CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2017年8月2日(水) 16時17分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク!『 スパイダーマン ホームカミング 』

    今日紹介した 映画 は…

     スパイダーマン ホームカミング 

    でした!

    監督
     ジョン・ワッツ

    主演
     トム・ホランド
     マイケル・キートン
     ジョン・ファブロー
     ゼンデイヤ
     ロバート・ダウニーJr

    今まで、トビー・マグワイア版の「スパイダーマン」が3本、アンドリュー・ガーフィールド版の「アメイジング・スパイダーマン」が2本と、度々映画化されてきたアメコミヒーロー。
    今回は、あのアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)も、登場です。

    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、スパイダーマンを評価したトニーは、自身の会社の研修生にし、スパイダーマンスーツも与え大事に育てようとします。けれど、早く一人前のヒーローになり、アベンジャーズの一員になりたいスパイダーマン=ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、トニーの忠告を無視して、スーツの補助輪モードを解き、一人で敵に立ち向かったことで、信用を失い、スーツも取り上げられてしまうのですが・・・。

    今回のヴィラン(悪役)は、巨大な翼を持つヴァルチャーこと、エイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)。
    彼の設定は原作コミックからは大きく変更されていて、アベンジャーズの闘いによって崩壊したニューヨークのビルで、残骸回収をしていたエイドリアンたちの仕事を、突然奪ったトニー・スタークを恨み、密かに持ち出した瓦礫の一部、地球外物質を元にハイテク武器を作り、売りさばいている武器商人という設定です。

    原作のコミックでは有名なヴィランだけどスパイダーマンの映画版には今まで登場したことがなかった、この自らが発明した飛行スーツを悪用するヴァルチャーを相手に、どこまで闘えるのか?

    今回のスパイダーマン、ピーター・パーカーは15歳の高校生。
    クラスメイトとのパーティや、ホームカミングデーのダンス、全米学力コンテスト。
    ちょっと気になる女の子ミシェル(ゼンデイヤ)との恋の行方や、ピーターがスパイダーマンだという秘密を知ってしまったクラスメイトのネッド(ジェイコブ・バタロン)との共同作業など、学園生活も丁寧に描かれていて、青春学園ドラマとしても楽しめます。

    そして、予告編やCMでもおなじみ、あのフェリーが真っ二つになるのをスパイダーマンが必死につなぎとめるシーンを始め、アクション面での見せ場もたっぷり。

    先に公開されたアメリカでの評判も上々。さて、日本では・・・?

     おたか