CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の“G”報アサイチ!

  • 2018年5月27日(日) 05時31分

    5年ぶりの「楠公武者行列」

    南北朝時代の武将である楠木正成しのぶ「湊川神社御神幸・楠公武者行列」の巡行が神戸市内で5年ぶりに行われました。

    天孫降臨に際して道案内をしたという記紀神話の神である猿田彦が舞ながら先導役で登場。

    楠木正成の御霊を乗せた金色の神輿も。
    そして69役に扮した約700人、距離にして1キロ近い行列が武者行列がスタート !
    「風流傘」という藤の花の風雅な傘も行列に。
    総勢700人が参加する中で目を見張るのはやはり騎馬武者。

    午後からの楠木正成役には兵庫県の井戸敏三知事、楠木正成の弟の楠木正季役には神戸市の玉田敏郎副市長らが扮していました(ハーバーランド・情報文化ビル前)

    湊川神社の垣田宗彦宮司も白い馬に乗って登場。
    そしてこんな光景も!
    人力車に乗って参加した童役の子はお母さんの横でスヤスヤ・・・。どんな夢を見ていたのでしょうか。

  • 2018年5月26日(土) 06時25分

    JR北海道車両、神戸を出発!

    きのうの午後、川崎重工業兵庫工場で造られたJR北海道の新型通勤電車733系3000番台の甲種輸送(貨物扱い)が行われました。

    先頭部分はこんな感じ。

    新千歳空港から札幌・小樽を結ぶ快速列車「快速エアポート」の4号車に使用される「Uシート車両」も連結されていました。

    運賃プラス520円で指定席券を購入すればこの車両に乗れます。いわば「セミグリーン車」。ゆったり気分に浸れるとのこと。

    元町駅を通過していきました。

    28日には札幌の手稲に到着するそうです。

  • 2018年5月25日(金) 10時02分

    JR神戸駅の天井耐震化工事

    JR神戸駅構内で行われてきた耐震化工事も最終段階のようです。
    工事用の鉄骨やシートが外され、高架駅を支える柱も補強されて姿を現しました。
    中央改札南口側の1本には塗装回数や施工業者名などが記されたシールが貼られています。化粧板が巻かれると見えなくなってしまうのではと思い撮影。来月には工事が完了するようです。

  • 2018年5月24日(木) 04時14分

    「ガリ」

    新しょうがの季節。手に入ったので「新しょうがの甘酢漬け」を作ってみました。一晩漬けて早速試食。まずまずの出来。お酒のアテに、焼きそばの付け合せにGOOD!

  • 2018年5月23日(水) 04時42分

    川崎重工でばら積船が進水!

    川崎重工神戸工場できのう、穀類や石炭、鉱石、鋼材などの貨物を運ぶ「ばら積運搬船」(55000載貨物重量㌧)の進水式が行われました。

    船主によって命名宣言されると紅白の幕が外され『AMIS NATURE』の文字が現れました。

    そして船台に乗った船の固定装置が外され、船体をつなぎとめる支綱が切断されます。

    すると支綱の先に用意された清酒瓶が船首部分に当たり

    割れると同時にくす玉も割られて紙テープや風船が舞う中、大きな船体がゆっくりと海に向かってすべり出しました。

    招待された神戸市民や従業員家族など約3600人から歓声と拍手が沸き起こりました。

    船は今後内装工事などが行われ、今年の8月には竣工し発注元の船会社に引き渡される予定です。

    阪神淡路大震災後に川崎重工神戸工場で建造された「ばら積船」は65隻目となりますが、今後の建造は中国の工場で行われるそう。三菱重工業神戸造船所がすでに商船の建造を止めている中で、川重も国内での商船の建造を縮小しつつあるのは寂しいことです。