CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年11月27日(水) 13時20分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『太陽がいっぱい』(2019.11.27 水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「太陽がいっぱい」をご紹介しました。

    監督 ルネ・クレマン

    出演 アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ

     

     

    お久しぶりの“オタシネクラシックス”。懐かしの映画を紹介するこのコーナーで今回取り上げたのは、11月2日に80歳で亡くなったマリー・ラフォレのデビュー作「太陽がいっぱい」。

    そもそも彼女を最初に見出したのは、ルイ・マル監督だったらしい。ラジオのタレントコンテストで優勝した彼女を使って映画を撮ろうとしていたのが、諸般の事情で没になり、代わりにルネ・クレマン監督のこの「太陽がいっぱい」でのスクリーンデビューになったのだとか。

    「お嬢さん、お手やわらかに!」などで人気上昇中のアラン・ドロン、「死刑台のエレベーター」でジャンヌ・モローの相手役を務めたモーリス・ロネというスター達を相手に、堂々のヒロインぶり。
    スタッフも、監督が「禁じられた遊び」や「居酒屋」などのルネ・クレマン、原作は「見知らぬ乗客」などが映画化されているパトリシア・ハイスミス、そして「道」や「甘い生活」「山猫」「ゴッドファーザー」などのニーノ・ロータが音楽を担当と、まさに錚々たるメンバー。

    アメリカからイタリアにやってきた大富豪の息子フィリップ(モーリス・ロネ)と、貧しく孤独な青年トム・リプリー(アラン・ドロン)。
    ナポリに近い漁村に、婚約者マルジュ(マリー・ラフォレ)と暮らす愛の巣を持ち、近くのマリーナには彼女の名前を付けた豪華ヨット“マルジュ号”も係留されていて、フィリップは贅沢三昧。
    正に絵にかいたような放蕩息子を心配して、フィリップの父親はトムに息子をアメリカに連れて帰ってくれたら、成功報酬として5000$出そうと持ちかける。
    自由気ままに遊び歩き、マルジュに対してもやりたい放題。資産を持つ者と持たざる者とのあまりのギャップに、嫉妬や怒りを覚えつつ、それでも5000$の為に、まるで使いっ走りのような扱いを受けながらもフィリップから離れられないトム。

    ある日、マルジュの機嫌を取るために、シチリア島のタオルミナまで、ヨットを出す三人。
    ところが途中、諍いの挙句、大切な原稿を海に捨てられ怒ったマルジュが下船し、二人になったヨットで起こった、悲劇的な事件・・・。
    そしてあのあまりにも有名なラストシーンまで、ニーノ・ロータの名曲に乗せて、アラン・ドロンの悪の魅力が花開く!

    最初、フィリップの役をとオファーされたアラン・ドロンを見て、彼はトムの方が・・・と言ったのが、ルネ・クレマン夫人だったらしい。
    そのヨミは大成功で、まさに彼の代表作と言ってもいい作品になったのだ。

    ハンサムで、恋のうわさが絶えないアラン・ドロン。この頃、私生活で付き合っていたのが1959年に「恋ひとすじに」で共演したロミー・シュナイダー。
    同棲し婚約していたのに、1963年には別れてしまうのだけれど、この映画のローマのシーンにチラッとカメオ出演しているので、探してみるのも一興かも?!

    ★おたか★

  • 2019年11月27日(水) 13時00分 OPトーク&プレゼント

    11月27日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★ゲストは西寄ひがしさん (2019.11.27 水)

    11月27日 ON AIR ★

    ばんばん「12月5日から、神戸の南京町で開催される、幻想的なイベントってなんだーーーー!!!!」

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくだとくべつえnさった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ★11月27日 ポッドキャスト ⇊

    —————————————————★

    知性の玉手箱ゲストは、西寄 ひがしさん!

    西寄さんは大分県中津市出身。2001年 から 「氷川きよしコンサートツアー」 の専属司会者として全国の舞台に立ち、 その傍ら多くの演歌歌手のコンサートでも司会を務め人気を博しています。司会だけにはとどまらず、単独トークライブショーも開催されるなど、徳光和夫氏からも「歌謡司会の救世主」と絶賛されている方!

    番組では「SACHIKO」のイントロ紹介も披露して頂きました!!

    そして今日ラジオをお聴き頂いたリスナーの方へ、1名様に西寄さんのオリジナル巾着袋をプレゼント♪ご希望の方は番組メールフォームまで メールフォーム

     

    「西寄ひがしト―クライブツアー2020」

    2020年1月4日(土) 開場13:30/開演14:00 

    大阪・ABCホール

    全席指定席(税込)¥4,000

    ■公演に関する問い合わせ

    エイ・アンド・エイ チケットセンター

    03-5770-3665 (平日12:00~17:00)

    西寄ひがし 公式ブログ

    —————————————————★

    火曜の朝席 12月3日(火)

    桂白鹿/桂鞠輔/露の吉次/月亭八光/桂しん吉「みどりの窓口」(作・立川志の輔)

    開演:午前11時(10時40分開場)全席指定前売1,500円 当日1,800円

     

    落語のマクラで今年55歳で娘が6才でピカピカの小学一年生と言いますと、よく55歳の方が声をかけてくれます。

    「私も55歳です」

    「あーそうですか、同い年ですね」

    そして嬉しそうに「子供は26歳です」

    今まで子供さんの年は26歳が一番多いですね。

    まあ私は何するにしても人様より遅いので20年長生きを目指します。

    露の吉次

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!

    大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

  • 2019年11月20日(水) 13時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(2019.11.20 水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」をご紹介しました。

    監督 ユー・フェイ

    出演 役所広司、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン

     

    先週の「ベル・カント とらわれのアリア」では渡辺謙と加瀬亮がポール・ワイツ監督のアメリカ映画に起用され、今回のこの作品では役所広司が日本人役ではなくヒマラヤ救助隊”チーム・ウイングス“の隊長ジアン役で出演している。
    国際的に活躍する俳優たちが増えてくるのは、嬉しい!

    この映画、日中合作で、プロデューサーが「フェイス/オフ」「レッドクリフ」シリーズ、「ブロークン・アロー」などのテレンス・チャン。
    監督のユー・フェイは、もとは大手の携帯ゲーム会社の副総裁で、“アメージング・スパイダーマン”のゲームなど人気作品を作っていて、小説を書いたり、映画製作会社を作ったりという経歴の持ち主で、初めての監督作品とは思えない仕上がり。

    かつては“ヒマラヤの鬼”と呼ばれていた救助隊”チーム・ウイングス“の隊長のジアン(役所広司)は、新入りの女性隊員のシャオタイズ(チャン・ジンチュー)や、ヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)らと共に、過酷な人命救助の現場で活躍していた。5年前、ヒマラヤで遭難して自分だけが救助され、置き去りにしてきた恋人を探すためチームに加わったシャオタイズ、優秀ながら無謀な行動の多いシャオタイズには悩まされながらも、彼女の中に亡くなった娘の面影を見るジアン。

    ある日、2人の男の訪問を受け、ヒマラヤの”デス・ゾーン“とよばれる8700メートル地点に墜落した飛行機に積まれていた機密文書の回収を頼まれる。
    カトマンズで間もなく始まるヒマラヤサミットの前に、国家間の戦争を引き起こす可能性があるその文書を手に入れないと大変なことになるのでと、多額の報酬での依頼に、あまり気乗りしなかったジアンだが、チームの財政難を考え、引き受けることにする。
    この依頼には何か裏がある…と感じたジアンは、カトマンズのオフィスと連絡を取りつつ、山を登っていくのだが、案の定隠された陰謀が明らかになり、予想もつかない展開に・・・。

    実際に山が好きでヨーロッパアルプスのモンブランやエベレストにも登頂している監督のユー・フェイが2015年に脚本を書き始めて、アルプスなどで登山シーンのポスプロの準備にかかり、2017年にはキャスティングが始まり、6月に役所広司の出演が決定。2018年の1月から中国~カナダ~ネパールとロケを続け、4月いっぱいで撮影終了。その後、視覚効果など仕上げ作業を経て本編が完成したのが今年の7月というから、実に5年がかりの大作といっていい。

    日本語吹き替え版にはエンドロールにかぶせて主題歌、GLAYの“氷の翼”が流れる。
    臨場感あふれる山のシーンに、人間ドラマも加わり、見ごたえのある作品なのに、劇場で観た時のお客様の少なさに、ちょっとびっくり!
    宣伝が行きわたっていないということもあるのだろうけど、興行の難しさを垣間見たような気がした。
    結構面白い映画なのに、もったいないな~!!

    ★おたか★

  • 2019年11月20日(水) 11時30分 OPトーク&プレゼント

    11月20日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★(2019.11.20 水)

    11月20日 ON AIR ★

    ばんばん「11月30日まで、神戸ポートアイランドの神戸どうぶつ王国で体験できる臭いってなんだーーーー!!!!」

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくだとくべつえnさった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ★11月20日 ポッドキャスト ⇊

    —————————————————★

    知性の玉手箱ゲストは、清水智子さん。

    清水さんは大学卒業後、輸入代理店で輸入事務および顧客サービス業務に従事。その後、一部上場電機メーカー、外資系企業などで、採用、教育、顧客管理業務などを担当し、カナダ総領事館勤務を経て独立。会社員時代には終身雇用、成果主義、完全年棒制など、多様な雇用形態と組織を体験し実績を残されました。

    1992年10月有限会社キャップスを設立。2005年3月、文化政策研究科修士取得。2008年3月、博士後期課程単位取得満期修了。キャップスのお仕事の中にGG55(ジージーゴーゴー)事業部があります。きょうは須磨にオープンされていますアナログ喫茶GG55についてお話を伺いました。

     

     

     

    —————————————————★

    火曜の朝席 12月3日(火)

    桂白鹿/桂鞠輔/露の吉次/月亭八光/桂しん吉「みどりの窓口」(作・立川志の輔)

    開演:午前11時(10時40分開場)全席指定前売1,500円 当日1,800円

     

    嬉しい事がありました。

    兵庫県立美術館さんの県美亭ワンコイン寄席のお客さんを送り出しをしていた時の事です。

    ある男性が神戸新聞の俳句のコーナーに入選したコピーをいただきました。

    その句は“落語聴き 癌も笑へと秋の声”

    この句は前回の県美亭の帰り道に作ったそうです。

    芸人冥利を感じた昨日の帰り道でした。

    露の吉次

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!

    大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

  • 2019年11月13日(水) 14時40分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ベル・カント とらわれのアリア 』(2019.11.13 水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ベル・カント とらわれのアリア」をご紹介しました。

    監督 ポール・ワイツ

    出演 ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、クリストファー・ランバート

     

    “ストックホルム症候群”あるいは“リマ症候群”とよばれているのですよね?
    誘拐事件や監禁事件などで、被害者が生存戦略として犯人との間に心理的なつながりを築くこと。
    時には、恋愛感情にも似た感情を持つこともあるらしい・・・。

    1973年8月、ストックホルムで発生した銀行強盗人質立てこもり事件、
    1996年12月、南米ペルーのリマにある日本大使公邸占拠事件などからこの呼び名がついたようだが、そのリマの事件が執筆のきっかけとなったというアン・パチェットのベストセラーがこの映画の原作で、2001年に出版され、AMAZONのベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたという小説。

    南米のとある国。副大統領の屋敷で開かれたパーティ。
    そこには、日本人のホソカワ(渡辺謙)という実業家も招待されていて、傍らには通訳のゲン・ワタナベ(加瀬亮)が付き添っていた。
    彼の事業の工場を是非とも誘致したいという下心もあって、実はホソカワがあちこちで開かれるリサイタルに足しげく通っているという、大好きなオペラ歌手ロクサーヌ・コス(ジュリアン・ムーア)をゲストに招き、目の前で歌ってもらおうと企画されたパーティで、大統領やフランス大使のティボー(クリストファー・ランバート)らも参加する盛大なものだったが、結局大統領は欠席したままパーティは始まり、居並ぶ招待客の前で、ロクサーヌの歌声が響き渡ったその瞬間、突然テロリストたちが邸内になだれ込み屋敷を占拠してしまう。

    邸内にいた全員が人質となったまま朝を迎え、収監中の仲間の釈放を求める彼らとの交渉役は、赤十字のメスネル(セバスチャン・コッホ)が務めることに。
    何人かの人質は解放されたが、その後の膠着状態を打破したのは、ロクサーヌの歌声。
    そして、いつしか人質とテロリストの間には、不思議な関係が芽生えていった・・・。

    ロクサーヌの素晴らしい歌声を吹き替えたのはルネ・フレミング。あの「シェイプ・オブ・ウォーター」の挿入歌の「ユール・ネヴァー・ノウ」でも知られる素晴らしいソプラノ歌手。
    素晴らしい芸術が人の心を動かすというのは、先日、来日中のベルリン・フィルをあのズービン・メータが指揮したコンサートを聴き、大感動したのでわかるような気がするし、実際、人の心を動かしたり救うのは、力ではなく、芸術や真の交流がもたらす触れ合いや愛なのだというこの映画のテーマに、素直に共感できるのだ。

    監督は「アメリカン・パイ」でデビューし、「アバウト・ア・ボーイ」で弟のクリスと共に脚本と監督を務めアカデミー賞脚本賞にノミネートされたポール・ワイツ。
    人間ドラマの演出ぶり、サスガです!

    ★おたか★