CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2021年11月3日(水) 04時16分 イベント

    光と音と食の芸術祭「のせでんアートライン2021」

    兵庫県、大阪府並びに川西市、猪名川町、豊能町、能勢町の一市三町、地域住民、団体およびそれらの地域を鉄道で結ぶ能勢電鉄が、府県の境を越えて相互に連携して行う2年に一度の芸術祭「のせでんアートライン」が今年も始まりました。
    今回は「光」と「音」と「食」の芸術祭と題し、「Enlarged Mentality ~他者との世界を共有するもの~」をテーマに芸術作品の展示、音楽祭や野外シアター、地域団体企画によるイベントなどが行われています。
    開催2日目の先月31日に出掛けてきました。
    インフォメーションコーナーが能勢電鉄妙見口駅前にありプログラムを手に自由に散策開始。

    妙見の森ケーブルに向かう途中の吉川自治会館前広場にある「行き止まり冒険記」という作品

    小説と写真が展示されています(この作品は会期中無休)

    妙見の森ケーブル黒川駅前の新瀧公民館の光と映像、音を用いた「Common」という作品

    感覚情報の統合による認識と身体性の気づきを問う作品だそう。

    なんとも不思議な空間でした(会期中の金土日祝のみ開場)

    妙見の森ケーブルからリフトを乗り継ぎ妙見山へ。

    山上付近にそびえる信徒会館 星嶺(せいれい)という施設も作品会場になっています。

    「7+1/舞い降りてくる星辰、光を放つ」と題した、祈りの空間に音と写真と言葉が散りばめられたインスタレーション(金土日祝に開場)

    建物の周囲を取り巻くガラスに文字が書かれています。

    文字といえばこの作品にはもうひとつの展示会場があります。
    いくつかの部屋がありその中央にはレコードプレーヤーがありました。
    売店があるよろづやの2階が第2会場。

    部屋の中央にはレコードプレイヤーがありました。


    この作品のためにつくられたというレコード音楽を奏で、その曲をBGMに会いたいと思う人に手紙を書く場が提供されています。
    便せんや葉書が用意され、建物内のポストに投函できます(会期中の金土日祝のみ)

    このほかにも妙見口駅構内に「呼応するターミナル」という作品があります。

    土日祝にはパフォーマンスが行われるようです。

    川西能勢口駅にはモニュメント展示もされています。

    妙見の森では過去の作品も見てきました。

    「山上のブランコ」

    能勢電鉄の100年前の駅風景をモチーフにした北極星行きの駅。

    レールの先は北極星に向かっているそう。

    レールと駅舎がセットの大がかりなアート作品。ちなみにレール幅は能勢電鉄と同じ標準軌で1,435mmです。

    「のせでんアートライン」の各会場には駐車場もあり車での来場も可能です。
    なお電車を乗り継いでお出掛けの際には「妙見の森フリーパス」がおすすめです。

    能勢版は能勢電鉄1日乗り放題に妙見の森ケーブル、リフト乗り放題に山上駅の足湯が無料など施設優待が受けられて1200円。
    能勢版に加えて阪急全線(神戸高速線を除く)に乗れる阪急版は1600円、大阪モノレール版は2000円で発売されています。
    いずれも大人のみですが12月5日(日)までの初馬胃期間中好きな1日乗り放題でダンゼンお得です。

    妙見の森もこれからが紅葉シーズン。バーベキューも楽しめますよ。

    のせでんアートライン2021

    のせでんサイトはこちら

    妙見の森フリーパスについて詳しくはこちら