月) 13時39分 特集!

    「晴れ」ソング集

    番組と「萩原珈琲」がコラボしたオリジナルコーヒー『三上公也の朝は珈琲人』再販開始!!
    オンラインストアで販売中

    モカ・キリマンジャロ・ブラジル・ホンジュラスの4種の贅沢なブレンドコーヒーを
    是非、お試しください!
    ご購入は、ラジオ関西オンラインストアで

    8時 洋楽特集「『 晴れ 』ソング集 」
    ある晴れた夏の朝 / エヴィー・サンズ
    雨のち晴れ / エディ・ホッジス
    アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ / ジョニー・ナッシュ
    晴れた日には永遠が見える / バーブラ・ストライサンド
    降っても晴れても / ダイアン・シューア
    ジェガステ・ア・ミ・ヴィダ ~晴れた空そんな日に  / フリオ・イグレシアス duet with 篠原ともえ

    9時 邦楽特集「『晴れ 』ソング集 」
    晴れのちBLUE BOY / 沢田研二
    目覚めた時には晴れていた / 伝書鳩
    青空、ひとりきり / 井上陽水
    晴れたらいいね / ドリームズ・カム・トゥルー
    明日晴れるかな / 桑田佳祐

    明日7月5日は8時台洋楽、9時台邦楽ともに「『レター・手紙』ソング集 」です。
    おたのしみに!

    もちろん、そのほかメッセージもお待ちしています!!

    月に一回、斎藤元彦兵庫県知事が出演するコーナー「こちら知事室!」では、ご意見・メッセージを募集しています。専用の質問メールフォームからお送りください。
    たくさんのメッセージ・ご質問お待ちしています。

  • 2022年7月4日(月) 03時28分

    特別企画「シースピカ」で行く淡路島ツアーに参加してきました!(つづき)

    来年夏にJRグループなどと共に行われる大型観光事業「兵庫デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンオープニングツアー「特別企画 シースピカで行く淡路島」に参加してきました。今回のプレキャンペーンオープニングツアーでは日本旅行と阪急交通社の2社が仕切っていました。私は日本旅行の日帰りツアーに申し込みました。
    普段は広島の瀬戸内航路を走っている「SEA SUPICA(シースピカ)」については昨日のブログをご覧ください。
    きょうはその続きです。
    淡路島交流の翼港からバスで移動。約20分ほどの移動で昼食場所の農家レストラン「陽・燦燦(はる・さんさん)」に到着。

    2021年10月31日にオープンしたレストランだそう。

    自家農園で栽培した野菜と淡路島の生産者による食材を使ったメニューが提供されています。

    開放感があるレストラン内からの眺め

    茅葺き屋根の天井はまるでパズルのよう

    レストランの場所は住所でいうと淡路島北部の淡路市野島常盤字源八1510ー4
    野菜が主役のメニューで最初に出てきたのはサラダプレート。色々な野菜や卵盛られチーズもかかっていて美味!

    野菜スープ。野菜の旨味が活かされた優しい味のスープでした。

    淡路オリジナルの「淡路島七福神ビール」を別オーダー

    メインはポークグリル。軟らかく旨味のあるお肉でした。

    食後は庭を散策。ひときわ目を引く木は「タイワンフー」と呼ばれるカエデ類の落葉高木。お店の方の話ではシンボル的な木を植えようとこの木を選んだそうで、まだ植えたばかりで葉が少ないものの葉が生い茂ると紅葉シーズンには赤く染まった木になるそう。

    畑には色々な作物が栽培されていました。

    トウモロコシも栽培中

    そして気になったのがモニュメントのような建物。「アースバック」といって壊した後も土に帰る素材で造られた建物で当初は色々な利用を考えていたそうですが、強度の問題もあり使用には適さないため見て楽しむ造形物になっているようです。

    こんなベンチ?カウチソファ?もありました。

    身体のこと環境のことを考えた施設になっているようです。

    そして昼休憩後はレストランに戻ってメインイベントの醸造料理人伏木暢顕シェフの指導による「醤油造り体験」です。
    用意された材料はすべて淡路産!
    用意されたガラス容器に水600ccを入れます。

    そこへ塩120gを投入

    塩が完全に溶けてすっかり見えなくなるまで混ぜます。

    最後に用意された麹と大豆を加えます。

    麹にしっかり水が絡まるように混ぜます。これでここでの体験はおしまい!本来は麹をつくり豆を蒸して混ぜて・・・という行程があるのでしょうがすべて準備してもらっているのであっという間の作業でした。

    ただ宿題はここから。伏木シェフから最初の7日間は毎日「櫂入れ」といって木ベラを使ってまめに混ぜること、その際納豆やぬか床を触った手では絶対に混ぜないことを注意されました。納豆菌や酪酸菌は敵だそう。その後は1日1回、その後は2日に1回と週を追う毎に間隔を空けながら混ぜる作業をして下さいとのこと。そうすれば3ヶ月後には醤油の色になってくるそう。すでにやや色が出てきました。

    この調子で頑張ってみます。
    淡路ツアーレポートつづく・・・

  • 2022年7月3日(日) 12時23分

    広島瀬戸内航路を走る「SEA SPICA」が神戸にやってきた!

    昨日の7月2日神戸港中突堤に見慣れない船が入ってきました。

    この船は「SEA SPICA(シースピカ)」という名の高速クルーザー

    アルミニウム合金で出来た2つの船体をつなぎ合わせた双胴船で隣の神戸港クルーズ船「boh boh KOBE(ボーボーコウベ)号」と同じ形の船です。

    大きさは長さ25.7m、幅6.8m、総トン数90トン、90人乗りで「boh boh KOBE号」に比べるとグッとコンパクト。

    実はJR西日本が瀬戸内地域で展開する瀬戸内パレットプロジェクトの一環で、瀬戸内海汽船グループとJR西日本グループが共同で2020年夏に導入した観光型高速クルーザーです。

    「SEA SPICA(シースピカ」の「SPICA」とはおとめ座で最も明るい恒星のこと。

    瀬戸内の青い海の上、美しい輝きを放ちながら自由で開放的な旅に誘うとのことから海のスピカ「SEA SPICA」と名付けられたそうです。

    普段は広島港と三原港を結ぶ半日観光クルーズ船ですが、来年夏にJRグループなどと共に行う大型観光事業「兵庫デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンのオープニングツアーのためにやってきました。今回この船に乗りたくて旅行会社の日帰りツアーに申し込みました。

    この日は「boh boh KOBE号」を運航する早駒運輸のスタッフがロープ取りなど出港のお手伝い。

    記念撮影用に用意された手持ちパネル

    パネルも双胴船型になっていました(笑)

    いよいよ乗船。キャビン内前方には4面マルチディスプレイがありました。

    シートは独特の形状

    2階テラスへの階段

    昇降機も設置されています。

    ゆったりした2階テラス席

    この壁の向こうが操舵室。ここにもディスプレイが設置され船の位置を示すGPS画像なども表示されていました。

    この船をデザインしたのが建築家でデザイナーの川西康之さん。「WEST EXPRESS 銀河」をデザインされた人です。

    テラス後方には4脚の椅子

    午前10時にドラの音が鳴り出港

    出発時には港のスタッフが見送ってくれました。

    船内ガイドの度に右や左に顔を向けて船からの眺めを堪能。ドック入り中の海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦。

    水素運搬船「LH2」

    明石海峡大橋も見えてきました

    神戸空港への着陸態勢に入ったスカイマーク機(B737-800 JA73NP)
    神戸港中突堤を後に・・・

    出発から27分。半分くらいまで来ました。

    明石海峡大橋近くでは釣りでしょうか小さな船が集まっていました。

    海に浮かぶ航路標識

    淡路島に向けて進路をとります

    正面に見えてきたのはラジオ関西の送信アンテナ。東経135度線上に建つ高さ135mの大きな構造物です。

    出発からおよそ1時間で「淡路交流の翼港」に到着

    この日の「SEA SPICA」着岸用に特別に造られたタラップ

    順次下船

    交流の翼港に着いた「SEA SPICA」

    このあとバスに乗り昼食会場へ移動。淡路島ツアーのスタートです。

    つづく・・・

  • 2022年7月2日(土) 03時23分 旨いもの

    これは旨い!八雲豆腐の「生姜絹あげ」

    神戸に本社のある八雲豆腐の新商品「生姜絹あげ」

    絹ごし豆腐を揚げたものですがなんと中に生姜が入っているのです。生姜醤油を用意せずともこれだけで旨い!

    ちなみに八雲豆腐の厚揚げは、絹ごしは四角、もめんは三角の形をしています。