CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の“G”報アサイチ!

  • 2018年10月20日(土) 04時33分

    高浜岸壁に「E.T.」?

    神戸ハーバーランド高浜岸壁にある係船柱。先日「飛鳥Ⅱ」の入港を見に行った際に発見。目や鼻、口が描かれE.T.のよう。
     センスは良くても落書きは落書き。これは器物損壊にあたる犯罪です。

  • 2018年10月19日(金) 04時52分

    月と火星が大接近

    昨夜は月と火星が近いところに見えました。

    次回の大接近は11月16日だそうです。

  • 2018年10月18日(木) 04時07分

    音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード~青空編~」

    きょうから神戸新聞松方ホールで朗読音楽劇「ヘブンズ・レコード~青空編~」が上演されます。阪神淡路大震災から5年が経った神戸の街を舞台に、心に傷を抱えながら懸命に前を向いて生きようとする人々を描いた3つの話からなるオムニバス形式になっています。

    きのうは公開稽古がありました。
    普段は舞台で活躍する紫吹淳さんや渡辺裕之さん、荒牧慶彦さん、田野優花さんらが音楽朗読劇に登場。稽古の途中で出演者インタビュー。紫吹さんはラジオ局のアナウンサー役。宝塚歌劇団在籍中に阪神淡路大震災を経験。「水や電気が回復して普通どおりになると人は忘れてしまうが、当たり前に生活できる幸せを感じたい。元気な人が何かできれば」と話されていました。また移動式中古レコード店「ヘブンズ・レコード」の店長役の渡辺さんは、先週の東京公演について手応えがあったそうで、音楽朗読劇については「アクションが無い分、感情が揺さぶられる。やみつきになりそう」と話していました。
    作・演出を担当する岡本貴也さんは神戸出身で、これまでも震災関連の作品を手掛けてこられました。大震災から5年後の神戸を描いたことについては、「このところ各地で自然災害が起き被災地がどんどん増えている。次々忘れかけられしまうが、被災地には懸命に生きている人がいるということを被災していない人に伝えたい。なんとか生きていかなければならない人の力強さ、生きる意味、復興とはなにかを観客に問いかけたい」と話していました。
    公演は10月18日(木)~21日(日)の4日間で、 公演時間は18日(木)は夜19:00のみ。19日(金)は昼15:00と夜19:00、20日(土)は昼14:00と夜19:00、21日(日)は昼12:00と夜16:00の計7公演です。
    前売・一般5400円(税込)
    詳しくは「未来へ生きる演劇実行委員会」のサイトをご覧ください。
    https://www.miraiheikiru.jp/hr-a/

  • 2018年10月17日(水) 03時45分

    懐中電灯にもなるLED照明

    6月以降、地震や台風、豪雨など自然災害に見舞われましたが、いざに備えて停電時に役立ちそうなグッズを購入。それがLED電球型の懐中電灯。玄関や廊下などの電球ソケットがあれば交換可能です。普段の電気が通じている時にはLED照明として灯ります(充電機能が付いています)。なので停電時にはソケットから外して懐中電灯として使えるという優れもの。口金部分が伸びるので便利。6時間の充電で最大約5時間点灯とのこと。いざという時にはソケットから外せばよいので慌てて懐中電灯を探さずとも済みそう。

  • 2018年10月16日(火) 14時23分

    「ハローキティ新幹線弁当」

    今月14日の「鉄道の日」にお弁当の淡路屋から「ハローキティ新幹線弁当」が発売されました。陶器製電車弁当シリーズの最新作で、可愛らしいハローキティ新幹線の先頭車両をデフォルメしています。蓋を開けると「すきやき弁当」でした。1つ1500円(税込)。JR神戸駅や新神戸駅など淡路屋販売店で購入できます。神戸そごうや神戸大丸、西神そごう、阪神梅田、大阪高島屋の各店舗でも販売を予定しているそうです。