CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2021年6月10日(木) 03時53分

    日本標準時制定135年、東経135度の子午線が通る鉄道駅のホーム

    きょう6月10日は「時の記念日」。日本標準時の基準となる東経135度線上にある鉄道駅があります。

    それが山陽電車の人丸前(ひとまるまえ)駅。明石駅のひとつ東寄りの駅です。今年も訪れました。

    ホームの中央よりやや西寄りに子午線が通っている表示があります。

    その北側には地上54mの時計塔が建つ明石市立天文科学館があります。

    明石市立天文科学館の井上毅館長によると今年は日本標準時が制定された1886年から135年で、時の記念日が6月10日になった由来でもある天智天皇が漏刻を用いて人々に時を知らせた671年から1350年になるのだそうです。つまり「135」づくしの年なのですね。そこで天文科学館では現在、特別展「たのしい時計展」が開かれていて、様々な楽しい時計が展示されています。

    きょう6月10日(木)は通常開館し、12:30からは時の記念日101周年を記念したオンラインイベントが開催されます。
    なお例年実施している無料開放と子午線通過記念証の配布はありません。
    詳しくは明石市立天文科学館の公式サイトをご覧ください。