CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2020年5月13日(水) 16時22分 おたかのシネマDEトーク

    5月13日*おたかのシネマでトーク「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜 」をご紹介しました。

    監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン

    キャスト:ジェイク・ジレンホール
         タチアナ・マスラニー
         ミランダ・リチャードソン
         クランシー・ブラウン
         他

    おたかさんも美容院に行ったそうです!(^_^)♪

    先週は、ファンタジーものを取り上げて???状態になってしまったので、今週はバリバリの実話もの。
    2013年415日に起きた、ボストンマラソンの爆弾テロ、3人が死亡し、282人が負傷したあの事件に巻き込まれ、両足を失った27歳のジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)の実話。
    犯人を目撃した彼は、FBIに協力し犯人特定に貢献し、爆発直後の生々しい写真が広く報道されたこともあり、
    “ボストンストロング”というスローガンを象徴するヒーローとして、一躍時の人となった。

    ボストンマラソン開催の前日、仕事帰りに、2連敗中のボストンレッドソックスを応援するために、スポーツバーにやってきたジェフは、元カノのエリン(タチアナ・マスラニー)に偶然出会う。
    チャリティランナーとして参加する為に寄付金集めに来た彼女とは、何度も別れてはヨリを戻していて、いいところを見せようとしたジェフは、みんなに呼びかけ、沢山の寄付金を集める。
    おまけに、翌日は、手作りのポスターを持って、応援に行くというジェフの約束を、どうせ又、当てにならない約束だと聞き流すエリン。
    それまで、約束を反故にしたり、遅れたり・・・といい加減な付き合いをしてきたジェフだったが、その日はゴール地点にギリギリにやってきて、エリンのゴールを待っていた。そして、そんな彼のすぐ側で起こった2度の爆発。
    ひどい傷を受け、病院に担ぎ込まれたジェフが意識を取り戻したとき、彼の両脚は切断されていた。
    駆け付けたエリンは、自分のせいでジェフがそんなことになってしまったことに自責の念を抱き、彼を支えようと心を決めた。

    ヒーローとして皆からの注目を集め、世界中からプレゼントや手紙が届けられ、母パティ(ミランダ・リチャードソン)は、誇らしげにマスコミのインタビューに答えている。
    そんな周囲の喧騒をよそに、ヒーローとして担ぎ上げられることに、違和感を感じ始めるジェフ。
    何かを勇敢に成し遂げたわけでもなく、ただ一瞬にして足を失ったというだけの無力な人間であり、一人では身の回りのことも何もできないことに苛立ち、厳しいリハビリに耐えられず自暴自棄になり、ついにはお酒に溺れる有様。
    エリンとの仲もぎくしゃくし、自分の不甲斐なさに絶望するどん底から、彼は一体どうやって希望や強さや勇気を見出していくのか・・・。

    悲劇の時に人々を勇気づけた“ボストンストロング”という言葉。その始まりは、地元ボストンのフェンウェイパークを本拠地とするメジャーリーグ球団『ボストン・レッドソックス』が、テロ事件の翌日“ボストン・ストロング=ボストンよ強くあれ”と書かれたユニフォームを試合中のベンチに掲げたことがきっかけだった。
    そしてこの年、レッド・ソックスは前年の地区最下位からワールドシリーズを制覇。あの上原浩治選手が胴上げ投手となったことを覚えている日本のファンも多いだろう。
    阪神淡路大震災の後、神戸を本拠地にしていたオリックスが、“がんばろう神戸”のワッペンと共にリーグ優勝を成し遂げ、我々を力づけてくれたこと。東日本大震災の後、楽天が初のパ・リーグ優勝を果たしてくれた時の感動を思い出した。

    監督は「スモーキング・ハイ」などのデヴィッド・ゴードン・グリーン。
    ジェフ役は、役へののめり込み方が半端じゃないので、カメレオン俳優といわれているジェイク・ギレンホール。
    正に、彼にしかできない渾身の演技、そしてこの企画にほれ込んだ彼は、プロデューサーとしても、深く作品に関わっている。

    ★おたか★