CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年1月16日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『天才作家の妻 40年目の真実』(2019.1.16水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「天才作家の妻 40年目の真実」をご紹介しました。

    監督 ビョルン・ルンゲ

    出演 グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター

     

    先日発表された第76回ゴールデングローブ賞のドラマ部門で作品賞に輝いたのはあの大ヒット中の「ボヘミアン・ラプソディ」
    主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」で、フレディ・マーキュリーを熱演したラミ・マレック。
    そして主演女優賞を獲ったのがこの「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズ。

    実は、アカデミー賞に6回もノミネートされながら、まだ1回も受賞していない彼女が、きっとこの役で今度のアカデミー賞で主演女優賞をゲットするのではないかといわれているほどの、名演技を見せているのがこの作品。

    原題は「THE WIFE」というのだが、親切すぎるほどの邦題のおかげで、だいたいの内容が分かるのではないかと思うのだが、結婚以来、現代文学の巨匠といわれる作家の夫ジョゼフ・キャッスルマン(ジョナサン・プライス)を献身的に支え、完璧な妻だったジョーン(グレン・クローズ)。
    誰の目にも、理想的で最高のカップルとみられていた二人の関係が、夫のノーベル文学賞受賞をきっかけに、微妙に変化し、壊れていく・・・。
    もう人生の晩年に差し掛かったといってもいい二人の間に起こる夫婦の危機。

    彼らに密着取材して、伝記を書こうとしているジャーナリストのナサニエル・ボーン(クリスチャン・スレーター)は、ふたりの過去を調べる中で、妻子ある大学教授のジョゼフと学生だったジョーンが出会い、熱烈な恋をして略奪結婚をしたこと。
    素晴らしい小説を書いていたジョーンが当時の出版業界ではまだまだ女性蔑視の風潮があり、作家になる夢を諦めたこと。
    結婚後、それまではあまりパッとしなかったジョゼフが、一躍有名作家になったこと・・・などを調べ上げ、授賞式が行われるストックホルムに滞在中のジョーンを問い詰める。
    “あなたは、ジョゼフにうんざりしているのでは? 影として彼の伝説づくりをすることに・・・?”
    “スゴイ想像力ね!小説でも書いたら?” と一蹴しながらも、ジョゼフがインタビューで妻の創作活動について訊ねられた時、即座に”妻は書きません!“と答えたこと、作家としての息子のデビッド(マックス・アイアンズ)についても”彼はまだ、発展途上だ“と即答したことに、心のざわつきを禁じ得ないのだった。

    確かに愛し合っている二人だから、愛する男性に幸せになって欲しいから、影に回って彼を支えようとする女性の生き方に共感を覚える人もいるだろうし、才能ある女性には自立して欲しいと思う人もいるだろう。
    まだまだ女性の社会進出が大変だった1950年代という時代もあったのだろうが、今までのジョーンの生き方については、賛否両論があるのではないかと思う。
    で、ノーベル賞の授賞式、その華やかな宴の席のジョゼフのスピーチに苛立ったジョーンは制止もふりきり会場を後にする・・・!
    自我に目覚めた妻は、一体どんな行動に出るのか?

    監督は舞台の演出にも腕の冴えを見せるスェーデンのビョルン・ルンゲ。
    ジョーンの若い頃を演じるアニー・スタークの面差しがそっくりと思ったら、彼女はグレン・クローズの実の娘なんだとか。
    是非、これからに期待したい素敵な女優さんである。

    ★おたか★

    過去ログ…1月9日 放送 おたかのシネマでトーク「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー

                  12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

  • 2019年1月16日(水) 10時10分 OPトーク&プレゼント

    1月16日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★ (2019.1.16水)

    1月16日 ON AIR ★

    ばんばん「ポートアイランドの神戸どうぶつ王国で現在見学できる、普段よりかなり小さい珍獣ってなんだーー!!!」

    明日は1月17日、阪神淡路大震災から24年になります。ラジオDEしょーもともに歩んできました。被災された方へ心よりお祈り申し上げます。今日も3時までお送りしますよ~!!

     (ポッドキャストは随時更新中!) 

    —————————————————★

    ★ブラザーズ5 セカンドシングルリリース!

    ブラザーズ5、待望のセカンドシングル発売が決定しました!

    2019年2月6日発売ブラザーズ5 2nd.Sg

    君に会えて・・・会えてよかった/吹く風まかせ~Going My Way

    【初回生産限定盤】DVD付き(EPCE-2045~6) ¥1,667+税【通常盤】(EPCE-2047) ¥1,111+税

    ブラザーズ5 HP

    —————————————————★

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) 

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は「ごろねこサミット ちいさめクッション」です。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ⇒ メールフォーム  

    露の吉次Presents 五郎への道

    10時40分頃から放送。吉次師匠の落語会情報もブログでご紹介します。

    おたかのシネマでトーク

    11時台に放送。 過去ログ…1月9日 放送 おたかのシネマでトーク「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばさん&お孝さんが答えます!ばんばさん、お孝さん、どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ コーナーは11時45分頃。⇒ メールフォーム  

    ばんばんの法則

    今日も法則職人のみなさんの秀逸な、ばんばんの法則を紹介しますよ!大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。ばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。(11月14日 放送)

    ばんじいの知恵袋

    番組冒頭で紹介する、お悩みをみんなで解決しよう!ということで、アドバイスを送ってください。いただいたおたよりは、12時50分頃にご紹介。お悩みも大大募集中!採用された方には、図書カードをプレゼントします。

    大吉次・はるかのベストセラーを読む!

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています。

    過去ログ… 1月9日 放送 ベストセラーを読む「図説 明智光秀

    (スタッフ K)

  • 2019年1月9日(水) 15時00分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    ベストセラーを読む「図説 明智光秀」★(2019.1.9 水)

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    あけましておめでとうございます。

    今年は亥年です。「ブヒブヒ私の信条は猪突猛進ですが、今の偉大あおらず逆走に気を付けてちょっとづつ猛進します。今年はイぃ(亥ィ)年になりますように!」

    「お前 猪のくせに、なんでまっすぐやなしに斜めにフラフラ歩いてんねん!」「すいません、酔っぱらってますねん」

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    吉次・はるかのベストセラーを読む!」今日は柴裕之さんの「図説 明智光秀」をご紹介しました。twitter戎光祥出版の公式アカウントでもご紹介して頂いています♪

    2020年のNHK大河ドラマでは、明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」が放映予定。光秀が麒麟。麒麟とは最も傑出した人物のたとえ。

    えっ!光秀が・・・。

    三日天下の謀友人の印象が強い光秀ですが、背景にある戦国時代の政治や社会の実態を見直すことによって「真実」の光秀像に迫る。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!来週もお楽しみに!!

    過去ログ… 12月26日 放送 ベストセラーを読む「ある男」

                    12月19日 放送 ベストセラーを読む「レプリカたちの夜」

                    12月12日 放送 ベストセラーを読む「好きな服だけ着ればいい」

          12月5日 放送 ベストセラーを読む「フーガはユーガ」

    —————————————————★

    吉次師匠 出演情報

    ★2019年1月13日(日)「県美亭ワンコイン寄席 ~A HAPPY NEW 亥やー!県美亭をいの一番に今年もよろしく~」

    両日とも 兵庫県立美術館 レクチャールーム 午後2時開演

    500円(当日 午後1時から 販売)

    お問い合わせ 078-262-0908(兵庫県立美術館 芸術の館)

     

    2019年2月3日(日)「第52回 あみだ池寄席」

    11月18日 午後2時開演(1時半開場)

    笑福亭仁福/桂文昇/露の吉次(二席)

    前売り1,500円 当日2,000円

    場所:あみだ池 和光寺 本堂1階 全席椅子席(大阪メトロ千日前線「西長堀」5号出口東へ徒歩2分/長堀鶴見緑地線「西長堀」2号出口より東へ徒歩5分)

    お問い合わせ 06-6491-3554(露の吉次)

  • 2019年1月9日(水) 14時00分 知性の玉手箱

    ワイン大楽★ワイン格付けチェック選手権!!!一流パーソナリティは誰だ!!? (2019.1.9 水)

    おーみんのワイン大楽」のコーナー おーみん楽長こと大西威之さん!

    今日はワイン格付けチェック選手権!  (ポッドキャストは随時更新中!)

    AとBのワイン、どちらが高いワインなのか当てられたら一流パーソナリティ。当てられなかったら・・・。

    ばんばん「Aのワイン!!」

    増井さん「Aのワイン!!」

    吉次師匠「Bのワイン!!」

    おーみん「答えは・・・・・Aのワイン!!!!!」

    吉次師匠残念でした。

    おーみんのショップでも買えます。⇒ ワインショップ「クロノワ」

    今日は、1名様におーみんおススメワイン「シャトーヴィエイラ2006」 をプレゼント♪

    ご希望の方は番組まで「ワインほしい!」とメールを送ってくださいね。(当選者は 2月6日の放送にて発表します!)⇒ メールフォーム  

    「無茶ぶりマリア―ジュ」のコーナーにも、まだまだおーみん楽長への無茶ぶりな質問受付中!お楽しみに!!

    大西タカユキのワイン大楽

    —————————————————★

    知性の玉手箱ゲストは書道正師範・筆跡心理カウンセラー 本山裕子さん。7歳より書の道を志し、心を整える書道教室『書心塾』にて、書を通じたマインドフルネスプログラムを提供されています。レストランや各種店舗などの商業デザイン、展示会デザインなどを手がける傍ら、企業の顔であるロゴや名刺など個性を表現するツールデザインも手がけています。

    ばんばさんの「馬」という字をカウンセリング・・・

     

     

    ★1月13日に大阪梅田の香住カニ専門店「北よし」にて香住産カニランチ付書初め会開催。1月26日、2月3日は金色の墨汁を使った願いを叶える書初め会を開催。

    —————————————————★

    新年最初の「魅力満載!海峡通信」のコーナー!!! 明石海峡をはさんだ明石と淡路の、風光明媚な景観や、海と自然が生み出した特産物・イベントなど、明石と淡路島の魅力を存分にお伝えするコーナーです。

    今日は、安政3年(1856)創業、明石本町1丁目にお店を構える富士の山菓舗のおせんべいをご紹介しました!

    福ちゃん 富士せんべい 落花煎

  • 2019年1月9日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー』(2019.1.9水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー」をご紹介しました。

    監督 ケヴィン・マクドナルド

    出演 ホイットニー・ヒューストン、シシー・ヒューストン、エレン・ホワイト、メアリー・ジョーンズ、パット・ヒューストン

     

    人生には、山あり谷あり・・・。誰の人生にも紆余曲折があるものだけれど、ホイットニー・ヒューストンみたいに、その落差が激しい人はあまりいないのではないだろうか?

    エルビス・プレスリーやアレサ・フランクリンのバックコーラスなどをやっていた歌手シシー・ヒューストンが母親で、従姉妹にはあのディオンヌ・ワーウィック、D・D・ワーウィックがいるという音楽一家に育ち、幼いころから聖歌隊で歌うなど、歌の才能を認められ、モデルやクラブ出演を経て、1985年にアルバム“そよ風の贈りもの”でデビューするや、全米シングルチャートで7曲連続首位、女性シンガー初の全米アルバムチャート初登場首位など、瞬く間にスーパースターになったホイットニー。

    湾岸戦争真っ只中の1991年、第25回スーパーボウルでの国歌斉唱。
    1992年には、ケヴィン・コスナーと共演したあの映画「ボディガード」でスクリーンデビューを果たし、映画の大ヒットと共に、彼女の素晴らしい歌声が心に沁みるテーマ曲、ドリー・パートンの作詞作曲になる“オールウェイズ・ラヴ・ユー”も大ヒット。以後彼女の代表曲ともなり、サントラアルバムはビルボード・ホット・アルバム・チャートで20週間1位、チャートには141週(約3年弱)ランクインし続け、1992年から93年にかけての最大級のヒット映画、ヒットアルバムになったのだ。

    その「ボディガード」が公開されたのが11月。その直前の7月には、R&Bシンガーのボビー・ブラウンと結婚し、19933月には娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンが誕生と、正に絶頂を極めた彼女の人生はその後、驚くほどの勢いで転がり落ちて行ってしまうことになる。
    夫からの暴力、薬物問題、体調を壊し声が出なくなり、それでも彼女はリハビリを経て再起に臨む・・・。

    2012211日、ビバリーヒルトンホテルの浴槽で48歳のその生涯を閉じたというニュースを聞いた時の衝撃は今でも覚えている。
    あんなにも素晴らしい歌声を持ち、あんなにも美しい笑顔で輝いていたホイットニーの人生の深い闇の部分を垣間見てしまったようで、何ともやるせなかった。

    沢山の周りの人々にインタビューし、ホイットニー・ヒューストン財団の完全協力で、未発表のホームビデオやアーカイブ映像など、貴重な彼女自身の記録映像も含め、客観的にその人生に迫っていく演出は、「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」や「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」などで高い評価を得ているドキュメンタリー監督のケヴィン・マクドナルドの腕の冴えが存分に発揮され、音楽の向こう側にある、人間ホイットニーの姿を浮き上がらせている。

    そしてその後、心から愛した娘のクリスティーナが、まるで彼女の後を追うかのように、2015131日に自宅の浴槽で溺れ、7月26日に22歳の若さで亡くなってしまうという悲劇には、何故か因縁めいたものを感じずにはいられない。

    彼女は、本当のところ、幸せだったのだろうか?

    ★おたか★

    過去ログ…12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

                   11月28日 放送 おたかのシネマでトーク「ゲスト 池谷薫監督