CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2017年10月12日(木) 03時43分

    当麻嘉英陶造形展へ

    きのうから神戸・元町にある大丸神戸店7階美術画廊で「当麻嘉英陶造形展」が始まりました。
    当麻さんは兵庫県宍粟市千種町在住で、2年に1度大丸神戸店で個展を開かれています。
    普段使えるいわゆる雑器も作られていますが、近年は「これが焼き物?」と思わせる遊び心いっぱいの作品が出来上がっています。久しぶりにお会いしましたが、すっかり細身になっていました。その理由はというと自転車。あちこちツーリングを楽しんでは作品の元になるアイデアを探したりしているそう。
    会場には新作60点ほどが展示されていますが、中でも造船所で見かけて自分も船をこしらえようと出来たのが「長き航海」という後方にある作品で、案内はがきにも使われている長さ90cmほどのもの。船の内部の様子が伺える作品で、とてもすべてが土で出来ているとは思えない出来です。お話を伺うと、普通に船を造るように船底から作っていくと土の重みで形が崩れてしまうために、出来上がり状態を想像しつつ逆さまにして甲板部分から作って行ったのだそうです。もちろん一発勝負の一点ものです。
    ほかにも長靴やランドセル、ワインボトル、そして「昼下がりの情事」なる作品もありました。
    入場は無料、気に入った作品は購入も出来ます。見るだけでも楽しい陶造形展ですよ。
    会期は今月17日(火)まで。午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)