CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2019年2月8日(金) 04時12分

    H.I.S.日帰りバスツアーで但馬へ!その②

     

    城崎温泉街では約90分の自由散策時間が設けられています。外湯に浸かるもよし、街中を散策するもよしです。久々に訪れたので街中を散策。大谿川には多くの鯉が泳いでいます。時折小雨がぱらつきましたが、それはそれで風情があります。 城崎温泉の元湯。 
    その横では温泉たまごが作れます。 湯の里通りにある御所の湯。 残念ながら湯に浸かる時間がなかったので、せめて手だけでもと、城崎文芸館前の手足湯へ。湯温は高め。結構熱く30秒と浸けていられませんでした。僅かな時間でも掌がスベスベに!おそるべし城崎温泉!昔ながらの射的のあるゲームセンターがあるかと思えば、変わったグッズ販売のお店も。これは「幸運のオケノトリ」。こうのとりがモチーフになっているのでしょうか。小物を売るお店の前にはカニのかぶりものがありました。温泉地ならではのグッズも。
    少し小腹が空いたので気になる大福を食べてみました。見た目には普通の大福ですが、皮はふわふわ。中にはあんこと共に苺、キウイ、パイナップルと果物が入っています。甘みと酸味のバランスが絶妙。これは旨い!そして城崎温泉街をあとに、最後の立ち寄り先である「道の駅但馬のまほろば」へ。 企画総務部の田中孝佳さんにお話を伺いました。この時期は朝来市特産の「岩津ねぎ」が旬の産品として人気だそう。これに衣を付けて天ぷらにすると最高です^_^;私は道の駅の硬券きっぷと朝倉山椒の佃煮を購入。
    約30分を過ごした後は一路大阪へ向かい、午後7時半前には解散となりました。
    今回のツアー料金は8,980円~9,980円。食べて飲んで散策してといろいろ楽しめた1日でした。
    詳しいツアーの詳細はこちらをご覧ください↓
    https://bus-tour.his-j.com/osa/item/?cc=P2780