CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2017年6月28日(水) 16時32分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク!『お熱いのがお好き』

    今日紹介した 映画 は…

     お熱いのがお好き 

    でした!

    監督
     ビリー・ワイルダー

    主演
     マリリン・モンロー
     トニー・カーティス
     ジャック・レモン 
     ジョージ・ラフト

    禁酒法時代のアメリカ、シカゴ。
    霊柩車を、パトカーの警官が銃撃。柩の蓋を開けてみれば中には、酒瓶がぎっしり。
    葬儀社の奥の扉を開けると、立派な専属バンドが入ったもぐり酒場。葬儀社を隠れ蓑に、ギャングはやりたい放題。

    そこのバンドのベース奏者ジェリー(ジャック・レモン)とサックス奏者ジョー(トニー・カーチス)は偶然、ギャングの血の粛清の現場を見てしまい、命を狙われることとなり、遠くに逃げねば・・・ともぐり込んだのが、フロリダに行くというバンド

    ところがこのバンド、メンバーは女性のみということで、二人は女装してダフネとジョセフィンと名乗り、集合場所へ。
    そこで出会ったのが、ウクレレ奏者で歌手のシュガー(マリリン・モンロー)
    フェロモンいっぱいの彼女に、即メロメロの二人

    行きの寝台列車から即お酒も入り、盛り上がりまくりの女子会。女同士の気安さから、サックス奏者なら誰にでも心惹かれちゃうというシュガーの恋バナに、胸躍るジョー。
    フロリダのビーチでの、大富豪に化けてのアプローチは成功するのか?

    一方、本物の大富豪オズグッドⅢ世(ジョー・E ・ブラウン)に惚れられてしまったダフネことジェリー。
    そんな時、あろうことかボス(ジョージ・ラフト)をはじめギャング達が“イタリアオペラ愛好会”を隠れ蓑に、会議をする為、楽団が滞在し仕事をしているホテルへ。
    身の危険を察知した二人は、オズグッドⅢ世の力を借りてシュガーも共に逃げ出そうとする・・・・・。

    このドタバタ劇を締めくくるのが“NOBODY‘S PERFECT”という例のセリフ
    ダフネにご執心のオズグッドⅢ世からの求婚に、結婚できない理由を述べるも動じず、遂にウイッグを取り“男だからだ!”と告白した時に、満面の笑みを浮かべた富豪が言うセリフ!
    ビリー・ワイルダー監督もお気に入りのフレーズだったようで、彼の墓碑銘にも使われています。
    曰く“I’M A WRITER BUT THEN  NOBODY’S PERFECT”

    ジャック・レモンとトニー・カーチスの女装がグロテスクにならないようにとモノクロで撮られたこの作品。
    マリリン・モンローはカラーじゃないと、大いに怒ったそうですが、彼女は十分チャーミングだし、二人の女装もそこそこだし、何より逆にいつ観ても古く感じられないのが、素晴らしい映画で~す!

     

     おたか