CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2018年5月16日(水) 16時48分 お孝さん

    おたかのシネマでトーク『のみとり侍』(2018.5.16水)

    ーーーおたかのシネマでトーク

    今日は「のみとり侍」をご紹介しました。 

    監督 鶴橋康夫

    出演 阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝

     

    徳川10代将軍家治の治世。
    老中、田沼意次(桂文枝)は、やりたい放題。規制緩和で何でもありの世の中で、いろんな生業で江戸庶民たちは逞しく生きていた、そんな時代。

    武士のエリートコースをひた走っていた、越後長岡藩の勘定方書き役小林寛之進(阿部寛)は、歌会で藩主牧野備前守忠精(松重豊)の逆鱗にふれ『お前なんか、蚤とり侍になれ~!』と左遷されてしまう。

    当時、猫の蚤取りをすることを表の顔にして、裏ではその飼主の女性たちを慰めるというお仕事があったようで、
    藩邸を追い出された寛之進は、貧しい子供たちに無料で読み書きを教えている佐伯友之介(斎藤工)らの暮す長屋に住まいを移し、どんな仕事かもわからないまま、蚤とりの元締めを訪ねる。

    甚兵衛(風間杜夫)と女将のお鈴(大竹しのぶ)に才能があると見込まれ、派手な着物を着せられていきなり何も分からず、お仲間たちと町へ送り出された寛之進。

    最初に彼を呼び止めたのが、おみね(寺島しのぶ)という、ある大物に囲われている愛人で、なんと寛之進の亡くなった妻にうり二つの女性。
    これはもしや運命の出会い?と胸躍らせたのもつかの間、
    『この下手くそが~!』と怒鳴られる始末。

    男としてのプライドをズタズタにされ、意気消沈する寛之進の前に現れたのが、江戸一番の伊達男、小間物問屋近江屋の婿養子の清兵衛(豊川悦司)。恐ろしい妻おちえ(前田敦子)の目を盗んでは浮気三昧。
    そんな清兵衛に手取り足取り教えてもらい、メキメキ腕を上げていく寛之進。
    ところが、老中田沼意次が失脚し、蚤とり禁止令が出て、彼らは捕らえられてしまうのです・・・。

    昨年亡くなった小松重男の傑作短編集「蚤とり侍」の中から、
    表題作と、傘一本だけ持って追い出された亭主の「唐傘一本」、
    父親から譲り受けた刀を大事に守る貧乏武士の「代金百枚」のお話をあわせて脚本を書いて監督したのが、鶴橋康夫。
    映像の魔術師といわれる彼が、40年間も映画化を熱望していたと言うだけあって、シニカルでシュールな鶴橋ワールドが全開。

    前作「後妻業の女」で、高齢化社会に潜む怖さをブラックな笑いをまぶして描いた鶴橋監督が、今回は江戸時代を舞台に武士として、男として、与えられた場で真面目に生きようとする不器用な男が、やがて本物の愛と人情に出会う物語を、笑いと共に、楽しく切なく風刺を利かせて描きあげている。

    結構きわどいシーンもありながら、嫌味なく観られるのは、阿部寛はじめ出演者のアンサンブルの妙で、本当は練りに練った演技プラン演出プランに基づいているのだろうけど、まるで思い付きのように気楽な展開で進んでいくのが小気味いい。
    文枝師匠の田沼意次も、非常に見ものです。
    是非観に、いらっしゃ~い!

    ★おたか★

    過去ログ…5月9日 放送 おたかのシネマでトーク「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

                   5月2日 放送 おたかのシネマでトーク「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

                   4月25日 放送 おたかのシネマでトーク「かぐや姫の物語」

         4月18日 放送 おたかのシネマでトーク「レディ・プレイヤー1」

                   4月11日 放送 おたかのシネマでトーク「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救っ

     

  • 2018年5月16日(水) 16時40分 プレゼント

    アリが首をかしげてる…ありぃ?(2018.5.16水)

    大吉次・はるかのベストセラーを読む!今日はじゅえき太郎さんの「ゆるふわ昆虫大百科をご紹介しました。放送が終わってゆるふわな一枚。吉次師匠が持っているのは神戸新聞。遥さんの記事と吉次師匠の記事が偶然、一緒に掲載されてたので、記念に。

    ——————————————————

    アリが首をかしげてる「ありぃ?」

    アリとガとチョウが感謝「アリがチョウ」

    ハチにいたずらして刺された「ハチチッ!このハチ当たりが」

    昆虫界の諜報部員 人呼んでクモ男「スパイだぁ」

    クワガタムシのハサミで指を噛まれるところでした「あぁくわがった(恐かった)」

    小さな虫さんの世界に大きな世界が広がっていて、虫さんの不思議がいっぱいつまってます。

    5才の娘の大好きな虫はダンゴムシです「よく子どもにつつかれて丸くさせられます」

    14本のあしがあるんだそうです。

    (露の吉次)

    ——————————————————

    来週は原りょうさんの「そして夜は甦る」を紹介します。放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!

    過去ログ…5月9日 放送 ベストセラーを読む「オリンピックへ行こう!/真保裕一著」

                    5月2日 放送 ベストセラーを読む「さざなみのよる/木皿泉著

                    4月25日 放送 ベストセラーを読む「フィリップ・マーロウの教える生き方/レイモンド・チャンドラー著

                   4月18日 放送 ベストセラーを読む「かがみの孤城/辻村深月著」

               

    ★第49回 あみだ池寄席★

    日時…2018年5月27日(日)午後2時開演(1時半開場)

    場所…あみだ池 和光寺 本堂1階 全席椅子席

    ※地下鉄千日前線 西長堀駅5号出口 東へ徒歩2分、または地下鉄長堀鶴見緑地線 西長堀駅2号出口 東へ徒歩5分

    木戸銭…前売り 1500円 当日2000円

    出演…笑福亭枝鶴、林家染吉、露の吉次、三味線 中田まなみ

    お問い合わせ・お申込み

    TEL&FAX 06-6491-3554

  • 2018年5月16日(水) 16時00分 知性の玉手箱

    知性の玉手箱★いかりんさん よろ肉!(2018.5.16水)

    知性の玉手箱、ゲストは焼肉女王 いかりんさん。

    「関西焼肉の女王」と呼ばれ、お肉のソムリエ「お肉博士1級」をお持ちです。お肉のスーツで着て頂きました!ご自身で牛の買い入れも行ったことがあるそうです。

    美味しい焼肉屋の見分け方は、今日のおススメの部位などを教えてくれる店員さんのいるお店。そして、自分の信頼している味覚の持ち主から、お店を紹介してもらうこと!詳しくはサイトでよろ肉お願いします!

    焼肉バンザイ!(関西焼肉.COM)

     

    そして、映画評論家 津田なおみさん。

    今月、出版されたばかりの著書「映画監督 田中絹代」(神戸新聞総合出版センター)を紹介して頂きました。大女優として有名な田中絹代の、映画監督としての一面を書いた一冊。

     

     

     

    ーーー「ばんばんの法則

    これ、なんでかいつも不思議とこうなっちゃうよね。え!なんでいつもこうなるの!?と思う日常の法則を紹介するコーナー。

    “会うたびに「おっきなったな~」という親戚のおっちゃん。ちっちゃなってたらこわいやろ!”

    「大草原~!!」

    大草原が出た法則には、ラジオ関西 オリジナル図書カードをプレゼント!まだまだ来週も「ばんばんの法則」お待ちしています!!!⇒ メールフォーム  

     

    ーーー「単勝で候

    今週はキャリーオーバー6000円プレゼントということで、力が入る吉次師匠。いつもより焦らし気味。

    吉次師匠「答えは・・・・・・・・・・・!!!!」

    ばんばん「はやく!!!!」

    力がこもりすぎて原稿がビリビリになりました。

  • 2018年5月16日(水) 10時50分 プレゼント

    5月16日★むごれ!はごはれ! 単勝で候 キャリーオーバー中 6000円をゲットせよ (2018.5.16水)

    5月16日 ON AIR ★

    ばんばん「5月25日まで兵庫県三田市の兵庫県立人と自然の博物館で開催されている野生の植物の特別展ってなんだーーーーー!!!」

    ばんばん「京都になかなか予約の取れない割烹料理屋がありまして、そこの店主が矢沢永吉さんの大ファン。そして毎年、店主が永ちゃんになりきって、ホテルでディナーショーを行うんです。先日そこで、歌うことになったときに、僕のステージが6時から始まると思っていたのですが、なんと16時の間違いで…」

    そんなお話からスタート~!

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) 

    ★そして、おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は「hacomo PUSU PUSU」どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ⇒ メールフォーム  

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

     

    ーーーおたかのシネマでトーク

    11時台に放送。今日は「のみとり侍」をご紹介します!

    過去ログ…5月9日 放送 おたかのシネマでトーク「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

     

    ーーーばんばんの法則

    これ、なんでかいつも不思議とこうなっちゃうよね。え!なんでいつもこうなるの!?と思う日常の法則を送ってください。12時35分頃から放送です。

    ーーーばんじいの知恵袋

    今日のお悩みはスーパービーバーさんから。 “主人の両親が実家で犬を飼い始め、我が家に当然のように連れてくるのですが、私は犬が苦手。ワンちゃん恐怖症を改善する方法は??

    番組冒頭で紹介する、お悩みに対するアドバイスを送ってください。いただいたおたよりは、12時50分頃にご紹介。お悩みも随時募集中!採用された方には、図書カードをプレゼントします。

    ーーークイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばさん&お孝さんが答えます!ばんばさん、お孝さん、どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに今日は6000プレゼント★コーナーは13時15分頃。

    ⇒ メールフォーム  

     

    ーーー「大吉次・はるかの

         ベストセラーを読む!

    今日は、じゅえき太郎さんの「ゆるふわ昆虫大百科」をご紹介します。放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています!

    過去ログ… 5月9日 放送 ベストセラーを読む「オリンピックへ行こう!/真保裕一著」

     

    今日の晩ごはんも送ってくださいね♪🎵

    たくさんのメールお待ちしてます!

    (スタッフ K)

  • 2018年5月9日(水) 17時45分 お孝さん

    おたかのシネマでトーク『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018.5.9水)

    ーーーおたかのシネマでトーク

    今日は「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」をご紹介しました。 

    監督 クレイグ・ギレスピー

    出演 マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ

     

    人は、どこに生まれ、どんな家族と暮らすか?どんな教育を受け、何に夢中になるか、どんな生き方をするかで、人生は本当に大きく変わっていくのだということが、よく分かる映画。

    1970年、アメリカのオレゴン州ポートランドで生まれたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)は、3歳で母親に連れられてスケートリンクに行き、スケートを始めた。
    母親のラヴォナ(アリソン・ジャネイ)は強烈な個性の持ち主で、ひどい言葉で罵り、殴り突き飛ばし、とても実の娘に対しての態度とは思えないような接し方をした。
    トーニャは、罵られて、なにくそ~と発奮するタイプだから、心の奥底ではそれが娘の為になると信じ、娘の才能を伸ばしたら、その恩恵を受けて自分の生活も良くなるだろう・・・という思惑もあったのではないかとも思われるけど、多分、自身が暴力的な家庭に生まれ育ち、不幸な子供時代を送ったせいで、虐待の連鎖が起こっているのではないかと思えるような母親のひどい振る舞い。

    そんな母親から逃げるように家を飛び出し、19歳でジェフ・ギルーリ(セバスチャン・スタン)と結婚するが、彼も結婚数か月後には、彼女に暴力をふるうDV夫になっていった。

    結婚の翌年、1991年の全米選手権で、アメリカ女性初のトリプルアクセルを成功させ、初優勝に輝いた。
    (因みに、女性で初のトリプルアクセルを成功させたのは、伊藤みどりさん。)
    ところが、1992年のアルベールビルオリンピックで4位とメダルを逃し、その後は絶不調が続きジェフとも離婚。

    再起をかけたリレハンメルオリンピックの選考会となる会場で、ライバルのナンシー・ケリガンが襲撃されるというあの事件が起こり、トーニャと元夫、ボディガードのショーン(ポール・ウォルター・ハウザー)に嫌疑がかかる。

    1994年、リレハンメルオリンピックでは、靴紐トラブルなどもあり、8位。怪我も治り、特例で出場したナンシー・ケリガンは銀メダルを獲得。
    その後、トーニャは罪を認め、スケーターとしての資格を剥奪され、プロボクシングに転向するも、6ファイトで引退。

    人に挑みかかるような眼差しと、粗暴な態度、みんなに憎まれたヒール役のトーニャの人生が、実はこんなだったなんて、ちょっと同情を禁じ得ないけど、監督のグレイグ・ギレスピーは、時に喜劇のエッセンスも入れながら、人間の弱さ、哀しさそして強さをも懐かしのヒット曲に乗せて、偽ドキュメンタリーのスタイルもとりながら、描きあげている。

    鬼母を演じたアリソン・ジャネイはこれでアカデミー賞の助演女優賞を獲得。
    今回、プロデューサーも務めたトーニャ役のマーゴット・ロビーも主演女優賞にノミネートされていたが「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマンドに持っていかれてしまった。
    撮影の4か月前から週5日、一日4時間以上もスケートの猛特訓をしたのにね~!
    ホント、お疲れ様でした~!

    ★おたか★

    過去ログ…5月2日 放送 おたかのシネマでトーク「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

                   4月25日 放送 おたかのシネマでトーク「かぐや姫の物語」

         4月18日 放送 おたかのシネマでトーク「レディ・プレイヤー1」

                   4月11日 放送 おたかのシネマでトーク「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

         4月4日 放送 おたかのシネマでトーク 「レッド・スパロー」