CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2020年12月2日(水) 17時23分 おたかのシネマDEトーク

    12月2日*おたかのシネマでトーク「ノッティングヒルの洋菓子店」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 ノッティングヒルの洋菓子店 」をご紹介しました。

    監督:エリザ・シュローダー
    キャスト:セリア・イムリー
         シャノン・ターベット
         シェリー・コン
         ルパート・ペンリー=ジョーンズ
         ビル・パターソン
         他

    ノッテイングヒルというのは、英国のロンドン西部の高級住宅街。
    カフェやレストランが多いおしゃれな街。特にここが憧れの街になったのは、あの映画の影響かも?
    ハリウッド女優アナのジュリア・ロバーツと冴えない書店主ウィリアムのヒュー・グラントとのロマンチックな恋を描いた、1999年のロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本の「ノッテイングヒルの恋人」。
    エルビス・コステロの歌う“She”も印象的で、日本でもヒットし、ロンドンに行ったらこの街を訪ねなくては・・・と、特に若い女性に人気のスポットになったこのエリア。

    そのノッテイングヒルのゴールボーンロードに洋菓子店を開こうと、パティシエのサラと親友のイザベラ(シェリー・コン)は大張り切り。ところが突然、サラが事故死してしまったことから、計画は初っ端から頓挫してしまう。
    借りた店舗の解約もできず、困ったイザベラはサラの娘のクラリッサ(シャノン・ターベット)と、生前仲違いをしてサラとは絶縁中だったサラの母親のミミ(セリア・イムリー)に協力を頼み、何とか店のオープンに漕ぎつけようと大奮闘。
    そして、パティシエの募集にやってきたのが、ミシュランの2つ星の店のスターシェフのマシュー(ルパート・ペンリー=ジョーンズ)。
    実は、マシューはサラの元カレ。もしかして、クラリッサのパパ?
    製菓学校で同級生だったというサラとマシューとイザベラ。窮状をみかねて応募してきてくれたマシューを雇い、何とかオープンにこぎつけた洋菓子店は“Love Sarah”と名づけられ、色とりどりのスイーツを並べ、開店の日を迎えた。
    ところが、なかなか客足が伸びない。洋菓子店が立ち並び、ライバルの多いエリアだけど、いくらなんでも寂しい現状に、打開策はあるのか???

    4人が切り盛りする洋菓子店に所狭しと並ぶお菓子とパンは本当に美味しそう。
    それもその筈、ロンドンで大人気のデリ、ヨタム・オットレンギの率いる“オットレンギ”の全面協力を得ていて、スイーツ好きにはたまらない眺め!イギリスの定番のビクトリアスポンジをはじめ、世界各国のお菓子のオンパレード。
    なんと、日本の“抹茶ミルクレープ”がストーリー展開に大きな役割を果たすのが、ちょっと嬉しい。

    監督のエリザ・シュローダーはドイツ生まれで、結婚して英国に来て、ノッティングヒルに住み、カップケーキ職人の短編ドキュメンタリーやTVドラマなど手掛けてこの作品で長編映画監督デビュー。
    多様な文化を持つるつぼとしてのロンドンを舞台に、ブレグジットの時代の今のロンドンの人々の生活も垣間見ることが出来、特に、3世代の女性の生き方には、それぞれの世代で共感できる部分が多いのではないだろうか。
    なにかと手伝ってくれる、お向かいの老人フェリックス(ビル・パターソン)はいつしかミミに思いを寄せていて、2人の仲も気になるところ。

    原題は店名の“Love Sarah”なんだけど、邦題は「ノッテイングヒルの洋菓子店」。
    どうも、あの映画のヒットにあやかろうかという匂いがするのだが、あの「ノッテイングヒルの恋人」でも、ウィリアムの妹の誕生日パーティで、遠慮の塊のケーキのチョコレートブラウニーを、不幸自慢をして勝ったアナがゲットするというくだりがあり、洋菓子と女性は強い絆で結ばれているのは間違いないみたい、特にノッティングヒルの街では・・・!

    ★おたか★