CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2020年12月9日(水) 17時09分 おたかのシネマDEトーク

    12月9日*おたかのシネマでトーク「サイレント・トーキョー」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 サイレント・トーキョー 」をご紹介しました。

    監督:波多野貴文
    キャスト:佐藤浩一
         石田ゆり子
         西島秀俊
         中村倫也
         広瀬アリス
         他

    ジョン・レノンが亡くなってから、早いもので、もう40年が経つ。命日とそしてクリスマスも近いこの時期、よく耳にするのが、彼とオノ・ヨーコが1971年に発表した「Happy Xmas(War Is Over)」。
    そしてこの曲にインスパイアーされて生まれたのが、秦建日子の小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」。

    秦は脚本家として活躍し、2004年に「推理小説」で作家デビュー。この小説は“刑事 雪平夏見”シリーズとなり、「アンフェア」のタイトルで篠原涼子の主演でドラマや映画化され、人気を得ている。
    一方、岡田准一を主演に迎えてTVドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」で高視聴率を取り、映画「SP 野望篇・革命篇」で映画監督デビューしたのが波多野貴文。
    そして、そんな二人がタッグを組んだのがこの映画「サイレント・トーキョー」。

    クリスマスイブに、TV局に“恵比寿のショッピングモールに爆弾を仕掛けた”という1本の電話がかかってくる。
    どうせガセネタだろうと思いながらも取材にやって来た契約社員来栖(井之脇海)と先輩の高沢(金井勇太)は、そこにいた主婦のアイコ(石田ゆり子)と共に、小さな爆発に巻き込まれる。そしてなぜか、来栖はアイコと一緒に犯人に操られ、犯行声明と要求をTVで読み上げることになる。“首相と生放送で対談させろ”という犯人の要求を、磯山総理大臣(鶴見慎吾)が断固撥ねつけたことから、次の場所を午後6時に爆破するとの予告。
    そこは、あろうことかクリスマスの人出で賑わう渋谷のハチ公前。
    不審な動きをするIT起業家の須永(中村倫也)、彼を追う刑事の世田(西島秀俊)と泉(勝地涼)、須永に好意を寄せている綾乃(加弥乃)とその友人の真奈美(広瀬アリス)・・・、彼らの目の前で、渋谷の街は爆破され、多くの犠牲者が出る。
    一体だれが、何のために・・・?この先まだ、惨劇は続くのか??

    どう見ても犯人らしからぬ人が犯人、というのが面白いサスペンスのセオリーだとしたら、犯人は誰?
    佐藤浩市扮する朝比奈仁なる人物は、すこぶる怪しいけれど・・・??

    原作と映画では、どうもラストが違うらしい。群集劇なので、沢山の登場人物のバックボーンをそれぞれ語っている暇はない。特に、99分という短い時間で描くこの映画版は、人物の掘り下げ方が甘くなるのもしょうがないのかも?!
    でも、首に傷のある世田刑事の過去に何があったのかは是非知りたいと思った。

    ともあれ、渋谷のスクランブル交差点をそっくりそのまま足利にオープンセットで作ったり、1日最大1200人、トータルで1万人というエキストラの数、合成画面をイメージし、ち密に考えて撮る波多野監督の仕事ぶりを秦氏が絶賛したというのも納得の仕上がり。映画ならではの、映画だからこそのスケール感をしっかり押さえているところはさすが!

    小説、映画、そして秦自身の脚本・演出での舞台が2016年に上演されたこの作品。丁度、師匠のつかこうへいの七回忌にあたる年の舞台化だった。
    それぞれの魅力を活かしたアプローチで描かれた物語。見比べ読み比べてみるのも一興。是非、舞台の再演も希望デス!

    ★おたか★