CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

  • 2021年3月10日(水) 17時03分 おたかのシネマDEトーク

    3月10日*おたかのシネマでトーク「ブレイブ 群青戦記」

    *おたかのシネマDEトーク

    今日は「 ブレイブ 群青戦記 」をご紹介しました。

    監督:本広克行
    キャスト:新田真剣佑
         山崎紘菜
         鈴木伸之
         渡邊圭祐
         濱田龍臣
         他

    “週刊ヤングジャンプ”に連載されていた笠原真樹原作の人気コミックの実写映画化で、部活中の高校生が学校もろとも戦国時代にタイムスリップするというお話。
    そういえばそんな設定の映画があったような・・・と思い出される方も多いかも?!
    1979年に作られた「戦国自衛隊」。戦国時代にタイムスリップした演習中の自衛隊の一個小隊が、川中島で武田軍と戦うというストーリーだった。
    千葉真一の芸能生活20周年記念として作られた作品なのだが、実は今作「ブレイブー群青戦記―」で主演しているのが、その千葉真一の長男の新田真剣佑なのだから、ちょっと不思議な縁を感じるのだ。

    滋賀県にあるスポーツ名門校で、ある日の放課後、突然校庭の岩に雷が落ち、赤い雨が降り蝉が大量発生し、校庭の向こうに城が浮かび上がり、野武士の一団がなだれ込んできて、生徒たちを血祭にあげる。
    弓道部の練習に参加していた歴史マニアの西野蒼(新田真剣佑)は、学校が丸ごと戦国時代“桶狭間の戦い”の直前にタイムスリップしたことに気づく。
    織田信長(松山ケンイチ)の軍勢に襲われ、級友たちを連れ去られたことを知ると、残った生徒たちで仲間を奪還しようと作戦を練る。
    武器はないけど、弓道部、剣道部、空手部、野球部、卓球部、ボクシング部、フェンシング部、アメフト部、薙刀部など日頃の部活で鍛えたアスリートたち。
    それぞれの競技の特性を生かして、なんとか織田信長と戦い始めた彼らの前に救世主のごとく現れたのが、のちに徳川家康となる松平元康(三浦春馬)。
    元康の助けを借りて、信長の城の奥に捕らえられた仲間を助け出し、時間までに学校に戻り、再び現代に帰ってくることが出来るのか・・・?

    とにかく若手のイケメン俳優たちのオンパレード。
    新田真剣佑を筆頭に、鈴木伸之、鈴木仁、渡邊圭祐、福山翔太、飯島寛騎、濱田龍臣、長田拓郎、足立英、そして蒼の幼馴染の瀬野遥役の山崎紘菜ら、キラ星のごとき青春スターが大暴れ。
    監督をした「踊る走査線」シリーズの本広克行が、先輩の演技を見て感じて、いろんなものを継承して欲しかったという狙い通り、信長役の松山ケンイチは撮影中もその後も、若手にとっては声もかけられないほど恐い存在だったようで、だからこそその存在から学ぶことも多かったようだし、一方、元康役の三浦春馬は新田真剣佑にとって、俳優を目指すきっかけになった憧れの存在で、撮影中も交流を通して、多くのことを学んだという。本当に早すぎる死が惜しい。

    仲間は決して見捨てない!たとえ相手がどんなに強く、大軍であったとしても、仲間との絆と、日頃から努力を積んできた部活の頑張りとスキルを活かして立ち向かう。
    え~、そこまで歴史を変えていいの?とちょっとビックリの展開も、ちょっと引いてしまうぐらいの残虐な殺戮のシーンもあるのだが、キラキラした若さが弾ける若手俳優の活躍ぶりが眩しい群像劇。
    将来、この中からどんなスターが誕生してくるのかも楽しみで、一押しのお気に入りを探しながら観るのも一興かも??

    ★おたか★